検索

画面操作録画

内部不正対策

利用者のPC操作を録画して保存。
PC操作ログだけではわからない、
アプリケーション内の操作まで把握可能。

画面操作録画ソフトは、個々のアプリケーション内の利用者の操作まではログとして取得することができず、
不正な操作を検知しても詳細の把握は難しいことが課題でした。

AssetView では操作ログと画面操作録画の両方のログによって、誰が、いつ、どのようなアプリケーションを起動して
「どのような操作をアプリケーション内でおこなったか?」ということまで監視が可能です。


利用者の画面操作録画、実際の操作を再生して確認

ウィンドウタイトルだけでは分からないアプリケーション内の操作(入力、変更、削除、設定変更等)も、
録画することで確実に証跡を残します。

PC操作ログだけではアプリケーション内の操作が把握できませんが、
画面操作録画機能で業務アプリケーションやリモートデスクトップ接続先での操作も録画しておけば、詳細な操作が把握できます。

画面

利用者が不正操作を行った際にスクリーンショットを取得

ウィンドウタイトルにアラート対象となるキーワードが含まれていた場合だけ、
利用者のデスクトップのスクリーンショットを取得します。

画面


アラートをきっかけにスクリーンショットを取得

・ウィンドウタイトルアラート

AssetView M


AssetView や、OS、アプリケーションで表示されるウィンドウタイトル名を登録しておくことで
さまざまなタイミングでスクリーンショットを取得します。

スケジュール録画

画面操作録画のスケジュール化により常時監視が可能です。
クライアントPCごとに毎月、毎週、毎日、指定した時間の録画ができます。
監視が必要なPCだけ常時録画する、といった運用が可能です。

画面データを最小限のサイズで保存できます。
・運用を考慮したデータ量を抑えた録画
・重要な箇所だけの録画を可能にした『タイムシフト録画』
従来の画面操作録画機能と比べて、動画の記録に必要なディスク容量を大幅に削減できます。

img

タイムシフト録画

不正操作を検知したら、過去にさかのぼって録画データを保管。不正操作が起きる直前の操作や行動が把握できます。

img

IT資産管理ソフトウェア『AssetView』の機能を選んで、
必要な情報漏洩対策を!

内部不正対策

関係者による大規模な重要情報の漏洩事件が頻発。リスクの管理、コントロールをするために必要なステップや対策とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView I(個人情報検索)
  • AssetView G(デバイス制御)
  • AssetView M(PC操作ログ管理)

  

すぐわかる!
AssetView資料セット

AssetView資料セット

組織内のクライアント PC の情報を収集する機能+クライアント PC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策でシステム管理の課題を解決!

  • お電話でのお問い合わせも受付中

    平日 9:00〜12:00|13:00〜17:00(弊社休業日を除く)

  • 0120-922786

    03-5291-6121

    携帯電話からは 03-5291-6121

    固定電話からは 0120-922786

sp 
Page Top