ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


情報漏洩対策

企業や組織における情報漏洩の原因は、USBデバイス、スマートフォンからの外部媒体による持ち出しやウイルス感染、不正アクセス、メールの誤送信など、多岐に渡ります。
あらゆる原因に備え、情報漏洩対策を行うことは大事なことですが、原因ごとに対策を行ってしまうとコストが高くなり、運用の負荷も上がってしまいます。

なぜ、情報漏洩はなくならないのか?


AssetView による統合的リスク対策

AssetView では、15種類の豊富な機能を組み合わせることで、さまざまな情報漏洩対策が行えます。

マイナンバーマイナンバーセキュリティ対策

ついにスタートしたマイナンバー制度。マイナンバーの活用はメリットが大きい反面、取り扱いを誤った場合おおきな問題になると考えられます。
国より発表されているガイドラインを確認し、ガイドラインに則した体制構築や安全管理措置への対応が必要です。マイナンバーをまもるために必要な対策とは?

メール10大脅威1位標的型攻撃メール対策

近年、標的型攻撃メールの手口が多様化、巧妙化していると警視庁も警鐘を鳴らしています。不特定多数からのメールを受信するクライアントPCに対してより一層の利用者教育とセキュリティ対策の強化が求められています。
2015年6月、大規模な情報漏洩事件が発生。その原因ともなった標的型攻撃に有効な対策とは?

メール10大脅威2位内部不正による情報漏洩リスク対策

関係者による大規模な重要情報の漏洩事件が頻発。
内部不正の発表は、会社の信用に関わったり、風評被害が発生する恐れがあることなどから公表されないことが多くそれゆえ被害が拡大していくケースが後を絶ちません。
リスクの管理、コントロールをするために必要なステップや対策とは?

脆弱性10大脅威3位脆弱性対策

脆弱性は、クライアントPCにもサーバーにも重要な問題です。PCやWebサイトの脆弱性を狙い、個人情報が窃取される事件が国内で発生。脆弱性に備えるには、正確で効率的な設定変更や一環したポリシーでセキュリティパッチのインストールが行える対策が必要です。
脆弱性に備えるために必要な対策とは?

個人情報個人情報、機密情報流出対策

相次ぐ個人情報、機密情報の漏洩事件。企業や組織からの大規模な情報漏洩事件が頻繁に起きています。個人情報、機密情報の保護は、情報漏洩を防ぐためだけでなく、企業や組織を守ることにつながっています。情報利用者のセキュリティ意識向上、システム的な対応を組み合わせて情報漏洩を未然に防ぐ活動が重要です。
情報管理体制に必要なステップや対策とは?

自動暗号化自動暗号化で実現する情報漏洩対策

情報管理のルールが守られずに情報漏洩につながる「管理ミス」が多発。情報漏洩の主な原因は、「人為的要因」が多くを占めており利用者の自主性だけに任せるのは難しいのが現状です。 ルールや教育が未整備で発生した問題や事故は継続して整備していくとともに、システムで対応できる箇所については強制力のある管理が必要です。
必要な情報漏洩対策とは?

メール紛失・盗難の情報漏洩対策

情報機器の紛失や盗難による情報漏洩事故は後を絶ちません。その中でも「事故が起きてから紛失や盗難に気がつく」ケースでは、察知できなかった期間が長引くほど被害が拡大するケースが増えています。 企業や組織への経済的な損失や社会的な存在価値を揺るがす情報漏洩事故に発展しないような運用管理が必要です。
資産の状態を定期的にチェックするための有効な情報漏洩対策とは?

USBUSBメモリセキュリティ強化対策

USBメモリは手軽で便利なツールである反面、紛失、盗難による情報漏洩や、外部から持ち込んだUSBメモリがウイルス感染源になるなど、企業や組織で利用する際はセキュリティ面での課題を数多くもっています。 セキュリティポリシーとして「USBメモリの利用を全て禁止する」という運用をするケースもありますが、利便性とセキュリティのバランスがとりづらく運用を継続していくのが難しいのが実状です。
USBメモリの紛失、盗難、ウイルス混入による情報漏洩など、リスクの高いUSBメモリの管理手法とは?

アプリ危険な正規アプリ対策

安心して使用していても、情報漏洩リスクとなる危険性が発覚。 正規アプリと思っていたアプリケーションが突如、情報漏洩リスクがあることが発覚し緊急対応が求められました。企業や組織では、『危険な正規アプリ』への適切な対策が急務です。
正規アプリが情報漏洩の原因に変わったときの情報漏洩対策とは?

ウイルスウイルス感染拡大防止対策

多くのクライアントPCを管理する企業や組織では、ウイルス予防対策について、迅速かつ効率的な対応が求められています。ウイルス対策だけでは企業や組織のセキュリティは不十分に。
ウイルス検知から拡散防止までの包括的な情報漏洩対策とは?

Win XPWindows Server 2003 サポート終了対策

2015年7月、Windows Server 2003 サポート終了。根本的な対策は最新OSへの移行ですが、対策するまでの間は情報漏洩やマルウェアへの感染予防対策を一層強化する必要があります。
残存する旧OSの情報漏洩対策やマルウェアへの感染予防対策とは?

PDCAセキュリティリスクの可視化

多様化する脅威やリスクの把握は、単一の視点だけでは分かりません。
また、複数製品のログが点在しており一元管理できていない場合もあります。
セキュリティリスクを顕著化する前に発見。統合的リスク管理の視点で AssetView 各機能の情報を統合。

USBセキュリティ対策をナビゲーション

効果的な設定方法が分からない、システム管理担当になったが何からスタートしたらよいか分からないなど、IT資産、セキュリティツール導入時の悩みごとを解消。
効果的な設定をかんたんに実現するナビゲーション。

※ 出展元:独立行政法人情報処理推進機構 技術本部セキュリティセンター 『情報セキュリティ10大脅威 2016』
  1位 「標的型攻撃による情報流出」、2位 「内部不正による情報漏えいとそれに伴う業務停止」、
  3位 「ウェブサービスからの個人情報の窃取」


目的別コンテンツ

企業や自治体におけるIT活用の課題と解決『目的別コンテンツ』

パッケージソフトウェアだけではクリアできない、お客様の課題を包括的に解決!
ハンモックは、パッケージソフトウェアのご提供だけでなく、ソリューション、運用アウトソー
シング、カスタマイズ等のご提案、構築、導入、サポートまで、一貫したトータルサービスをご
提供します。

IT資産管理

IT資産管理に役立つノウハウ集、AssetView で実現するIT資産管理の課題解決、
導入事例をご紹介。

ライセンス管理

ライセンス管理の課題解決、導入事例をご紹介。

情報セキュリティ対策

AssetView で実現する情報セキュリティ対策をご紹介。

PC操作ログ管理

PC操作ログ管理に役立つノウハウ集、AssetView で実現するPC操作ログ管理の課題解決、
導入事例をご紹介。

デバイス制御

AssetView で実現するデバイス制御の課題解決、導入事例をご紹介。

マイナンバー対策

マイナンバー対策コラム、AssetView で実現するマイナンバー対策をご紹介。


情報漏洩対策、統合的リスク対策|IT統合管理ソフトウェア『AssetView(アセットビュー)』

IT統合管理ソフトウェア『AssetView』は、さまざまなリスクに対して効果的な情報漏洩対策が可能です。複雑化するセキュリティリスクを顕著化する前に発見。統合的なリスク管理が可能です。
IT資産管理、ログ管理などのIT統合管理ソフトウェア『AssetView』はPCのセキュリティ対策や情報漏洩対策を強化し、業務効率化やPCのライフサイクル管理を支援します。 IT管理スタイルの数だけ、変幻自在。必要な機能やサービスをオーダーメイド感覚でご提供します。 多彩な機能から必要なもののみを選んで導入することができ、それぞれが安価なためコスト削減を実現します。

ページ先頭へ

ページ先頭へ

sp 
gray
<情報漏洩対策、統合的リスク対策 - AssetView>
IT資産管理、ライセンス管理などの法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】をご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、ライセンス管理、セキュリティ対策、名刺管理、リードナーチャリング、FAXサーバー、高精度OCR、マークシート処理などの、法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。IT資産管理、ライセンス管理、名刺管理や営業支援、FAXサーバーやOCRまで、オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
IT資産管理やライセンス管理のことなら
株式会社ハンモックにおまかせください
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation