カラス瓜

カラス瓜

烏瓜 裸いちょうが 実をつけた

いちょうの葉がすっかり葉を落として寒々と立っているはずであった。

しかし、不思議なことに、

このいちょうは丸々とした黄色い大きな実をつけているではないか。

銀杏ぎんなんにしてはあまりに巨大で、いったい何だろうと近づいてみると、

なんと黄色い烏瓜がからみついて実をつけているように見えていたのだった。

烏瓜からすれば、そこがついの棲家で精一杯生きれる場所であったわけだ。