時計

時計

容赦なく 時刻む音 冬の夜

夜中に目が覚めた。

暗闇の中で「コチコチ、コチコチ」と時計の音が聞こえてきた。

その音を聞いていると、生れたときから死に向って

休みなく時が刻まれているのが実感として迫ってきた。

ないてもわめいても時は容赦なく刻まれ、一歩一歩死に近づいてゆく。

自我にとらわれている人間という存在にとって自分自身の消滅程、

戦慄すべきことはないのではないか。

しかし、もう一方で、生まれる前の自分がどこにいたのかを考えると、

たかだか100年に満たない存在の軽さに思い至り、

「いたしかたないのでは」と妙に納得したりもする。