若葉

若葉

満開の 桜のかげに 若葉かな

満開の桜が咲き誇っている。雪のように淡く重なりあって咲いている。

風が吹くと今にも散りはじめそうで、いつまで持つのか不安になるほどだ。

ふと目を移すと桜のそばにはもういろいろな樹々の若葉が萌え出ている。

うすい緑はまだ柔らかく、たよりなげであるが桜におとらず美しい。

すぐに散ってしまう桜より、いつまでも瑞々しい若葉が好ましく思えたりもする。