ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


デバイス制御

デバイス制御

社内のUSBデバイスを管理、制御。
使用申請機能はネットワーク外からも申請可能。

USBデバイスを使用することで、個人情報や機密情報などの重要情報を大量に持ち出すことが可能です。
また、管理ミスによる情報漏洩リスクもあり、今後USBデバイスのセキュリティ対策は必須と言えます。
デバイス制御機能『AssetView G』は、社内に存在するUSBデバイスはすべて管理・制御、使用の証跡管理まで実現し、情報漏洩を防ぎます。
また、使用者のUSBデバイス使用申請機能で、スムーズな運用を実現します。さらに、ワンタイムパスワードの設定が可能で、ネットワーク外からもUSBデバイスの使用申請ができます。実際の運用を見据えた機能が満載です。

情報漏洩リスクの高いUSBメモリ、SDカードなどUSBデバイスを制御

小型で大容量データの持ち運びができるUSBデバイスは重要情報を大量に持ち出すことが可能なため、企業ではUSBデバイスの使用を管理、制限することがセキュリティ対策として重要視されています。
AssetView G は、情報漏洩リスクの高いUSBメモリ、SDカードなどのUSBデバイスを「全体」「グループ」「ユーザーごと」にデバイス制御(書込み許可、読取り専用、使用禁止)の設定ができます。クリック操作のみでかんたんに設定、管理が可能です。


ステップ1:デバイス制御のポリシー設定

大きなアイコンと、わかりやすい設定画面でかんたんに設定。クリック操作だけでお好みの設定にできます。

かんたんに設定

▲視覚的でわかりやすい設定画面でかんたん設定


ステップ2:デバイス制御を個別に設定

グループごとにUSBデバイス、デバイス制御(書込み許可、読取り専用、使用禁止)の設定が可能です。

グループごとのデバイス制御設定

グループごとのデバイス制御設定

▲グループごとのUSBデバイス制御設定例


ユーザーごとのデバイス制御設定(Active Directory 連携)

Active Directory と連携が可能です。Active Directory 上のユーザー単位でUSBデバイス、デバイス制御が可能です。きめ細かな設定までサポートしています。

ユーザーごとのデバイス制御設定

▲ユーザーごとのUSBデバイス制御設定例

AssetView G は、USBデバイスだけではなく、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンやスマートフォンで内蔵されることの多いSDカードなど、企業や組織で使用されるさまざまな外部記録媒体の使用を制御し情報漏洩を防止します。


| 次へ |


IT統合管理ソフトウェア『AssetView』の機能を選んで、必要な情報漏洩対策を!

内部不正による情報漏洩リスク対策

関係者による大規模な重要情報の漏洩事件が頻発。
リスクの管理、コントロールをするために必要なステップや対策とは?

対策に必要な製品:
AssetView I(個人情報検索)/ G(デバイス制御)/ M(PC操作ログ管理)/ BIソリューション

ステップ1 個人情報、機密情報の棚卸をして重要情報の保管先を把握する
ステップ2 スマートフォンやUSBメモリの使用を制限、情報持ち出しリスクを最小化
ステップ3 個人情報、機密情報に関するPC操作ログ監視・監査体制を構築
       膨大なログの中から問題となる操作の監査をかんたんに実現

紛失・盗難の情報漏洩対策

情報機器の紛失や盗難による情報漏洩事故は後を絶ちません。
資産を定期的にチェックするための有効な対策とは?

対策に必要な製品:
AssetView A(IT資産管理)/ M(PC操作ログ管理)/ G(デバイス制御)/ S(不正PC遮断)/ K(ファイル暗号化)/ MDM(スマートデバイス管理)/ Assetment Neo(物品管理)

ステップ1 IT資産管理台帳と現物の紐付けを行って棚卸を実施
        棚卸を定期的に行うことで紛失、盗難などの問題を早期に発見
ステップ2 情報機器を紛失・盗難されてしまった際の対策

USBメモリセキュリティ強化対策

USBメモリの紛失、盗難、ウイルス混入による情報漏洩など、
リスクの高いUSBメモリの管理手法とは?

対策に必要な製品:
AssetView G(デバイス制御)/ M(PC操作ログ管理)/ I(個人情報検索)/ InterSafe SecureDevice(セキュリティUSBメモリ作成)

ステップ1 企業や組織内でのUSBメモリ使用制限、重要データの操作ログ管理
ステップ2 USBメモリにセキュリティ機能を追加、さまざまなシーンで対策

セキュリティリスクを可視化して対策。『情報漏洩対策』一覧ページへ


デバイス制御で情報漏洩対策|IT統合管理ソフトウェア『AssetView(アセットビュー)』

『AssetView G』スマートフォンやUSBデバイスの利用を制御。デバイス制御により個人情報などの重要情報の持ち出しをストップ。申請、承認機能を使って許可したデバイスだけ利用可能に。
IT資産管理、ログ管理などのIT統合管理ソフトウェア『AssetView』はPCのセキュリティ対策や情報漏洩対策を強化し、業務効率化やPCのライフサイクル管理を支援します。 IT管理スタイルの数だけ、変幻自在。必要な機能やサービスをオーダーメイド感覚でご提供します。 多彩な機能から必要なもののみを選んで導入することができ、それぞれが安価なためコスト削減を実現します。

ページ先頭へ

ご購入前のFAQ

セキュリティパッケージ

イベント情報

イベント情報

イベント情報

アービーのご紹介

ページ先頭へ

sp 
gray
<デバイス制御で情報漏洩対策 - AssetView>
IT資産管理、ライセンス管理などの法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】をご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、ライセンス管理、セキュリティ対策、名刺管理、リードナーチャリング、FAXサーバー、高精度OCR、マークシート処理などの、法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。IT資産管理、ライセンス管理、名刺管理や営業支援、FAXサーバーやOCRまで、オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
IT資産管理やライセンス管理のことなら
株式会社ハンモックにおまかせください
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation