葦

葦の穂や 冷たき冬の 川っ風

多摩川の岸辺には葦がたくさん生えている。

護岸工事で一時的にとりはらわれても、すぐに甦る。

川を渡る冬の風は冷たく、葦の穂に吹きつける。

甦った猛々しい葦の穂は冷たい風をものともせず、どこ吹く風と受け流す。

いつの間にか川岸には葦が我物顔に生息している。