土手の道

土手の道

冬の朝 通いなれたる 土手の道

いよいよ冬の到来とともに、朝の通勤、通学が厳しい季節になってきた。

土手の上の道は、駅への近道ではあるが、川風が頬に痛いくらいだ。

それでもピンと張りつめた空気の中を、朝日をあびて、駅へ急いでいく。