検索
IT資産管理ソフト『AssetView』 > 導入事例 > KNT-CTホールディングス株式会社 様

KNT-CTホールディングス株式会社様

社内IT資産の「見える化」ができた

コンプライアンスの遵守とセキュリティレベルの向上を実現。

KNT-CTホールディングス株式会社は、個人旅行から団体旅行まで幅広く取り扱う「近畿日本ツーリスト株式会社」と、300万世帯の会員を持ちシニア世代から高い支持を受ける「クラブツーリズム」の統合によって誕生した企業。
その成り立ちからも、個人や団体旅行、メディアなど、幅広い事業を展開する総合旅行会社である。統合をきっかけに、それまで不十分であった資産管理とセキュリティ対策に本腰を入れるべく導入したのが AssetView だ。今回はその経緯を、経営戦略統括部 課長 清水様(当時)、小柳様にお伺いした。

経営戦略統括部
課長 清水 覚様(左)
   小柳 哲雄様(右)
INDEX

    導入の背景:経営統合を機にIT資産管理体制の構築とPCの入れ替えを検討

    導入の背景を教えてください。
    当社は3年半前、事業統合により持ち株会社として設立しました。それまでは、各グループ企業単位で資産管理やセキュリティ対策を行っていました。そのため、管理方法が各社によりレベルが異なっていたり、手作業で管理していたりと精度が高いと言える状況ではありませんでした。
    折しも、IT資産管理に関する不祥事や事故報道が連日世間を賑わせていたこともあり、当社としてもそのような事件や事故を未然に防止し、コンプライアンス遵守とセキュリティレベル向上のための対応が急務となりました。
    そこで、IT資産をホールディングスが集中管理する必要性を感じ、その体制を構築する為に適したソリューションを探し始めました。また、その当時は OSの Windows XP のサポート終了期間が間近に迫っており、OSの入れ替えとIT資産の統制の双方を同時に対応することとなりました。今回は、複数の企業様にお声掛けし、半年ほどかけて製品を検証し選定させていただきました。

    選択の理由:50以上のチェック項目から徹底的に比較した結果の AssetView 選定

    当社製品を選択していただいた経緯はどのようなものですか?
    画像当社ではIT資産管理を統制する上で、まず「パソコンライフサイクルマネジメント(PC-LCM)」の実現を目指していました。これは、PC本体およびソフトウェアライセンスなど、PC関連の資産をすべて一連のサイクルとして回そうというもので、導入する資産管理ソフトはその計画を実現できる必要がありました。
    資産管理はゴールではなくスタートだという考えの元、導入後の課題についても重視していました。例えば、PC内の情報をリアルタイムで収集し、資産管理台帳と連携できることやソフトウェアのライセンスが適正に管理できること、さらには、情報セキュリティ対策の展開を一元管理できること、など課題としていることはたくさんありました。
    製品選定のために作成したチェックリストは、6,000台以上の資産をカバーできる、柔軟な拡張性を持つクラウド環境に対応している、操作がかんたんで使いやすい、など、機能面や利用環境など50項目以上にもおよび、相当細かい仕様の中身にまで踏み込みました。各製品のそれぞれの強みと弱みを比較検討し、社内でじっくりと討論致しました。単純に資産管理に対する課題を解決できることは言うまでもなく、その先を見据えたソフトウェアライセンス管理や資産管理台帳との連携、セキュリティ対策、さらに導入スケジュールや予算に合致しているかを総合的に検討した上で、当社にとって AssetView が最適であると判断しました。

    導入効果:あらゆる作業を効率化。セキュリティレベルの向上にも効果を発揮

    実際に導入された効果はいかがですか?
    もともとは、別のインベントリ収集ツールを導入していましたが、手間がかかるという点や台帳との連携ができないなどの課題がありました。AssetView ではインベントリを自動に収集出来るため、社員の負担も軽減され導入後の反応は良好でした。
    マイクロソフト社製品などは、ボリュームライセンスで購入し、各PCへの割当、および日々増減するPCとライセンスを過不足なく管理するなどの作業が必要ですが、これらもライセンス管理機能によりスムーズに運用できるようになりました。
    また、USBデバイスの制御やPCのログ管理、ウィルス対策ソフトの最新定義ファイルが更新されているかなどのチェックなどセキュリティ対策もできて助かっています。

    運用の工夫:未許可ライセンスやデバイスの申請ワークフローが確立できた

    日常業務の運営において、工夫された点などはございますか?
    画像管理対象のグループ会社と事業所数が多いため、組織ツリーで整理し、各社の管理部門と連携しやすくしております。
    その他USBデバイスの制御や、ログ管理機能を使った勤怠管理、配布機能による夜間のPC強制シャットダウンなど、AssetViewのさまざまな機能を活用した運用を行っています。
    また、IT資産を導入する際には事前に申請が必要ですが、未申請で導入や移設などが行われた際、速やかに検知ができるため、担当者に注意喚起したりアラートをあげたりできるようになりました。このような運用はこれまで大変手間がかかっておりましたが、AssetView の導入により効率的にIT資産管理を行えるようになりました。

    今後の展開:社員の負担をかけずセキュリティ対策。スマートデバイスも視野に

    今後はどのような展開をお考えでしょうか?
    当初の課題としていた資産管理については適正な管理が実現できてきたので、次のステップとして、個人情報検索機能を活用してセキュリティの強化を行っていきたいです。
    AssetView の導入により、色々な「見える化」ができるため、問題点も認識できるようになりました。
    更に、今後の課題としてスマートデバイスの活用を考えており、併せて管理を強化していくなど、業務効率を妨げず、社員が安心・安全に業務を行っていけるよう AssetView の機能を有効活用したいと考えています。

    取材日:2016年9月20日

    KNT-CTホールディングス株式会社

    https://www.kntcthd.co.jp/

    設立
    1947年(昭和22年)5月26日
    資本金
    79億1,832万432円 (2016年3月31日付)
    社員数
    6,836名 [連結](2016年3月31日現在)
    事業内容
    旅行業、グループ全体の経営戦略・経営管理

    ※掲載された導入企業様のご担当者様役職名等は取材日現在のものです。
    記載された情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

    サービスの関連事例

    導入企業

    AssetView 導入企業ロゴ

    すぐわかる!
    AssetView資料セット

    AssetView資料セット

    組織内のクライアント PC の情報を収集する機能+クライアント PC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策でシステム管理の課題を解決!

    • お電話でのお問い合わせも受付中

      平日 9:00〜12:00|13:00〜17:00(弊社休業日を除く)

    • 0120-922786

      03-5291-6121

      携帯電話からは 03-5291-6121

      固定電話からは 0120-922786

    Page Top