ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

2019年4月アーカイブ

もっこうばら

もっこうばら

もっこうばらがうるさいほど 春いっぱい

桜が終わると新緑が目に鮮か。

春の花も突然満開になり、もっこうばらなどこぼれんばかりに咲き乱れている。



花水木

花水木

ありがたし 今年もみずき 咲きにけり

今年は花水木が例年より遅れて花をつけた。

ピンク色や白のひらひらした花が、やさしく風に揺れている。

ようやく春らしい季節になった。



新緑

新緑

散る花を 楽しむ程の 緑かな

桜が散り始め、あっという間に一面の緑に変った。

散るのが惜しくない程、若葉は美しく世の中を変えてしまう。

散る花はまさに新緑のためにある。



田毎の月

田毎

水張りて 田毎に月を 映しけり

桜がおわる頃になると米農家では早くも田んぼに水を引いて、

田植の準備にはいる。

新緑のやさしい緑が水を張った田んぼを囲み、懐かしい田園風景を創り出す。



神田川

神田川

行く川の 流れはたえず 花散りぬ

神田川沿いの桜はもう殆ど散ってしまったようだ。

花が咲いても、人が多勢花見にきても、花が散ってしまっても、

川の流れは変らず、淡々と水をたたえている。



葉桜

葉桜

葉桜や 薄紅の紙 突き破る

満開の桜には普通葉桜は出てこない。

しかし、ふと見あげた桜の中にもう葉桜が顔をのぞかせている桜の木があった。

薄紅色の紙のような桜の花びらの間から、

まるでその紙を突き破るように葉桜が出現していた。



桜

春風や 誰が為に咲く 桜花

桜が満開の哲学堂公園。

この桜を心から楽しむには、心の底から落ち着いた気持でなければならない。

心がふわふわしていれば、桜もふわふわしているように見える。



椿

椿

桜見る 目には映らず 花椿

桜が咲き始めた。

東京中に桜の名所に人々の目が集まり、

五分咲きだ、いや七分咲きだと花見に興じている。

そして、その頃同時期に大輪の花をつけた椿には、

人々の興味は一向に向かないようだった。