検索
IT資産管理ソフト『AssetView』TOP > 機能 > 社内PCへリモート接続

リモートコンソール

テレワーク導入のデメリットを解決

リモート操作で遠隔地のPCを操作。PCメンテナンスをサポートします。

管理PCからリモート操作で遠隔地の社内PCを複数台同時に操作できます。
瞬時に社内PCのメンテナンスができ、管理工数の大幅削減を実現。
管理者主導のさまざまなリモートアクションが実行可能です。


リモート接続で遠隔地への現地サポートコストを削減

故障やメンテナンスの対応も、リモートコンソールを活用すれば、わざわざ現地に出向かなくても、スピーディーに対応できます。これまで出張していたコストを削減できるだけでなく、ユーザーの業務に支障がでる時間を最小限に抑えることができます。

管理PC(1)から複数台の社内PC(n)、1:nの同時接続および監視を実現しました。
複数台の社内PCを同時に選択した場合も、表示順に連続処理を行うため、
ネットワーク負荷を最小限に抑えたサポートが可能になります。

遠隔地へリモート接続

管理画面から右クリックでかんたんにリモート操作が可能

クライアント一覧画面のマシン名、WindowsバージョンやIPアドレスの情報を確認しながら、
右クリックメニューからリモート操作が可能です。
複数台のクライアントPCへの同時接続・監視も可能です。
インテル vPro テクノロジー・WOL対応コンピューターの起動機能と併用すれば、
さらに効率的なリモート作業を実現します。

簡単にリモート操作が可能

AssetView RC 機能

ユーザー操作制限 リモート接続先のクライアント側でのキーボード及びマウスの操作を出来ないように制限をかけます。
ヘルプデスク対応時に、意図しないクライアント側の操作を抑止します。
リモート制限 リモート接続時の各種リモート操作を出来ないように制限をかけます。
閲覧のみになるため、監視の際に有効です。
キー送信 各種ショートカットキーをクライアントへ送信します。
ファイル送受信 管理端末とクライアント端末間でのファイルの送受信を行えます。
ペイントモード クライアント端末の画面上に描画を行います。操作説明時に活用いただけます。

LAN外の端末もインターネット経由でリモートアクセス可能

インターネット経由でリモートアクセス可能​

社内LANに接続していない端末もクラウド上の中継サーバーを経由して​
インターネット経由でリモートアクセスを行えます。
テレワーク環境であっても、画面共有をしながらヘルスデスクを実現できます。​


IT資産管理ソフトウェア『AssetView』の機能を選んで、
必要な情報漏洩対策を!

テレワーク(リモートワーク)の導入

今、必要なテレワーク!デメリットを解決する導入方法とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView MDM(PC紛失対策)
  • AssetView G(デバイス制御)
  • AssetView M(PC操作ログ管理)
  • AssetView V(ウイルス対策)
  • AssetView P(PC更新管理)
  • AssetView D(PC強制シャットダウン)
  • AssetView A(社内アナウンス表示)
  

すぐわかる!
AssetView資料セット

AssetView資料セット

組織内のクライアント PC の情報を収集する機能+クライアント PC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策でシステム管理の課題を解決!

  • お電話でのお問い合わせも受付中

    平日 9:00〜12:00|13:00〜17:00(弊社休業日を除く)

  • 0120-922786

    03-5291-6121

    携帯電話からは 03-5291-6121

    固定電話からは 0120-922786

sp 
Page Top