辛夷

辛夷

電柱を まるのみにする 辛夷こぶしかな

辛夷の花は、桜の開花の前に咲く早春を代表する花だ。

ある日突然一斉に開花し、一帯をまっ白に染めてしまう。

清澄な朝、散歩の途中で、

まるで電柱を飲み込んでしまうかのように咲いている辛夷の木を見つけた。

実は遠近法のいたずらで、そんなに大きな辛夷ではなく、

近くに咲いていただけだったのだが、それほど見事な辛夷だった。