検索
IT資産管理ソフト『AssetView』 > 導入事例 > JAにじ(にじ農業協同組合) 様

JAにじ(にじ農業協同組合)様

業務効率を落とさない効果的なログ活用を実践

AssetView HYPER の導入により 効率的なPCの管理と効果的な情報漏洩対策を実現

総務企画部 企業情報課長 兼 電算開発係長 兼 企画情報係長
小林 伸吉様
INDEX

    農業のIT化を推進

    JAにじは、福岡県の東南部に位置し浮羽町、吉井町、田主丸町の3町から構成されている。北に雄大な筑後川が流れ、南に耳納蓮山をのぞむ豊かな自然環境に恵まれ、肥沃な田園地帯には、米、麦、野菜、耳納連山の広大な果樹地帯には、柿、ぶどう、桃、梨、キュウィフルーツなどが栽培されている。

    JAにじでは、農業生産品の製品価値を高めるために"農業のIT化"を推進、先進的な試みとして多くのメディアに取り上げられている。 耳納の里にある農畜産物直売所では、生産者と直売所をPOSシステムで結び携帯電話のEメールを活用して、商品の販売状況をリアルタイムで伝えている。このシステムにより生産者の販売効率化を実現、生産者現場から好評を得ている。

    本システムの開発に際し最も重視したのが「現場へのヒアリングです」と総務企画部 企画情報課長 兼 電算開発係長 兼 企画情報係長 の小林氏は語る。

    農業にITを積極活用するJAにじで、ハンモックの「AssetView HYPER」がどのように成果をあげているのか伺った。

    価格の魅力、欲しい機能を選べる「AssetView HYPER」を指名導入

    そもそもJAにじでは、資産管理システムやアプリケーションのアクセスログの記録を自前で開発し運用していた。しかし個人情報保護法や内部統制への対応、管理工数の効率化、セキュリティ対策としてWindowsやOffice、ウェブブラウザ等の詳細なログを保存・確認できる体制の必要性が高まり資産管理・操作履歴ログ管理ツールの導入を決定、複数製品と比較選定を行った。

    「他社製品の場合、オールインワン製品のため必要以上に機能が多く、なにより価格面で非常に高価でした。 それに対し AssetView HYPER は、

    ① 低価格でコスト面に魅力がある
    ② "詳細ログの保存と確認ができる"といった欲しい機能を選べる
    ③ 必要としない機能がついていない

    等の特徴から総合的に判断し指名導入しました。

    導入を検討するにあたって高度なセキュリティを実現しつつ、いかに価格面と両立できるかが重要なポイントでした。」 と小林氏。

    JAにじでは、2006年7月に導入を開始。必要な機能として資産管理(AssetView HYPER A)、操作履歴・ファイルアクセス管理(M)、プリントログ管理(P)、デバイス使用制限(G)、Webアクセス制限(F)、不正利用PC検出・警告(S)を、26拠点の事務所182クライアントPCに導入した。

    顕著にあらわれた導入効果

    システム構成

    導入後の運用は、職員にアナウンスし私的利用を抑止する方法を採用した結果、AssetView HYPER の導入効果は、顕著にあらわれた。

    ▼稼動監視・操作履歴、ファイルアクセス管理 - AssetView HYPER M

    ▼ウェブアクセスの制限 - AssetView HYPER F
    「導入前は、職員の業務時間におけるPCの利用やインターネットウェブの閲覧について、業務に関係あるものか、詳細内容を確認する手段がありませんでした。
    しかし導入後、職員のPCの操作履歴状況を調べてみるとウェブアクセス自体が大幅に減少しており、PCの私的利用の抑止力として効果を発揮していると考えています。」

    ▼プリントログの管理 - AssetView HYPER P
    「これまではプリンタの設置申請があった場合、その申請に応じてプリンターを設置していました。また紙に印刷する業務が多いため、印刷物からの情報漏洩に対して効果的な対策がありませんでした。
    しかし導入後は、プリンタの稼働状況を的確に把握できるため効率的なプリンタの配置が可能になり、また印刷物からの情報漏洩についてもプリンタのログを管理できるため、確実に防止できるようになりました。」

    ▼デバイス使用制限 - AssetView HYPER G
    「これまで職員が自宅のPCで業務を行うため、USBメモリー等を使ったデータの持ち出しや職員のPCから情報漏洩が起こりうる可能性がありました。これら情報の持ち出しや漏洩に対して対策を打てずにいました。
    しかし導入後は、職員のPCからデータの移動を制御できるため確実に対応策を打てるようになりました。導入当初は、職員から外部デバイスの使用制限に対して問合せがありましたが、職員に説明し容易に理解を得ることができました。 また副次的な効果として職員が積極的にファイルサーバを利用するようになりましたので、データの共有化、業務効率化、セキュリティ意識の向上が確実にすすんでいると考えています。」

    「AssetView HYPER を導入してまだ日が浅いため、これからさらに使いこなしていきたいです。またAssetView HYPER は、使いやすく、なにより機能が選べるため非常に満足しています。」と小林氏からコメントをいただいた。

    今後の計画

    「今後は、職員のセキュリティ意識向上と業務の効率化を AssetView HYPER をつかって進めていきたい。特にJAでは「JA全国監査機構」があり、抜打ちで業務監査を行っています。内部統制を見据えた日本版SOX法(金融商品取引法)にも対応するため、積極的に AssetView HYPER を活用していきたい。
    また同様に生産者にウェートをおいたシステム開発・提供を行っていきたいです。」と小林氏は語る。

    AssetView HYPER は、PC資産管理機能として始まり、その後、お客様のニーズに合わせて情報漏洩対策機能、ネットワークセキュリティ機能を拡充してきた。開発当初から「欲しい機能を選べる」「低価格で導入できる」「運用が簡単である」点を掲げ、多数の企業・官公庁で導入が進んでいる。ハンモックでは、AssetView HYPER のノウハウを継承、更に新機能を追加した「AssetView GOLD」を発表。今後もお客様のニーズにあった製品を開発・販売していく。

    取材日:2006年9月19日

    JAにじ(にじ農業協同組合)

    https://www.ja-niji.com/

    PR
    JAにじの基本方針
    ●地域の農業を振興した「いきいき農業づくり」
    ●生活・文化・福祉活動の積極的取り組みによる「いきいき暮らしづくり」
    ●緑や水を守り、育み、新鮮・安心・安全な食料の生産につとめる「いきいき地域づくり」
    ●業務、組織、施設の合理化・効率化を追求した「いきいき経営づくり」
    ●情報伝達の迅速化と教育訓練の徹底による「いきいき組織づくり」

    ※掲載された導入企業様のご担当者様役職名等は取材日現在のものです。
    記載された情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

    組合・団体・協会の関連事例

    導入企業

    AssetView 導入企業ロゴ

    すぐわかる!
    AssetView資料セット

    AssetView資料セット

    組織内のクライアント PC の情報を収集する機能+クライアント PC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策でシステム管理の課題を解決!

    • お電話でのお問い合わせも受付中

      平日 9:00〜12:00|13:00〜17:00(弊社休業日を除く)

    • 0120-922786

      03-5291-6121

      携帯電話からは 03-5291-6121

      固定電話からは 0120-922786

    Page Top