ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


K ファイル制御・暗号化

自動暗号化でファイルの受け渡しリスクを解消。
ファイルが流出しても『追跡』して『削除』。

インターネット上に公開された情報漏洩インシデントは、管理ミス、誤操作、紛失などによる、「人」が原因の情報漏洩が約9割を占めると言われています。

ファイル暗号化ソフト『AssetView K』で、「個人情報や機密情報(重要ファイル)に関して特に高度な情報漏洩対策を行う」「外部へ持ち出したファイルの証跡管理を行う」「情報漏洩事故が発生しても、遠隔から情報を削除する」といった対策が可能です。ファイル暗号化ソフト『AssetView K』では媒体(モノ)ではなく、ファイル(データ)へのファイル暗号化対策を実現するため、データ流出経路を意識する必要がありません。
ファイルに対しての制御やアクセスログによる追跡、ファイルを渡したあとでも管理者がファイルの制御設定を変更したり、削除することも可能です。

また、「クラウドストレージへのファイルアップロード時」や「メールへのファイル添付時」など、さまざまなシーンでの自動暗号化にも対応。AssetView シリーズ の他のソフト(機能)と連携することにより「USBデバイスへのファイル書き出し時に自動的にファイル暗号化」「個人情報や機密情報を含むファイルの検出時に自動的にファイル暗号化」など、リスクの高い操作に対し、自動暗号化が可能です。自動でファイル暗号化することにより、ヒューマンエラーによる情報漏洩を自動的に防止します。


ファイル暗号化ソフトで、情報漏洩対策における課題を解決

「個人情報や機密情報(重要ファイル)に関して特に高度な情報漏洩対策を行いたい」「外部へ持ち出したファイルの証跡管理を行いたい」「もし情報漏洩事故が発生しても、遠隔から情報を削除したい」といった情報漏洩対策における課題を解決します。

ファイル暗号化ソフト『AssetView K』を使えば、
ファイルが流出してもデータ(情報)は流出しません。


  • 媒体(モノ)ではなく、ファイル(データ)への対策であるため、データ流出経路を意識する必要がありません。
  • 社外での重要ファイルへのアクセスの操作履歴を管理できます。
  • 社外でのファイル閲覧は権限がなければできません。
  • ファイルが流出しても遠隔から削除することができます。

ファイル暗号化ソフト『AssetView K』で ファイル暗号化や制限したファイルは基本的にインターネットに接続できる環境で、かつ閲覧用プログラムでしか閲覧することができません。


ファイル暗号化ソフト『AssetView K』は、
まったく新しい仕組みのファイル暗号化を実現

ファイル暗号化だけではなく、そのファイルに対しての制御やアクセスログによる追跡、さらにファイルを渡したあとでも管理者がファイルの制御設定を変更したり削除することが可能な新しい仕組みのファイル暗号化ソフトです。

①ファイルを守る ②ファイルを追跡する ③ファイルを削除する

ファイル暗号化、
ファイル制御

制御内容

・閲覧回数 / 閲覧の期限
・保存禁止 ・印刷禁止
・文字列や画像のコピー禁止
・プリントスクリーン禁止

どこで開いても
ファイルを追跡

アクセスログの確認

・いつ?
・どのファイルに?
・誰が?
・何をした?

渡したファイルを
あとから削除

リモート制御

・ファイルの消去
・制御内容の変更
・アクセス権限の変更

ページ先頭へ

①渡したファイルを『守る』

重要ファイルを持ち出す際、ファイル暗号化ソフト『AssetView K』を使ってファイル単位で暗号化。ファイルに制御設定を行うことで重要ファイルの情報漏洩を防止します。

ファイル単位で、閲覧回数や期限、保存や印刷およびプリントスクリーン禁止など詳細な設定が可能。渡したファイルを守ります。

ファイルへの制御

ファイル制御例

  • アカウント指定でのアクセス制御
  • 閲覧回数 / 閲覧の期限
  • 保存禁止
  • 印刷禁止
  • 文字列や画像のコピー禁止
  • プリントスクリーン禁止

②渡したファイルを後から『追跡』

ファイル暗号化ソフト『AssetView K』では、制御・暗号化したファイルへのアクセスは、操作履歴情報としてクラウドサーバーに保存します。
管理コンソールを利用して操作履歴情報を把握し、ファイルの証跡管理を実現します。

ファイル暗号化だけではなく、ファイルへのアクセス、操作履歴を把握する、閲覧制限などの設定が可能

証跡管理

追跡

  • いつ、誰が、どのファイルを操作したか。
  • 権限のないアカウントでのアクセス。
  • パスワード入力ミス等のログインの失敗。
  • 閲覧可能な残り回数。
  • 閲覧回数を超えたことでのファイルの自動削除。

ページ先頭へ

③渡したファイルを後から『削除』

ファイル暗号化ソフト『AssetView K』を使えば、ファイルが社外の人物に渡った後でも、管理コンソールから削除したいファイルを指定すれば、クラウドサーバー経由で該当するファイルを削除できます。

ファイル暗号化、制御、証跡管理できる『AssetView K』は、渡したファイルを後から『削除』、拡散したファイルも削除可能

制御・暗号化して対策


ファイルが外部に流出しても「追跡」して「削除」できる仕組み

アクセス制御


ファイル暗号化ソフトは多層防御における重要な役割!

毎年のようにニュースで取り上げられ、話題になる情報漏洩事件ですが、話題になる事件は氷山の一角に過ぎません。実際は漏洩の規模に関わらず、日々どこかで情報漏洩が起きているといっても過言ではありません。

それらの原因は、ウイルス感染であったり、作業者の人的ミスであったり、あるいは作為的に行われてしまうこともあります。あらゆる可能性を考え、常日頃からきちんとした情報漏洩対策ができていれば、被害は最小限に抑えられるのではないでしょうか。

【情報漏洩対策の一例】

  • ウイルス対策ソフトの導入
    ウイルスに感染して重要なファイルが流出するリスクを軽減することができます。
  • ネットワークの制御
    不正なPC からのアクセスを防ぐことができます。
  • Web フィルタリングソフトの導入

不正なWeb サイトへのアクセスを禁止したり、ファイルのアップロードを禁止することで、情報流出リスクを軽減します。しかし、残念ながらこれらの対策を行っていたとしても、何らかの原因で重要なファイルが流出してしまう可能性もあります。上記のような入口や出口対策を行うことも効果的な対策ではありますが、実際は利用者のPCにおける内部対策も必要です。

そこで、検討したい対策が「ファイル暗号化ソフト」です。
例えば、ファイルが暗号化されていた場合、個人情報や機密情報を含むファイルが流出したとしても、ファイルの中身は見ることができません。さらに、暗号化されたファイルをあとから削除できたり、制御を行うことができれば、復号化される心配もありません。色々な多層防御の考え方はありますが、ファイル暗号化ソフトは情報漏洩対策には最も有効であると考えられます。

ある意味漏えいリスクに対する最後の砦であり、情報漏洩対策には必須の機能といえるでしょう。


| 次へ |


ファイル暗号化ソフトで情報漏洩対策|IT統合管理ソフトウェア『AssetView(アセットビュー)』

『AssetView K』ファイル単位で自動暗号化・制御して情報漏洩を防止。『あとから削除』『追跡』『守る制御(閲覧回数や期限の設定、保存や印刷、コピー禁止等)』新しい仕組みのファイル暗号化ソフトです。
IT資産管理、ログ管理などのIT統合管理ソフトウェア『AssetView』はPCのセキュリティ対策や情報漏洩対策を強化し、業務効率化やPCのライフサイクル管理を支援します。 IT管理スタイルの数だけ、変幻自在。必要な機能やサービスをオーダーメイド感覚でご提供します。 多彩な機能から必要なもののみを選んで導入することができ、それぞれが安価なためコスト削減を実現します。

ページ先頭へ

ご購入前のFAQ

セキュリティパッケージ

イベント情報

イベント情報

イベント情報

アービーのご紹介

ページ先頭へ

sp 
gray
<ファイル暗号化ソフトで情報漏洩対策 - AssetView>
IT資産管理、ライセンス管理などの法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】をご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、ライセンス管理、セキュリティ対策、名刺管理、リードナーチャリング、FAXサーバー、高精度OCR、マークシート処理などの、法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。IT資産管理、ライセンス管理、名刺管理や営業支援、FAXサーバーやOCRまで、オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
IT資産管理やライセンス管理のことなら
株式会社ハンモックにおまかせください
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation