明け渡る

明け渡る

古き友 集いし雪夜 明け渡る

20年ぶりとうわさされた大雪の日に、悪天候にもかかわらず、

27年前に同じ職場で働いていた古い友人たちが長野市に集まってきた。

皆中年となり、これまで頑張ってきた歴史を顔や体に刻んで

立派な大人になっていた。

昔話に花をさかせ、したたか飲んで楽しく雪の夜を過ごした。

翌朝は前日の雪が嘘のように晴れ渡り、雪化粧の町並を輝かせた。