ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

取引先帳票対応OCRソフト『AnyForm OCR』

導入事例

日置電機株式会社 様

日置電機株式会社様 効率とデータ品質が向上、
OCRでの手配ミス「ゼロ」を
実現!

OCR帳票を自社で設計し、OCR比率をさらに拡大。
業種:製造業 従業員数:873人

OCR化された注文は効率が高まっただけでなく、手配ミスがゼロという驚異的な品質向上も実現しました。当社では年間24万件ほどの注文をいただいているのですが、手配ミスの件数を年間35件以下に抑えることを目標としています。OCRでは今までミスが出ていないため、その比率を高めることで目標にさらに近づけるのではないかと期待しています。

日置電機株式会社様の導入事例を読む


活用シーン

活用MAP(受発注フロー例)

企業間取引で発生する「帳票」の入力業務に活用できます。

AnyForm OCR 活用MAP


活用帳票例

AnyForm OCR ではこのような帳票にご活用いただけます。

▼請求書
請求書

▼チェーンストア伝票
チェーンストア伝票

▼支払報告書
支払報告書

※源泉徴収票の提出枚数が、1,000枚以上の場合光ディスク等またはeLTAXによる提出が義務付けられています。



資料請求、資料ダウンロード、お問い合わせはこちら

資料請求販売店の方向け 資料請求お問い合わせ

導入事例/活用例|取引先帳票対応OCRソフト『AnyForm OCR』

「OCR化された注文は効率が高まっただけでなく、手配ミスがゼロという驚異的な品質向上も実現しました。」お客様の声と、活用例をご紹介します。
『AnyForm OCR』は、取引先システムから出力される注文書などの帳票をOCR処理します。 明細行がある帳票では、注文量に応じて行数が変更される場合があります(可変明細)。従来OCRは、文字認識する場所が特定できないこのような帳票には利用することができませんでした。 しかし、『AnyForm OCR』は独自の画像認識処理により、従来OCRの課題であった可変明細帳票へのOCR処理を可能とします。 高精度に文字を認識し、スピーディーなデータ化を実現します。

ページ先頭へ

イベント情報

メールマガジン

ページ先頭へ

gray
<導入事例/活用例|非定型帳票対応OCRソフト『AnyForm』>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
プライバシーマーク  ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2018 Hammock Corporation