検索
IT資産管理ソフト『AssetView』TOP > 機能 > 社内PCへリモート接続

リモートコンソール

テレワーク導入のデメリットを解決

リモート操作で遠隔地のPCを操作。PCメンテナンスをサポートします。

管理PCからリモート操作で遠隔地の社内PCを複数台同時に操作できます。
瞬時に社内PCのメンテナンスができ、管理工数の大幅削減を実現。
管理者主導のさまざまなリモートアクションが実行可能です。


リモート接続で遠隔地への現地サポートコストを削減

故障やメンテナンスの対応も、リモートコンソールを活用すれば、わざわざ現地に出向かなくても、スピーディーに対応できます。これまで出張していたコストを削減できるだけでなく、ユーザーの業務に支障がでる時間を最小限に抑えることができます。

管理PC(1)から複数台の社内PC(n)、1:nの同時接続および監視を実現しました。
複数台の社内PCを同時に選択した場合も、表示順に連続処理を行うため、
ネットワーク負荷を最小限に抑えたサポートが可能になります。

遠隔地へリモート接続

管理画面から右クリックでかんたんにリモート操作が可能

クライアント一覧画面のマシン名、WindowsバージョンやIPアドレスの情報を確認しながら、
右クリックメニューからリモート操作が可能です。
複数台のクライアントPCへの同時接続・監視も可能です。
インテル vPro テクノロジー・WOL対応コンピューターの起動機能と併用すれば、
さらに効率的なリモート作業を実現します。

簡単にリモート操作が可能

AssetView RC で実行できるリモート操作アクション

開始 RC クライアントを開始。
接続 リモート接続を開始。
停止 RC クライアントを停止。
シャットダウン OSに対して、シャットダウンやログオフ操作を強制的に実行。
メッセージ 任意のメッセージを送信。
プログラム 任意のコマンドを送信。
インストール RC クライアントをインストール。
アンインストール RC クライアントをアンインストール。
確認 RC の作動を確認。

LAN外の端末もインターネット経由でリモートアクセス可能

インターネット経由でリモートアクセス可能​

社内LANに接続していない端末もクラウド上の中継サーバーを経由して​
インターネット経由でリモートアクセスを行えます。
テレワーク環境であっても、画面共有をしながらヘルスデスクを実現できます。​


IT資産管理ソフトウェア『AssetView』の機能を選んで、
必要な情報漏洩対策を!

テレワーク(リモートワーク)の導入

今、必要なテレワーク!デメリットを解決する導入方法とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView MDM(PC紛失対策)
  • AssetView G(デバイス制御)
  • AssetView M(PC操作ログ管理)
  • AssetView V(ウイルス対策)
  • AssetView P(PC更新管理)
  • AssetView D(PC強制シャットダウン)
  • AssetView A(社内アナウンス表示)
  

すぐわかる!
AssetView資料セット

AssetView資料セット

組織内のクライアント PC の情報を収集する機能+クライアント PC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策でシステム管理の課題を解決!

  • お電話でのお問い合わせも受付中

    平日 9:00〜12:00|13:00〜17:00(弊社休業日を除く)

  • 0120-922786

    03-5291-6121

    携帯電話からは 03-5291-6121

    固定電話からは 0120-922786

sp 
Page Top