七色

七色

七色の 梅雨の訪れ 煙る街

梅雨の風物詩のあじさいが、街のいたるところで花を咲かせている。

青むらさきの柔らかな花びらが、雨に煙っているのを見ると、

うっとおしい梅雨さえ、少しは心が和む。

また街角に赤やピンクのめずらしい色のあじさいが咲いていれば、

この一瞬がとても貴重でいとしいものに思える。