入力機能|帳票(注文書・請求書・伝票)の電子データ化ツールならOCRソフトの『AnyForm OCR』

非定型帳票対応OCRソフト『AnyForm OCR』

OCR帳票化設計

「OCR を気軽に始めたい」そんなご要望にお応えします!


OCR帳票設計(座標指定方式)

OCR処理したい項目のエリア(座標)を指定して、OCR帳票を設計する方法。


OCR帳票設計(座標指定方式)

非定型帳票のイメージファイルに対してOCR項目を設定できます。
OCR項目をマウスでドラックし、必要項目を選択するだけでかんたんに作成できます。

①帳票レイアウト自動認識

取引先帳票(既存帳票)をスキャナーで読み取りイメージファイルにします。
イメージファイルを AnyForm OCR デザイナーで取り込むことで帳票レイアウトを自動認識します。

帳票レイアウト自動認識


②OCR項目設定

OCR項目を選択し、読み取るエリアをマウスで指定します。
ノンプログラミングで設計できるため、誰でも操作できます。

OCR項目設定


OCR処理する項目に対して文字種の設定を行います。
文字種を指定することで文字認識精度が向上します。

OCR項目設定

【フィルタ】数字のカンマ区切りや日付の桁数などを指定
【OCR指示】全角/半角やフォントの飾り文字などを指定


動画 OCR帳票設計(デザイナー)動画(3分7秒)


WOCR

AI型のOCRエンジンと従来の非AI型のOCRエンジンの2つを使用してOCRを行います。2つの性質の異なるOCRエンジンの結果が一致した場合は高精度なOCR結果となります。また、一致しない場合は目視により確認が必要とプログラムが判断し、OCR結果の確認画面で要確認対象となります。

※WOCRを使⽤する場合、PCはCore-i7と同等以上を推奨

WOCR

※活字の日本語、英数字が対象

WOCR

※63,500項目画像を対象にハンモック独自テストの結果

WOCR



AI OMR(マーク読み取り)

新たに深層学習によるエンジンを搭載し、チェックマークなどのマークの認識に対応。
帳票内にある選択項目に対するデータ化を支援します。

AI OMR


縦罫線入力欄

入力欄が縦線にて区切られている項目も柔軟に読み取ることができます。

縦罫線入力欄 ※縦罫線の「1」との読み間違えを大幅に改善

1枚複数帳票対応

1枚に複数の情報がある帳票に対応します。
それぞれのページに枝番を振り帳票の情報を管理します。

1枚複数帳票対応

可変明細にも対応

非定型帳票の注文書などにある明細部(表形式)のOCR項目もかんたんに設定できます。
明細行が都度異なるような可変明細にも対応できます。

可変明細のある非定型帳票であっても、表の終端として設定した文字(=備考)で票の終了として判断します。
行の終端となる目印(文字)を設定します。

画面イメージ


文字認識支援

非定型帳票から読み取った値を正確に文字変換するための認識支援エンジンを搭載しています。

文字認識支援

ページ先頭へ


外部データベースマスタ連携(基幹システム連携強化)

Microsoft SQL Serverを利用した基幹システムなどのマスタデータを
ダイレクトに参照することができます。

外部データベースマスタ連携(基幹システム連携強化)

ページ先頭へ


画面レイアウト設計と表示画面