検索
IT資産管理ソフト『AssetView』TOP > 機能 > 高精度なエンドポイントセキュリティ

高精度なエンドポイントセキュリティ

高精度なエンドポイントセキュリティ

ウイルス感染の拡大防止対策

パターンファイルマッチングと振る舞い検知で
既知、新種のマルウェアを防御

IPAの情報セキュリティ10大脅威で毎年一位になり、増加の一途をたどる「標的型攻撃」。
特定の企業、団体を狙い撃ちで攻撃してくるため、一見しただけでは不審なメールと気が付かないような、
業務連絡や顧客とのやり取りを装ったメールが送られてくるのが特徴です。
どんなにセキュリティ教育が行き届いていても、ついメールを開封し添付ファイルを開いてしまう、といったリスクを完全に無くすことは難しいため、 万が一の場合でも、既知、新種、亜種を問わずマルウェアを検知し駆除できるエンドポイントのセキュリティ強化が重要です。

「AssetView Vplus」は従来のパターンファイルマッチングだけではなく、未知のマルウェアの不審な動きをリアルタイムで監視する「振る舞い検知」を 併せ持ったハイブリッド型マルウェア対策ソフトです。


高い検知力を誇るカスペルスキーエンジンを採用

AAV-Comparatives、Virus Bulletin、ICSA Labsといった第三者評価機関のテストで高評価を受賞しているカスペルスキー製品と同じエンジンを OEMでAssetView クライアントモジュールに組み込んでいます。

Customer'sChoice


パターンファイル・ヒューリスティック分析・振る舞い検知

既知のマルウェアはパターンファイルで防御します。
新種、亜種のマルウェアはファイル内のコードを見て脅威を検知する、
ヒューリスティック分析と、実際のプロセスの挙動を見て脅威を検知する、
振る舞い検知の3段階で防御します。

パターンファイル・ヒューリスティック分析・振る舞い検知


パターンファイルの取得先を変更可能

パターンファイルの取得先サーバーを社内、社外で変更することが可能です。
出社している日には社内のサーバーから、テレワークの日にはクラウドサーバーからパターンファイルをダウンロードすることで、パターンファイルの適用が遅れるリスクを 軽減できます。

パターンファイルの取得先を変更可能


サーバー統合でコスト削減

目的別に存在していたサーバーを統合。ハードウェアコスト削減、管理工数の削減に役立ちます。

サーバー統合でコスト削減


感染ルート・感染源の特定まで包括的に管理

PC操作ログの機能を併せてご利用いただくことで、マルウェア感染の直前の操作を把握して 感染ルートや感染源を特定します。

感染ルート・感染源の特定まで包括的に管理


IT資産管理ソフトウェア『AssetView』の機能を選んで、
必要な情報漏洩対策を!

ウイルス感染の拡大防止対策

ウイルス対策だけでは企業や組織のセキュリティは不十分に。ウイルス検知から拡散防止までの包括的な対策とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView Vplus(エンドポイントセキュリティ)
  • AssetView M(PC操作ログ管理)
  • AssetView G(デバイス制御)
  • AssetView S(不正PC遮断)

標的型攻撃対策

関係者を装い、メール添付したファイルやURLを開かせ、マルウェアに感染させる攻撃が多発。有効な対策とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView M(PC操作ログ管理)
  • AssetView F(Webフィルタリング)
  • AssetView Vplus(エンドポイントセキュリティ)
  • AssetView S(不正PC遮断)

  

すぐわかる!
AssetView資料セット

AssetView資料セット

組織内のクライアント PC の情報を収集する機能+クライアント PC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策でシステム管理の課題を解決!

  • お電話でのお問い合わせも受付中

    平日 9:00〜12:00|13:00〜17:00(弊社休業日を除く)

  • 0120-922786

    03-5291-6121

    携帯電話からは 03-5291-6121

    固定電話からは 0120-922786

sp 
Page Top