検索

PC操作ログ管理

内部不正対策

PC操作ログを取得し効率的に把握、検索、追跡。
不正操作はリアルタイムでユーザーへ警告。

PC操作ログ管理ソフト『AssetView M』は、
クライアントPCに関するさまざまなPC操作ログを取得、効率的に把握し、監視することができます。
問題のある操作はグラフ上でアラートを出し、クリックで詳細な情報を表示。
膨大なPC操作ログの中から、すばやく絞り込める機能を搭載し、
特定操作の前後の操作を追跡することも可能なログ管理ソフトです。

また、個人情報検索ソフト『AssetView I』と連携することにより
ファイル操作時にリアルタイムで個人情報を検出、ユーザーへ警告を促すことができ、情報漏洩対策に効果を発揮します。


PC操作ログを自動取得

自動で操作を記録し、ログ管理が可能

監視、把握、検索、追跡

目的に応じて複数の検索条件を保存しておくことで、効率的なPC操作ログ管理、検索ができます。
また、ファイル流出経路が追跡できるようにファイル操作の追跡も可能です。

▼ログ管理画面
ファイル操作の追跡


さまざまな操作を記録

クライアントPCに関するさまざまな操作ログを取得、監視し、ログ管理します。
取得の可否も細やかに設定することができ、ポリシーや運用環境に合わせた監視体制を構築することができます。


取得情報 内容
PC起動PC起動 クライアントPCの稼働状況を確認するための情報を取得。
  • AssetView クライアント起動(PC起動)
  • OSログオン
  • OSログオフ
  • スリープ
  • スリープ解除
  • スクリーンセーバー
  • スクリーンセーバー解除
  • OSシャットダウン要求
  • OSシャットダウン
  • ロック
  • アンロック
ファイル操作ログファイル操作 クライアントPCで行われた、ファイル操作の情報を取得。
  • 操作対象のファイル名
  • 操作対象のファイルパス
  • 操作元のドライブ種別
  • 変更後のファイル名
  • プロセス名
  • コピー/移動先のファイルパス
  • コピー/移動先のドライブ種別
  • スマートフォンへのファイル操作ログ
Microsoft365®の​ファイル操作Microsoft365®の​ファイル操作 Webブラウザ上で行ったMicrosoft365®の以下のファイル操作の情報を取得。
  • 新規作成
  • コピーを保存
  • ローカルへのダウンロード
  • ファイルオープン
  • 名前の変更
  • 名前を付けて保存
ファイルアップロードインターネットへのファイルアップロード クライアントPCから、Webサイトにアップロードされたファイルの情報を取得。
  • 操作対象のファイル名
  • アップロード先のURL
  • 操作対象のファイルパス
  • HTTP(S)ファイルアップロードログ
  • (Internet Explorerの場合)
ファイルダウンロードファイルダウンロード Webブラウザで行ったダウンロード元のURL情報を取得。​
メール添付ログメール添付 メール作成時に指定した添付ファイルの情報を取得。
  • 操作対象のファイル名
  • 操作対象のファイルパス
  • プロセス名
  • 操作元のドライブ種別
メール送信ログメール送信
メール送信ログを取得。
  • 件名
  • 送信日時
  • 送信元メールアドレス
  • 送信先メールアドレス
  • 添付ファイル名
※AssetView Mail を追加することで本文、添付ファイル実体も取得可能。
印刷ログ印刷 クライアントPCで印刷された、ドキュメントの情報を取得。
  • ドキュメント名
  • ファイル名
  • プリンター名
  • 印刷枚数
  • 印刷データタイプ
ドライブの追加と削除ドライブの追加と削除
ドライブの追加と削除を検知して、以下の情報を取得。
  • ドライブ種別 (ローカルディスク、リムーバブルディスク、ネットワークドライブ、FD、CD/DVD、ポータブルデバイス)
  • ドライブ名
  • UNCパス(ネットワークドライブの場合)
  • デバイス名(USBデバイス/ポータブルデバイスの場合)
  • ベンダー(USBデバイス/ポータブルデバイスの場合)
  • プロダクトID(USBデバイス/ポータブルデバイスの場合)
  • シリアルナンバー(USBデバイス/ポータブルデバイスの場合)
クリップボード操作ログクリップボード操作 クライアントPCで行われた、以下のクリップボード操作を取得。
  • 文字列のコピー
  • ファイルのコピー
  • 画像のコピー/プリントスクリーン
ウィンドウタイトルログウィンドウタイトル クライアントPCでアクティブになっているウィンドウの情報を取得。
  • プロセス名
  • ウィンドウタイトル
  • URL
プロセスログプロセス クライアントPCで起動している、プロセスの情報を取得。
  • プロセス名
  • アカウント名
  • バージョン
  • 起動日時
  • 起動していた時間
  • Windows ストア アプリ 対応
Webフォーム送信ログWebフォーム送信
クライアントPCからWebサイトへの書き込みを検知して情報を取得。
  • 接続先IPアドレス
  • URL
  • ポート番号
  • 本文(送信データ)
FTPファイルアップロードFTPファイルアップロード
FTPサーバーへのアップロードされたファイルの情報を取得。
  • 操作対象のファイル名
  • アップロード先のIPアドレス
FTPファイルアップロードGoogle Workspace Google Chromeで操作したGoogle Workspaceの情報を取得。
  • Google ドライブ
  • Gmail
  • Google カレンダー
  • Google グループ
WiーFi接続Wi-Fi接続 Wi-Fi接続、切断した情報を取得。
  • Wi-Fi アクセスポイント接続
  • Wi-Fi アクセスポイント接続禁止
  • Wi-Fi アクセスポイント 切断
※AssetView G(デバイス制御)ライセンスが必要です。
BluetoothペアリングBluetoothペアリング Bluetooth機器とペアリングした情報を取得。​
  • Bluetooth 機器ペアリング​
  • Bluetooth 機器ペアリング解除​
  • Bluetooth 機器使用禁止​
※AssetView G(デバイス制御)ライセンスが必要です。
VPN接続VPN接続 VPNに接続した情報を取得。​
  • VPN接続
  • 送受信データ量​
  • VPN切断
  • 接続したVPNサーバー名
※AssetView VPNセキュアライセンスが必要です​。

※アプリケーションや環境によって制限事項がございます。詳細は営業担当までご確認ください。

不正なWebサイトへのアクセスを禁止

簡易Webフィルタリング

事前に登録したURLへのアクセスを禁止します。
リダイレクト先を指定できるため、組織でのWeb閲覧ポリシーを表示するポータルサイトへリダイレクトさせて
セキュリティ意識を高める、といった使い方が可能です。

Webフィルタリング


不正アプリケーション操作・不正WEB閲覧に対して警告・禁止で問題を未然に解決

禁止、警告

クライアントPC上の様々な不正操作を禁止したり、警告メッセージを表示し注意喚起することが可能です。警告メッセージが表示されることでユーザーへの抑止効果も働きます。

例:特定プロセスの起動禁止/警告
特定文字列をタイトルに含むウィンドウオープンへの警告

ウィンドウタイトル警告

個人情報や機密情報ファイルの操作を検出して警告 ※AssetView I 連携時

PC操作ログ監視機能「AssetView M」と個人情報検索機能「AssetView I」を併用利用することで、
ファイル操作時にファイルの中身をチェックすることができます。
個人情報や機密情報ファイルの操作を検出した場合にはただちに警告することができ、より一層強固な情報漏洩対策を講じることができます。

リアルタイムで検出・警告

USBに書き出したファイルも自動で複製保存(シャドウイング)

USBデバイスへコピー/移動を行ったファイルをサーバー上に複製保存(シャドウイング)します。
これにより、万が一不正な持ち出しがあった場合に、対象ファイルの原本を確認することができます。

デバイス制御

メール送信ログ取得が可能

クライアントPCからのメール送信ログを取得できるので、持ち出しPCのメール送信ログも取得できます。
SMTP/ESMTPパケットを取得する仕組みなので、メールソフトに依存しません。

メール送信ログ

以下のメール送信情報を取得します。
・件名  ・送信元メールアドレス  ・添付ファイル名  ・送信日時  ・送信先メールアドレス

操作履歴検索画面で表示

メール送信情報はPC操作ログとあわせて表示。
メール送信前後のファイル操作やウィンドウタイトルの遷移を確認できます。

メール送信ログ取得が可能


機能連携がさらに強化

AssetView シリーズ での機能連携で、強力なドキュメント管理、ログ管理が行えます。
利用者のセキュリティ意識の向上と、うっかりミス、誤操作などからの情報流出を自動暗号化で防止します。

利用者のセキュリティ意識を向上

利用者のセキュリティ意識を向上

利用者が意識しなくても自動的に暗号化

自動的に暗号化


IT資産管理ソフトウェア『AssetView』の機能を選んで、
必要な情報漏洩対策を!

内部不正対策

関係者による大規模な重要情報の漏洩事件が頻発。リスクの管理、コントロールをするために必要なステップや対策とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView I(個人情報検索)
  • AssetView G(デバイス制御)
  • AssetView M(PC操作ログ管理)

標的型攻撃対策

2015年6月、大規模な情報漏洩事件が発生。その原因ともなった標的型攻撃に有効な対策とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView M(PC操作ログ管理)
  • AssetView F(Webフィルタリング)
  • AssetView V(ウイルス対策)
  • AssetView S(不正PC遮断)
  • AssetView K(ファイル暗号化)

個人情報漏洩対策

相次ぐ個人情報、機密情報の漏洩事件。情報管理体制に必要な情報漏洩対策とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView I(個人情報検索)
  • AssetView M(PC操作ログ管理)
  • AssetView K(ファイル暗号化)

危険な正規アプリ対策

2014年に発覚した新たな脅威。正規アプリが情報漏洩の原因に変わった時の対策とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView A(IT資産管理)
  • AsseetView M(PC操作ログ管理)
  • AssetView D(アプリケーション配布)

ウイルス感染の拡大防止対策

ウイルス対策だけでは企業や組織のセキュリティは不十分に。ウイルス検知から拡散防止までの包括的な対策とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView Vplus(エンドポイントセキュリティ)
  • AssetView M(PC操作ログ管理)
  • AssetView G(デバイス制御)
  • AssetView S(不正PC遮断)

  

すぐわかる!
AssetView資料セット

AssetView資料セット

組織内のクライアント PC の情報を収集する機能+クライアント PC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策でシステム管理の課題を解決!

  • お電話でのお問い合わせも受付中

    平日 9:00〜12:00|13:00〜17:00(弊社休業日を除く)

  • 0120-922786

    03-5291-6121

    携帯電話からは 03-5291-6121

    固定電話からは 0120-922786

sp 
Page Top