年の暮

年の暮

さまざまな 思いを重ね 年の暮

今年もいよいよ一年の幕が降りようとしている。

世の中の大きな動きは別として、個人的にも忘れられない年となった。

母の病気、そして母の死。

父親も母親もいなくなると、まるでみなし児になったような心細さを感じたものだ。

また、毎日のささいな出来事にも一喜一憂し、日々が過ぎ去っていった。

その一年がいよいよ終わろうとしている。

来年も平穏な日々が続きますように。

大震災のあとでは変わりない日常がこよなくいとしく思われる。