IT資産管理ツール・情報資産管理ソフト『AssetView』

株式会社サッポロドラッグストアー 様 導入事例<br>

管理本部 情報システム部 システム管理課 課長代理 藤本 情志様<br>
管理本部 情報システム部 システム管理課 主任 白神 暢之様<br>
管理本部 情報システム部 システム管理課 山村 憲隆様

株式会社サッポロドラッグストアー 様

北海道を中心に展開するドラッグストアチェーン
「AssetView CLOUD」で
IT資産管理の効率化とセキュリティ性の向上を実現

interview 株式会社サッポロドラッグストアー

Date 2024 . 05 . 23

サッポロドラッグストアーの創業は1972年。"北海道の「いつも」を楽しく"をコンセプトに、ドラッグストアや調剤薬局を運営。2024年3月現在で、北海道を中心に約200店舗を展開しています。「モノを売る」だけの小売から、「地域に関わるあらゆるヒト、モノ、コトをつなぎ、未来を豊かにする地域コネクティッドビジネス」へと進化を続けています。

目的

  • IT資産管理ソフトを一元化して管理負担を軽減したい
  • テレワークや拡大したネットワークに対応するセキュリティ対策

課題

  • PC台数が増え、使用していたIT資産管理ソフトでの管理が限界に
  • テレワークの浸透と店舗数拡大に伴う、セキュリティ強化

効果

  • 一元管理により管理業務の効率化を実現
  • クラウド化でセキュリティ性の向上

Interviewed
インタビューをした方

大橋 元太

業務システム部

導入の背景:管理するPCの台数が増え、既存ソフトでのIT資産管理が業務を圧迫

北海道を中心にドラッグストアや調剤薬局を運営するサッポロドラッグストアーでは、2024年3月現在で店舗数は200を超え、管理するPCの台数も1000台を超えています。それまで使用していたIT資産管理ソフトでは、管理負担が大きく、業務効率化が困難だったといいます。

大橋氏

従来のIT資産管理ソフトでは、リモート操作機能やセキュリティ対策に別製品が必要で、管理が煩雑になっていました。そこで、1製品で一元管理できるソフトウェアへの見直しを検討し始めました。

大橋氏

また、Windows更新ではWSUSを利用していましたが、資産管理ソフトとWSUSの双方の管理コンソールを行き来して作業する必要があり、非常に不便でした。

選択の理由:複数製品で行っていた運用を1製品でまとめて対応できた

同社では、情報収集を行い、複数の製品をピックアップ。その後、展示会への参加を通じて、各製品の機能や使用感について検討を重ねたそうです。

大橋氏

AssetViewはリモート操作機能が標準搭載されているため、エージェントの導入が不要でした。さらに、リモート操作機能だけでなく、セキュリティ対策やPC更新管理など、資産管理に関連する課題を1つの製品で対応でき、管理工数やコストの削減につながる点が決め手となりました。

導入効果①:1つのコンソールでIT資産を包括的に管理できるため管理者の負担が軽減

AssetViewの導入により、同社では効率的なIT資産管理を実現し、管理負担を大幅に軽減しています。 

大橋氏

以前は、業務ごとに異なる管理コンソールを確認・操作する必要があり、作業負荷がかかっていました。AssetViewの導入により、1つのコンソールでIT資産管理にまつわる多様な業務を一元管理できるため、引き継ぎ時の説明などもスムーズに行え、利便性の向上を実感しています。

大橋氏

また、Windows更新についても、AssetViewのPC更新管理機能を活用することで、柔軟な更新スケジュールの設定や、適用状況や進捗を簡単に確認できるようになりました。

1つのコンソールでIT資産を包括的に管理できるため管理者の負担が軽減

導入効果②:2023年にはクラウド版へ移行 外部からのアクセスに対する安全性を強化

同社では、コロナ禍によるテレワークの推進や店舗数の増加に伴うセキュリティリスクの増大にも対応するため、2023年にオンプレミス版「AssetView」からクラウド版「AssetView CLOUD」へと移行しました。

大橋氏

以前は、社外からのアクセスに対応するため外部接続用のサーバーを設けていました。クラウド版への移行は、テレワークへのセキュリティ対策に加えて、サーバーの撤廃による管理工数の軽減を目的としていました。

大橋氏

テレワーク中の従業員を含む操作ログをリアルタイムで取得できるようになり、万一のインシデント発生時にも即座に対応できる体制が構築できました。さらに、クラウド版への移行によって、社内のサーバー環境をシンプルに再構築し、脆弱性の排除にも効果がありました。

2023年にはクラウド版へ移行 外部からのアクセスに対する安全性を強化

今後の展開:AssetViewの活用で多様化するリスクにも柔軟に対応していきたい

AssetViewの活用で、それまで抱えていたIT資産管理やセキュリティ面での課題をクリアした同社。今後も、従業員の働き方やインターネット上の新たな脅威に関して情報収集を続け、柔軟に対応する方針を示しています。

大橋氏

技術の進歩に伴い、リスクはさらに多様化することが予想されます。AssetViewの拡張性の高さは大きな利点ですので、今後も時代やニーズに応じた機能を導入していきたいですね。

北海道を拠点に、小売業だけでなく、様々な地域をつなぐ多岐にわたる取り組みを展開しているサッポロドラッグストアー。雇用の促進や従業員満足度の向上のため、業務効率化とセキュリティ性の向上のさらなる推進にAssetViewが役立てられています。

株式会社サッポロドラッグストアー

株式会社サッポロドラッグストアー

https://satudora-hd.co.jp/company/group/satudora/

創業:1972(昭和47)年

設立:1983(昭和58)年

資本金:1億円

事業内容:地域医療対応型ドラッグストアチェーンの営業、運営

小売・卸売の関連事例

導入企業

AssetView 導入企業ロゴ
業種・規模問わず様々な企業様に
ご導入いただいております
Panasonic
Kawasaki
山形市役所
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
学校法人 慶應義塾
学校法人 拓殖大学
JA広島総合病院
地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター
Panasonic
Kawasaki
山形市役所
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
学校法人 慶應義塾
学校法人 拓殖大学
JA広島総合病院
地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター
今後もお客様からいただいたご要望をもとに、サービス向上・機能強化に努め、お客様のIT資産管理やセキュリティ強化をご支援してまいります。
お電話でのお問い合わせも受付中 平日9:00〜12:00 | 13:00〜17:00(休業日を除く)
※お問い合わせの際は【企業名・氏名・製品名】をお伝えください。
0120-922-786

携帯電話からは03-5291-6121