ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

副都心

副都心

副都心 蛙やら蜥蜴やら ぞろぞろ

新宿を少しはずれた北新宿に

昔のおもかげを残す和風レストランがある。

庭には多くの樹木が池を囲み

石灯篭や庭石がアクセントになっている。

食事が終って庭を散歩すると

蛙やら蜥蜴やら

ぞろぞろ動きまわって

副都心とは思えぬ光景だった。



梅雨の晴間

梅雨の晴間

日常を 超えて広がる 晴間かな

今日は青空が広がった。

とても梅雨とは思えないような空を見上げて

そっと瞳を閉じてみた。

日常を超えて

不可思議の世界にとび込みたい衝動にかられる程

青い空だった。



スカイツリー

スカイツリー

高き塔 吹き降りてくる 夏の風

墨田水族館にくらげを見に行った。

押上駅でおりるとスカイツリーがそびえ立っていた。

塔のてっぺんから夏の風が吹き降りてきて、

よくまあこんな塔を作ったものだ。



紫陽花

紫陽花

雨雨雨 雨を待つ 紫陽花 ひっそり

ぱらぱらと雨が落ちてきた。

梅雨に入ってもなかなか雨が降らない。

どんより曇った空の下で紫陽花がひっそり雨を待っている。



ラベンダー(2)

ラベンダー

ラベンダー 刈り揃え 重い風薫る

刈り揃えたラベンダーが梅雨の重い風を

さわやかな五月の風に変えてくれたようだ。



ラベンダー

ラベンダー

刈り取りし ラベンダー香る あしたかな

花壇に植えてあったラベンダーが花をつけた。

刈り取ってドライフラワーにするつもりなのか、束にして玄関に干してあった。

朝、出がけにラベンダーが匂って、その強い香りに驚いた。



蜂

朝顔の 花芯に一匹 梅雨の蜂

梅雨が始まりそうだ。

どんより曇ったにび色の空から今にも雨が落ちてきそうだ。

一輪咲いた朝顔の花芯には蜜蜂がしがみついて一生懸命蜜を吸っていた。



鬢付け油

鬢付け油

旅ゆけば 鬢付け油の 匂いかな

東京駅を新幹線の方に歩いていたら、ふと鬢付け油の匂いが漂ってきた。

きっと相撲取りがいると思って見回わしてみると、

大きな着物姿の相撲取りが歩いていた。

いったいどこに行こうとしているのだろうか。



宮益坂

宮益坂

裏通り 今は昔の 風薫る

昔よく宮益坂のパブに通ったことがあった。

最近その店の近くに食事に行って、昔を懐かしくおもい出した。

裏通りには新しい恋がめばえているようだった。



白藤

白藤

震災も 我関せずと 白き藤

宮城県塩釜市には有名な塩釜神社がある。

丘を登れば一面緑に囲まれた神社の一角に、白藤が女王然と咲き誇っている。

今だに震災の傷が癒えたとは言えないというのに。