検索
IT資産管理ソフト『AssetView』TOP > 機能 > アプリケーション配布(ファイル配布)

アプリケーション配布(ファイル配布)

危険な正規アプリ対策

社内PCへの一斉アプリケーション配布、
一斉バージョンアップを低ネットワーク負荷で実現。

アプリケーション配布『AssetView D』は、
Windows上で動作するほとんどのアプリケーションの自動インストールや環境設定の変更が可能です。
クライアントPCを回らずに管理者の設定だけで実現できるため、作業効率アップにつながります。

マクロメーションでサイレントインストール未対応ソフトやアプリケーションの自動展開も可能です。
アプリケーション配布時には、さまざまな自動化を実現時のネットワーク負荷を抑える「マルチキャスト配布」や、
アプリケーション配布(ファイル配布)の成功率を向上させるための細やかな条件設定ができます。


さまざまなアプリケーション配布(ファイル配布)・環境設定を実現

インストール・環境設定

社内の業務用アプリケーションのバージョンを統一したり、
緊急性が高いセキュリティパッチなどのプログラムを定期的にインストールすることで
クライアントPCのトラブルを未然に防ぐことができます。

また、アプリケーションの自動インストールだけでなく、各クライアントPCの環境設定の変更も可能です。
管理者は、クライアントPCを回らずに一括したポリシーを適用させることができます。

画面

アプリケーション配布(ファイル配布)に失敗したタスクは、アラート表示されます。

ウィザード形式でインストール・環境設定変更が可能

ステップ1
配布対象PCを確定します。 インベントリから条件指定で端末を抽出したり、 配布専用のグループを予め作成することで、 適切な対象PCに対して実施ができます。


ステップ2
実施内容や、実施条件を設定します。実施タイミングも、 OS起動時や、毎日、曜日指定など柔軟な選択肢の中から 画面に従って入力できます。

また、大容量のデータの配布を行う際に、 対象のPCが無線LANやVPNに接続している場合には実行しないなど、 PCの状態に配慮して実行回避できるため 、 環境に負荷をかけずに配信業務を実施できます。


ステップ3
配布対象ファイルの指定や、実行コマンド等を指定します。 成功条件も指定できるため、配信業務を円滑に進められます。

ウィザード形式

自動展開に便利な自動化プログラム(EXE)をGUI操作で作成可能

マクロメーションは、アプリケーションのインストールや環境設定変更実行を管理者の画面で操作するだけで、
条件を記録し、クライアントPC側で再現できる機能です。

クライアントPCの環境設定にも活用できます。マクロメーションを使えば、
ほとんどのアプリケーションのインストールを自動化できます。

マクロメーション実行中は、クライアントPCの操作を無効にする設定も可能です。
マクロメーションがインストールされてない環境でも実行できます。

マクロメーション

利用者の任意タイミングでの実行が可能

タスクランチャー

アプリケーションのインストールや環境設定を強制的に実行するだけではなく、
クライアントPCを使うユーザーの、任意のタイミングでインストールを実行することが可能です。
クライアントPC利用者は、実行したいタスクを選択し実行するだけです。

タスクランチャー

運用や環境に合わせた細やかな設定をかんたんに

実行アカウントを指定できるため、クライアントPCにログオンしているユーザーに管理者権限がなくても
アプリケーションのインストールやセキュリティパッチ適用等ができます。

さまざまな項目を配布条件として利用できるため、細やかな設定も可能です。

管理者代行

管理者権限でしか実行できないアプリケーションのインストールなどをユーザーに意識させずに実行可能です。
クライアントPCのユーザーに管理者用パスワードを教えることが不要になりますで、セキュリティ対策にも有効です。

アプリケーション配布(ファイル配布)実施条件

アプリケーション配布(ファイル配布)実施条件として、さまざまな項目を利用できます。

  • ハードウェア
  • アンケート結果
  • ウイルス対策ソフト情報
  • Microsoft Office 情報
  • Adobe 情報
  • システムドライブの空き容量
  • INIファイル
  • レジストリ
  • 任意のファイル
配布実施条件

クライアントPCのネットワーク状況に応じた実行回避

タスク実行時にクライアントPCのネットワーク接続状態をチェックして
タスクを実行もしくは中止の判断をさせることが可能です。
PCのネットワーク接続状態については以下の2つの条件を選択できます。

  • 無線LAN接続時は実行しない
  • VPN接続時は実行しない

低負荷(ネットワーク)を実現したマルチキャスト配布を支える仕組み

ネットワーク回線が細い環境でもネットワーク負荷を抑えたクライアントPCへのファイルやアプリケーション配布が可能です。

  • ネットワーク負荷を分散したファイル配布
  • 重複ダウンロード自動判別機能
  • キャッシュによる上流ネットワークの負荷軽減
  • グルーピングによる帯域制御

ファイル伝播の流れ

伝播の流れ

  1. セグメント内のクライアントPCいずれか1台が、サーバーからファイルをダウンロード。
  2. サーバーからファイルをダウンロードしたクライアントPCから、他のクライアントPCがファイルをダウンロード。
  3. セグメント内のクライアントPCに次々にファイルが伝播していきます。

ファイル伝播状況の把握

クライアントごとの視点、ファイルごとの視点で状況把握可能です。

伝播状況の把握

低負荷(ネットワーク)を実現したマルチキャスト配布を支える仕組み

ダウンロード自動再開(レジューム)機能

クライアントPCの省電力設定が適用されるなど、ダウンロード中に何らかの原因で通信が中断しても、
次回通信時にはダウンロードの途中から再開します。

しかもレジューム機能は、クライアント間の通信でも有効ですのでセグメント内のネットワーク負荷をあげることなく、
システム管理者の手を煩わせることもなく確実にファイル配布が行えます。


管理コンソール上にてファイルの伝播やキャッシュ状況の把握

クライアントごとの視点、ファイルごとの視点で状況把握が可能です。
状況にあわせてシステム管理者側から該当クライアントに対してマルチキャスト機能だけを停止、
キャッシュ削除等の操作が可能です。


さまざまな対障害性能

ハッシュキー チェックによるファイルの正常性対応

ダウンロード後、キャッシュしたファイルとサーバーにある配布ファイルのハッシュ値を比較。
違っている場合は、ダウンロードを再開し正常なファイル入手を行います。

ダウンロード中にファイル破損した場合の対策や、システム管理者の誤操作によりファイル対象を設定後すぐに変更した場合等、 ファイルの正常性を担保するのに有効です。


管理コンソールでの集中管理

クライアント側の動作ログはサーバーで一元管理。
システム管理者はログから状況を把握し、アクションを行うことができます。


拠点間の通信障害時にも対応可能

線が細い拠点や拠点間障害時等に対して、大容量のファイルを配布したい場合、
サーバー・クライアント間の通信をメディア等で代用する運用が可能です。


IT資産管理ソフトウェア『AssetView』の機能を選んで、
必要な情報漏洩対策を!

危険な正規アプリ対策

2014年に発覚した新たな脅威。正規アプリが情報漏洩の原因に変わった時の対策とは?

対策に必要な製品:
  • AssetView A(IT資産管理)
  • AssetView M(PC操作ログ管理)
  • AssetView D(アプリケーション配布)

  

すぐわかる!
AssetView資料セット

AssetView資料セット

組織内のクライアント PC の情報を収集する機能+クライアント PC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策でシステム管理の課題を解決!

  • お電話でのお問い合わせも受付中

    平日 9:00〜12:00|13:00〜17:00(弊社休業日を除く)

  • 0120-922786

    03-5291-6121

    携帯電話からは 03-5291-6121

    固定電話からは 0120-922786

sp 
Page Top