DEFACT
資料請求 ご購入前のお問い合わせ

AnyForm OCR の 特長

かんたんに
帳票設計できます。
現場の意見を多数採用。
実践的で使いやすい。
他のシステムとも
連携が可能です。
安心の
高い認識精度。
かんたん設計
意見を採用
連携可能
高い認識精度


ハンズオンセミナー   Ver.5.3   貴社帳票評価お申し込み

新着情報

製品情報  2019/10/01 アーカイブ機能ページを公開しました。

製品情報  2019/08/13 他製品連携 - RPA(Autoジョブ名人)ページを公開しました。

ニュースリリース  2019/07/03 初期設定を不要にしたOCRソフト「AnyForm OCR」の新バージョンをリリース

> 一覧はこちら



こんな課題、お悩みを解決できます。



CASE1 「働き方改革」への対応として、
入力業務の改善を図りたい。
労働人口の減少により、人材確保が難しくなる中
誰でもかんたんに操作できるOCRは、
課題解決の有効手段です。
  • OCR結果と帳票画像を見比べ、間違っている場合だけ文字を修正します。
  • 業務経験の浅い方でもスピーディーに大量のデータが登録できます。
CASE1 > 詳しくはこちらから
CASE1 OCRを検討したいが、
自分たちで運用できるか不安だ。
OCR帳票はノンプログラミングで設計できます。
新技術の「自律型OCR」は、
帳票設計が不要ですぐにご利用できます。
  • 「自律型OCR」の第一弾として「注文書OCR」をリリース。必要な定義情報がセットされており、導入してすぐにご利用できます。
  • マスター参照や演算処理など、一般的なOCRではカスタマイズが必要な機能も設定のみでご利用できます。
CASE2 > 詳しくはこちらから
CASE1 RPAを導入(検討)しているが、
”本当に”使えるOCRが必要だ。
大量の帳票をすばやく正確にデータ化します。
RPAの稼働率を高め、
データ入力業務の生産性を向上させます。
  • OCR結果をCSVファイルにて受け渡すため、多くのRPA製品と連携できます。
  • AnyForm OCR は汎用性が高いため、さまざまな部門でのデータ入力業務改善が行えます。
CASE3 > 詳しくはこちらから
CASE1 取引先ごとにバラバラな
FAX注文書の入力が、
締め時間ギリギリになっている。
取引先システムから出力される活字はもちろん
手書き日本語も AI OCR により
正確に文字認識します。
  • FAX特有の歪みや傾きを補正。また、マスター参照や認識支援辞書による補完にてスピーディーにデータ化します。
  • AI OCR エンジンとの連携(オプション)により、手書き日本語にも対応します。
CASE4 > 詳しくはこちらから



他社より優れているポイント


データ入力業務に必要な機能が揃っている

  • OCRには、帳票設計やOCR結果の確認・修正ツールだけでなく、受け取った帳票の仕分け機能や後続システムとスムーズな連携に必要なデータ出力機能などが必要です。
  • AnyForm OCRは、これらのツールや機能がオールインワンのパッケージとしてご提供します。

OCRの適用率を高める3つの帳票定義

  • 座標指定方式、キーワード指定方式に加え、新たな技術の自律型OCRの3つの方法で帳票設計ができます。により社内のさまざまな帳票がOCRに活用できます。
  • 社内のさまざまな帳票にOCRが活用できるようになるため、投資対効果が高まります。

FAX受注業務に強い

  • 受注業務ではまだまだ多いFAXによる注文書の受領。FAX特有の歪みや傾きなどを補正して、精度高く文字を認識します。
  • OCRが活用できないフリーフォーマットの手書き帳票には、FAX受注システム「AnyForm FAX CTI」にて入力業務を支援します。
  • AnyForm OCR と AnyForm FAX CTI は連携することができるため、FAX注文書を一元管理します。



何かお困りですか、お探しの内容は見つかりましたか。


OCR帳票設計の方法 OCR結果の確認・修正方法 データ出力の設定方法 AI OCR(手書き日本語読取)について マークの読み取り方法 OCRの事例、活用例 従来OCRの課題とは



お電話でのお問い合わせ
今すぐダウンロードまたは郵送でお届け
資料請求
ご購入前の不明点を解決
お問い合わせ




取引先帳票対応OCRソフト『AnyForm OCR』

『AnyForm OCR』は、取引先システムから出力される注文書などの帳票をOCR処理します。 明細行がある帳票では、注文量に応じて行数が変更される場合があります(可変明細)。従来OCRは、文字認識する場所が特定できないこのような帳票には利用することができませんでした。 しかし、『AnyForm OCR』は独自の画像認識処理により、従来OCRの課題であった可変明細帳票へのOCR処理を可能とします。 高精度に文字を認識し、スピーディーなデータ化を実現します。


ページ先頭へ

ページ先頭へ

sp 
gray
<取引先帳票対応OCRソフト『AnyForm OCR』>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
プライバシーマーク  ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2019 Hammock Corporation