こんなお悩みに

企業や組織における情報漏洩の原因は、USBデバイス、スマートフォンからの外部媒体による持ち出しやウイルス感染、不正アクセス、メールの誤送信など、多岐に渡ります。あらゆる原因に備え、情報漏洩対策を行うことは大事なことですが、原因ごとに対策を行ってしまうとコストが高くなり、運用の負荷も上がってしまいます。

標的型攻撃対策

  • 標的型攻撃対策

    近年、標的型攻撃メールの手口が多様化、巧妙化していると警視庁も警鐘を鳴らしています。不特定多数からのメールを受信するクライアントPCに対してより一層の利用者教育とセキュリティ対策の強化が求められています。
    大規模な情報漏洩事件が発生。その原因ともなった標的型攻撃に有効な対策とは?

  • 脆弱性対策

    脆弱性は、クライアントPCにもサーバーにも重要な問題です。PCやWebサイトの脆弱性を狙い、個人情報が窃取される事件が国内で発生。脆弱性に備えるには、正確で効率的な設定変更や一環したポリシーでセキュリティパッチのインストールが行える対策が必要です。
    脆弱性に備えるために必要な対策とは?

  • 危険な正規アプリ対策

    安心して使用していても、情報漏洩リスクとなる危険性が発覚。
    正規アプリと思っていたアプリケーションが突如、情報漏洩リスクがあることが発覚し緊急対応が求められました。企業や組織では、『危険な正規アプリ』への適切な対策が急務です。
    正規アプリが情報漏洩の原因に変わったときの情報漏洩対策とは?

  • ウイルス感染の拡大防止対策

    多くのクライアントPCを管理する企業や組織では、ウイルス予防対策について、迅速かつ効率的な対応が求められています。ウイルス対策だけでは企業や組織のセキュリティは不十分に。
    ウイルス検知から拡散防止までの包括的な情報漏洩対策とは?

内部不正対策

  • 内部不正対策

    関係者による大規模な重要情報の漏洩事件が頻発。
    内部不正の発表は、会社の信用に関わったり、風評被害が発生する恐れがあることなどから公表されないことが多くそれゆえ被害が拡大していくケースが後を絶ちません。
    リスクの管理、コントロールをするために必要なステップや対策とは?

  • 個人情報漏洩対策

    相次ぐ個人情報、機密情報の漏洩事件。企業や組織からの大規模な情報漏洩事件が頻繁に起きています。個人情報、機密情報の保護は、情報漏洩を防ぐためだけでなく、企業や組織を守ることにつながっています。情報利用者のセキュリティ意識向上、システム的な対応を組み合わせて情報漏洩を未然に防ぐ活動が重要です。
    情報管理体制に必要なステップや対策とは?

データ流出対策

  • 自動暗号化で実現する情報漏洩対策

    情報管理のルールが守られずに情報漏洩につながる「管理ミス」が多発。情報漏洩の主な原因は、「人為的要因」が多くを占めており利用者の自主性だけに任せるのは難しいのが現状です。 ルールや教育が未整備で発生した問題や事故は継続して整備していくとともに、システムで対応できる箇所については強制力のある管理が必要です。
    必要な情報漏洩対策とは?

  • 紛失・盗難の情報漏洩対策

    情報機器の紛失や盗難による情報漏洩事故は後を絶ちません。その中でも「事故が起きてから紛失や盗難に気がつく」ケースでは、察知できなかった期間が長引くほど被害が拡大するケースが増えています。 企業や組織への経済的な損失や社会的な存在価値を揺るがす情報漏洩事故に発展しないような運用管理が必要です。
    資産の状態を定期的にチェックするための有効な情報漏洩対策とは?

USBメモリセキュリティ強化対策

USBメモリは手軽で便利なツールである反面、紛失、盗難による情報漏洩や、外部から持ち込んだUSBメモリがウイルス感染源になるなど、企業や組織で利用する際はセキュリティ面での課題を数多くもっています。 セキュリティポリシーとして「USBメモリの利用を全て禁止する」という運用をするケースもありますが、利便性とセキュリティのバランスがとりづらく運用を継続していくのが難しいのが実状です。
USBメモリの紛失、盗難、ウイルス混入による情報漏洩など、リスクの高いUSBメモリの管理手法とは?