紅葉

紅葉

散りし葉の 思い出たどる もみじかな

紅葉の葉が一枚道路に落ちていた。

白く塗装された部分と黒いままの道路の丁度まん中に、

紅い葉があざやかに残っていた。

紅葉にまつわる思い出が去来する中、北風に吹かれながら歩いていた。