検索
IT資産管理ソフト『AssetView』TOP > 機能 > 個人情報検索ソフト

個人情報検索

内部不正対策

個人情報の棚卸しで情報漏洩リスクを把握。
精度の高い個人情報検索が可能。

個人情報検索ソフト『AssetView I』は、
社内のクライアントPC内に放置されているファイル内まで検索し、個人情報の洗い出しを行うことができます。
製品の中に個人情報と判別できるデータを持っているので、精度の高い個人情報検索が可能です。
企業・組織として大きな情報漏洩リスクとなる情報資産の棚卸しを実現し、
個人情報や機密情報取り扱いに対する意識向上を図ることができます。
マイナンバーを含むファイルを特定個人情報ファイルとして検索することも可能です。

また、PC操作ログ管理ソフト『AssetView M』と連携することにより
ファイル操作時にリアルタイムで個人情報検索・検出し、ユーザーへ警告を促すことができ、
ファイル暗号化ソフト『AssetView K』と連携することにより、
うっかりミスや誤操作などからの個人情報や機密情報の流出を、ファイルの自動暗号化で防止します。


ファイルの中身をチェックして個人情報、機密情報が含まれるファイルを棚卸

社内に拡散している個人情報や機密情報が含まれる重要ファイルを把握し、
適切な管理・運用をすることで、情報漏洩対策が可能です。

PC内に存在する個人情報を検索


社内のクライアントPCに存在する個人情報、機密情報が含まれるファイルをファイル内までチェックして検索します。
個人情報だけでなく、重要なキーワードを含むファイルを機密情報ファイルとして定義できます。

さらに、検索されたファイルに対して、隔離、削除、完全削除、対象外の操作が可能です。

ファイル内までチェック

スケジュール実行による定期監査、検出時の自動暗号化も対応

毎月1回12:00~13:00に実施するなど個人情報検索のスケジュール実行が可能です。
また、クライアントPCから個人/機密情報が検出された際にメールによるアラート通知をだすなど定期的な自動監査に役立ちます。

検出と同時に検出されたファイルに対して、ファイル暗号化(『AssetView K』との連携機能)や、隔離を行う設定も可能です。

自動化

個人情報検索『AssetView I』との機能連携がさらに強化

個人情報検索『AssetView I』と AssetView シリーズ での機能連携で、強力なドキュメント管理、ログ管理が行えます。
個人情報検索後、警告や注意喚起による利用者のセキュリティ意識の向上と、
うっかりミスや誤操作などからの情報流出をファイルの自動暗号化で防止します。

個人情報検索 ⇒ 利用者のセキュリティ意識を向上

利用者のセキュリティ意識を向上

個人情報検索 ⇒ 利用者が意識しなくても自動的にファイル暗号化

自動的に暗号化

利用環境にあわせて個人、機密、特定個人情報の定義が可能

条件に一致する文字列が設定数以上検出された場合に、そのファイルを個人、機密、特定個人情報ファイルとして検出します。
「or」条件だけでなく、「and」条件による検出が可能ですので検出設定を細かく設定できます。

個人情報ファイル

・名前  ・住所  ・電話番号  ・メールアドレス  ・ユーザー辞書(個人情報として扱う文字列を追加)

機密情報ファイル

ユーザー任意の文字列を自由に追加


個人情報の定義を拡張
ポイント

個人情報の監査で法令順守を

セキュリティ対策における『AssetView I』の具体的活用方法

個人情報の取り扱いにおける定期監査

定期監査

例えば、Pマークの取得、認定継続には社内にある個人情報を検索し、定期的に棚卸しなければなりません。その中で、社員のPC内にある情報を把握するのは非常に手間がかかり、社員の自己申告制で調査を行ったとしても、申告が漏れてしまう可能性があります。
『AssetView I』では自動でファイルの中まで検索するので、効率的に漏れのない棚卸を行うことができ、情報漏洩対策に効果的です。

セキュリティポリシーの徹底

セキュリティポリシーの徹底

情報流出の70~80%は社内からと言われています。また、その大半が社員の情報の重要性に対する認識不足によるうっかりミスです。「個人のPCに個人情報を含むファイルを保存してはいけません」といっても 実際にそのルールが守られているかを確認することは難しいことです。
『AssetView I』では、社員のPC内の個人情報を検索、どこにどんなファイルがあるのかを洗い出し、その社員に「こういったファイルがあります」と、フィードバック、社内ルールを徹底することができ、社員のセキュリティ意識も高まります。

コンプライアンスへの対応

コンプライアンスへの対応

企業が行う事業の中には、コンプライアンス対策として特定ファイルの存在を洗い出す必要があるものもあります。
個人情報の検索に限らず、例えばあるキーワードを持つ文書管理番号から特定の重要書類を洗い出すことで、フレキシブルな情報管理を行うこともできます。これにより、より高いセキュリティ対策を実施することが可能になります。

マイナンバー対策

コンプライアンスへの対応

マイナンバー対策として、「個人情報」だけでなく、「特定個人情報ファイル」の取り扱いについても重要です。
マイナンバーのガイドラインや罰則規定で定義されている、守るべき情報「特定個人情報ファイル」は、データベースに限らず、一覧性のある個人情報と、マイナンバーが含まれるファイルをさします。
※ExcelやCSVなど汎用的にファイル化されたものも含まれます。
『AssetView I』では、従来の「個人情報」、「機密情報」に加えて、「特定個人情報」の可能性があるファイルを検出することが可能です。
通常はサーバー上のみで管理されるはずの重要なファイルが、クライアントPC内で保存されていることにより、情報漏洩事故に発展することも考えられます。 『AssetView I』を活用することで、定期的にクライアントPC内にあるドキュメントをチェックし、情報漏洩事故の防止やセキュリティ対策につながります。


●個人情報保護対策の重要性

2022年4月から全面施行される「改正個人情報保護法」では
新たに事業者に対する責務が追加され、法令違反時のペナルティの厳罰化も盛り込まれました。
AI・ビックデータ時代を迎え、個人情報の活用シーンがより一層増えていく中で
その取扱いに対して、企業に求められるセキュリティ要件はさらに厳しくなっていきます。

万が一個人情報の漏洩が起こった場合には、社内外からの信用失墜や多額の賠償金、罰金刑に
より事業継続に多大なる影響を及ぼしかねません。

各企業は、改正個人情報保護法の全面施行に向けて、個人情報取り扱いのルールを
再構築する必要がありますが、一方でルールを定めても、現場でそのルールが守られているのか、
客観的に可視化出来なければ、PDCAサイクルを適正に回すことが出来ません。

「AssetView I」では、クライアントPC内の個人情報を自動で可視化、棚卸し、
情報漏洩リスクを効率的に把握し、PDCAサイクルを回すことが可能です。

IT資産管理ソフトウェア『AssetView』の機能を選んで、
必要な情報漏洩対策を!

内部不正対策

関係者による大規模な重要情報の漏洩事件が頻発。リスクの管理、コントロールをするために必要なステップや対策とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView I(個人情報検索)
  • AssetView G(デバイス制御)
  • AssetView M(PC操作ログ管理)

個人情報漏洩対策

相次ぐ個人情報、機密情報の漏洩事件。情報管理体制に必要な情報漏洩対策とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView I(個人情報検索)
  • AssetView M(PC操作ログ管理)
  • AssetView K(ファイル暗号化)

自動暗号化で実現する情報漏洩対策

情報管理のルールが守られずに情報漏洩につながる「管理ミス」が多発。必要な情報漏洩対策とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView I(個人情報検索)
  • AssetView M(PC操作ログ管理)
  • AssetView K(ファイル暗号化)

  

すぐわかる!
AssetView資料セット

AssetView資料セット

組織内のクライアント PC の情報を収集する機能+クライアント PC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策でシステム管理の課題を解決!

  • お電話でのお問い合わせも受付中

    平日 9:00〜12:00|13:00〜17:00(弊社休業日を除く)

  • 0120-922786

    03-5291-6121

    携帯電話からは 03-5291-6121

    固定電話からは 0120-922786

sp 
Page Top