ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

麦畑

麦畑

夏空や はてなく遠き 麦畑

富良野の大地はとても広い。

その広い大地に麦畑が広がる。

麦畑の上には夏の空がはてしなく広がる。

青空に日雲をうかべ、

どこまでもどこまでも広がっている。



ラベンダー畑

ラベンダー畑

紫の 色と匂いの 野心かな

富良野のラベンダー畑は一面のラベンダーの色と匂いに驚いてしまう。

これだけの紫に囲まれていると、

その野心にすこし辟易してしまいそうになる。



デイリリー(一日草)

デイリリー(一日草)

デイリリー つなぐ生命は 華やかに

デイリリーは朝開いた花が夜しぼんでしまう。

次の日には別の花が開き、その花も一日で命を閉ざす。

しかし、次から次に途切れることなく華やかな色の花が開いて、

生命をつなぎ続ける。

見事なまでの生命の不思議。



風鈴

風鈴

すだれごし 「チリン」風鈴 鳴りにけり

暑い夏の昼、近くのラーメン屋に入った。

あまり冷房の効かない店の中から見るともなしに外を眺めた。

暖簾ごしにガラスの風鈴がチリンと鳴って、

夏の午後を一瞬涼しくした。



はまなすの丘(2)

はまなすの丘(2)

石狩の河口のほとりはまなすの
香り漂う甘くせつなく

はまなすはバラの祖先らしい。

トゲもあるし、匂いも甘い。

花弁は5枚でバラのように華麗ではない。

質素で素朴な花だ。

それでもはまなすの香りは少し気高くてなつかしい。

石狩川の河口にははまなすの丘がある。



はまなすの丘

はまなすの丘

はまなすの丘に登れば石狩の
河口はるかに空と海あり

石狩川の河口付近にははまなすの丘がある。

はまなすが群生し、甘い香りを漂わせている。

丘に登ると石狩川の河口が見える。

その先には日本海が広がり、

海とも空ともつかない水平線がかすんでいる。



百日紅

百日紅

暑い暑い日の 百日紅
肌をじりじり 百日紅
風にゆらゆら 百日紅

暑い暑い日の 百日紅



墓参り

墓参り

緑なる銀杏並木の間には
青空高く母の笑顔よ

母の命日に墓参りに行って来た。

霊園に続く銀杏並木は濃い緑となり、

間に広がる青空はあくまでも高く、

懐しい母の笑顔を彷彿とさせた。



夏の夕暮

夏の夕暮

梅雨あけの暑熱をはらう風吹きて
人心地つく夏の夕暮

梅雨があけて、熱暑が襲ってきた。

じりじりする強い日差しが体温を上げ、

道を歩いているだけで汗がにじんでくる。

そんな一日も夕方には熱をさます風が吹き渡り、温度が下がり、

ほっと人心地つくことができる。



夕霧草

夕霧草

テーブルの上に置きたる夕霧草
暑き一日しずめたりけり

暑い一日を終えて帰宅するとテーブルの上に見慣れぬ花が飾ってあった。

花壇の端に咲いていた夕霧草を切りとって

ラベンダーの葉と共に活けたらしい。

夕霧のうす紫の花とラベンダーの緑が一日の暑さを一度に沈静化し

気持までもクールダウンしてくれた。