ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

2017年9月アーカイブ

水澄む

水澄む

水澄みて 全て受け入れ 生きるなり

いつまでも不運をなげいたり悲しんだりしてもしょうがない。

空気も水も澄む季節になったからには、

全てを受け入れ受けとめて生きるだけだ。

秋には人をそう思わせる力がある。



秋の暮

秋の暮

秋の暮 南無阿弥陀仏 唱えけり

私はどこから来てどこに行くのか。

決して答えの出ない疑問が心に浮かぶのはきまって秋になった頃、

しかも夕暮時であろう。

そして、その答のない答として口をついてでるのは、

私自身を仏にまかせるという「南無阿弥陀仏」の文言であろう。



秋の虫

秋の虫

浅草の路地裏すだく秋の虫

浅草国際通りには観光客も多く、

表通りには有名な食べ物屋も軒を並べているが、

一歩路地裏に入れば、昭和の匂いが色濃く残っている。

そんな裏通りには、はやくも秋の虫達が、人目もはばからず、

声を揃えて鳴いている。



秋祭

秋祭

古提灯寂しく並べ秋祭り

9月に入って秋祭りのシーズンが到来した。

街角には例年のごとく提灯が並べられ、祭り気分を盛り上げようとしているが、

祭りの意識も少しずつ薄れてきて、提灯も古いまま使い回しされ、

寂しいかぎりの秋祭りもふえてきた。



八ヶ岳

八ヶ岳

八ヶ岳らしき山脈やまなみ秋霞

中部横断道路を車で走っていた。

南アルプス市から甲斐市に向って遠く八ヶ岳をのぞむと、

ぼんやりかすんだ雲の先に八ヶ岳らしき稜線が浮んでいた。



朝顔

朝顔

朝顔や 一輪ひっそり 濡れ開く

そろそろ夏が終わる頃、朝晩はめっきり涼しさを増し、

朝顔もひっそり涼しげに花を開いた。

うす緑の葉は朝露を含み、一輪の朝顔も少し濡れているように見える。



浅間山

浅間山

浅間山 なだらかなりき 帰郷バス

盆休みや夏休みは過ぎてしまったが、

9月に入って遅い帰省をすることとなった。

空は晴れて浅間山の稜線がやさしくなだらかに見えた。

故郷に帰るのが久しぶりのせいかも知れなかった。



台風

台風

台風の くらきに昇る 青い竜

大型台風が列島のそばを通り過ぎた。

急に涼しくなった空を見上げると、黒い雲が一面におおいかぶさっている。

これからどうなっていくのか、

渦を巻いている雲にじっと目をこらしてしまった。