現場で使いやすい!帳票データ化ナンバーワンソフト(AnyForm OCR)

非定型帳票対応OCRソフト『AnyForm OCR』

帳票自動振分


帳票自動振分

帳票内にあるキーワードを文字認識し、帳票を自動振分します。
帳票振分だけでなく、後続処理との連携により業務スピードを加速します。

活用例① キーワード振分

課題 課題:毎日の帳票振分作業に手間がかかる

課題得意先ごとに担当者へ手動で振分ているため、時間とコストがかかっている。
または、OCRは導入しているが、罫線情報だけの識別で振分の精度が悪い。

↓

導入効果 導入効果:帳票レイアウトとキーワードで自動振分

導入効果帳票レイアウトに加え帳票内のキーワードにて帳票を識別し振分を行います。
振分作業の自動化により時間とコストを削減。


課題 課題:どのデータから入力すればよいか分からない

課題注文書だけでなく、見積依頼書や請求書など多種の帳票が送られてくる。
締め切り時間がある注文書から優先して入力したい。

↓

導入効果 導入効果:優先度の高いものから効率的に入力

導入効果帳票内のキーワードにて文書を分類。
文書分類に応じて、優先度をつけて一覧表に表示。


キーワード振分


活用例② キーワード振分 + 処理実行

課題 課題:帳票ごとに処理が異なる

課題OCR帳票とOCR以外の帳票で業務フローが異なるため、
各処理に手間がかかっている。

↓

導入効果 導入効果:OCRだけでなく、さまざまな処理を実行

導入効果OCRによるデータ化はもちろん、帳票の自動印刷や実行ファイルの起動など、
さまざまな業務を連動させることが可能。


課題 課題:データ取り込みのために既存システムに改修が必要

課題既存システムが複雑な場合、OCR結果のデータ取込みに
システム改修が必要となり、費用と時間がかかってしまう。

↓

導入効果 導入効果:優先度の高いものから効率的に入力

導入効果AnyForm OCR で処理したデータをRPAで処理することにより、
既存システムを改修することなく、高速かつ正確にデータを登録。


キーワード振分


ページ先頭へ



アーカイブ機能