【リードとは】意味や基本知識、獲得方法まで徹底解説

INDEX

    もっと知りたい! 営業の成約率を高める"お役立ち情報" はコチラ >>

    マーケティングに関わっていると「リード」という言葉をよく聞くと思います。
    とはいえ

    ・リードという言葉を曖昧に使ってしまっている
    ・正直あまりよく知らない

    という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    そこでこの記事では、リードについて知っておくべき基本知識を分かりやすく解説していきたいと思います。
    リードについての基本を押さえたいという方は、最後までお付き合いください。


    リードとは

    はじめにリードとは何を指す言葉なのかについて、お話していきます。

    リードとは

    リードとは、いわゆる見込み顧客のことを指します。
    リードの定義はそれぞれの企業によって変わりますが、大体において以下の条件を満たしている場合にリードと呼ぶことができるでしょう。

    ・自社や自社の提供する製品・サービスに多少の興味を示している
    ・何らかの接点を持っており、アプローチすることができる

    逆に言えば自社について全く知らない顧客層や、自社の提供する製品・サービスに興味がない顧客層はリードとは呼べません。


    リードの分類

    続いてリードの分類について見ていきましょう。

    プロセスによる4つの分類

    リードはプロセスや購買意欲に応じて、いくつかに分類することができます。
    まずはプロセスによる分類についてご紹介します。

    ①Inquiry
    Inquiryとは「問い合わせ」段階にいるリードのことを指します。
    潜在顧客のうち、自社のホームページに訪問した上で、製品やサービスに興味を抱き、資料請求などの問い合わせをしてきた顧客のことです。

    ②MQL
    MQL(Marketing Qualified Lead)は、マーケティング施策で獲得したリードのことです。
    セミナーや展示会、各種Web広告からの獲得は勿論、Inquiryで獲得したリードに様々なコンテンツを提供することで、MQL化させるケースもあります。

    ③SQL
    SQL(Sales Qualified Lead)とは、商談設定や提案といった営業アプローチをかけていく段階にいるリードを指します。
    SQLは獲得方法によって、さらに以下の2つに分けられます。

    ・SGL(Sales Generated Lead)
    営業がTELアポなどのアプローチを通じて直接獲得したリード

    ・SAL(Sales Accepted Lead)
    マーケティング部門が獲得したMQLのうち、後述するリードナーチャリングによってSQL化したリード

    ④Close
    Closeはすでに商談などを終えて、契約を取り交わす段階にいるリードのことです。

    購買意欲による2つの分類

    購買意欲によっても以下の2つに分類することができます。

    ①ホットリード
    ホットリードとは、自社の製品・サービスに対しての関心度が非常に高く、あと一押しすれば購買に至る可能性が高いリードのことです。

    ②コールドリード
    対してコールドリードとは、自社の製品・サービスに対する関心度が低く、購買までまだまだ時間がかかるリードのことを指します。


    リード管理のプロセス

    ここまででリードについて基本的な内容をお話してきました。
    ここからはそのリードを管理していくプロセスについてお話していきたいと思います。

    リード管理とは

    リード管理とは様々な手法を用いてリードを獲得し、獲得したリードに適切なアプローチを実施して情報・データ収集を重ねつつ、購買まで繋げる一連のプロセスのことです。
    リード管理のプロセスには、主に3つのプロセスが存在していますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

    プロセス①:リードジェネレーション

    一つ目のプロセスがリードジェネレーションです。
    リードジェネレーションとは、「見込み顧客の獲得」を意味します。
    自社や自社の製品・サービスをまだ知らない潜在顧客に対して、後ほどご紹介する様々な施策を展開し、購買に至る可能性がある見込み顧客を獲得することを目的としています。

    プロセス②:リードナーチャリング

    続いてはリードナーチャリングと呼ばれるプロセスに入ります。
    リードナーチャリングとは、「見込み顧客の育成」のことです。
    リードジェネレーションで獲得した見込み顧客に対して、情報提供やフォローアップを重ねて、購買意欲を高めていくことを目的とした活動と言えます。

    プロセス③:リードクオリフィケーション

    最後のプロセスがリードクオリフィケーションです。
    リードクオリフィケーションとは、「見込み顧客の選別」を意味します。
    リードナーチャリングで育成してきた見込み顧客のうち、より購買や利用に繋がりそうな見込み顧客を選別するプロセスというわけです。
    リードクオリフィケーションによって選別された見込み顧客は、営業部門に引き継がれることになります。

    customer-563967_1280.jpg

    リードを獲得する方法

    続いてリードを獲得する方法について、ご紹介していきたいと思います。
    ここではそれぞれ簡単に説明するだけに留めておきますので、より詳しく知りたいという方は以下の記事もあわせてお読みください。
    参考記事:【リードジェネレーションとは】代表的な手法と成功のポイント

    リードの獲得方法:アナログ編

    まずはアナログでの獲得方法についてご紹介します。

    ・セミナー
    自社の製品・サービスと関連しつつ、見込み顧客の課題解決のための内容を盛り込んだセミナーを実施することで、見込み顧客の獲得を図ります。

    ・展示会
    展示会の参加者は、展示会のテーマとなる製品やサービスジャンルへの関心度がそもそも高いため、展示会も質の高い見込み顧客を獲得する上で役立ちます。

    ・テレマーケティング
    購入した企業リストなどに記載されている潜在顧客に対して電話をかけて、自社や製品・サービスの紹介を行う方法です。

    ・DM
    DMはデジタル施策のWEB広告などと比べて、記載できる情報量も多いため、内容次第で多くの見込み顧客を獲得できるでしょう。

    リードの獲得方法:デジタル編

    続いてデジタルでの獲得方法について見ていきます。

    ・WEB広告
    検索連動型広告や記事広告などに代表されるWEB広告は、リード獲得において主力となる方法です。

    ・SEO対策
    検索エンジンで検索された際に、上位表示させるためのSEO対策もリード獲得には欠かせないと言えます。

    ・SNS広告
    FacebookやTwitterなどの広告は、先のWEB広告よりも比較的低予算で運用でき、ターゲティングにも優れているため、リード獲得において役立ちます。

    ・ウェビナー
    WEB上で開催するセミナーであれば、場所の制限がなく、幅広いエリアにいる潜在顧客にアプローチすることができます。


    リード獲得のためのポイント

    最後にリードを獲得する上での重要なポイントをいくつかご紹介します。

    リード獲得のポイント①:ターゲットを明確にする

    リード獲得のポイントとしてまず重要なのは「ターゲットの明確化」です。
    どんな見込み顧客を獲得したいかによって、打つべき施策や訴求すべきポイントは異なります。
    ターゲットを決めずに施策を展開してしまうと、結局どの見込み顧客にも響くことなく、ただただ予算と時間を無駄にしてしまうことになりかねません。
    「誰に向けて、何を、どのように」という点をしっかりと考えていくことが、リード獲得において何よりも重要なのです。

    リード獲得のポイント②:複数の施策を組み合わせる

    また複数の施策を組み合わせるという点もポイントになります。
    一つの施策だけで見込み顧客を獲得できるなら、それに越したことはありませんが、現実はそう簡単ではありません。
    「ターゲットがどのように情報収集をしているのか」という仮説を立て、見込み顧客の目に触れる可能性のあるタッチポイントに、同時多発的に施策を展開していく必要があるのです。
    また施策間での繋がりを意識して展開していくことで、シナジー効果を発揮する可能性があるため、しっかりと考えて取り組みましょう。

    リード獲得のポイント③:MAを導入する

    最後のポイントはMAを導入するという点です。
    MAはマーケティング支援ツールと呼ばれ、メルマガの効果測定、セミナーの運用支援といったように、リード獲得に役に立つ機能を豊富に搭載しています。
    またリード獲得に役立つだけに留まらず、ナーチャリングやクオリフィケーションにおいても役立つ顧客行動の分析なども可能です。
    導入にある程度の費用が掛かるという点はありますが、リードを効率よく獲得し、購買まで繋げたいというのであれば、導入を検討してみるべきと言えます。


    まとめ

    今回はリードについて概念や管理プロセスなどについてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。
    当社は名刺管理を軸とした営業支援システムである「ホットプロファイル」を提供しています。
    最後にご紹介したMAの機能も搭載されているため、リード管理やリードの獲得においても、必ずやお役立ていただけると考えています。
    リードを効率的に獲得して、購買まで繋げたいという方は、一度お気軽にお問い合わせください。

    お役立ち資料を
    まとめてダウンロード!
    営業支援や名刺管理に関するお役立ち資料を、
    ダウンロードいただけます!
    今すぐ資料ダウンロード

    人気ランキング

    開催イベント

    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      スタートアップWebセミナー(初期設定/運用管理の基礎)

      導入済みのお客様向け

      参加受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      はじめてのMA運用編

      導入済みのお客様向け

      参加受付中

    オススメのプロダクト

    • AssetsView
      IT資産管理ソフトウェア
      PCの資産管理や情報漏洩対策を強化する、
      機能が選べるIT資産管理ソフトウェア
    • ホットプロファイル
      名刺管理、営業支援ツール
      多忙な営業現場でも継続できる、
      名刺管理とマーケティング機能が一体化した
      SFA・営業支援ツールの決定版
    • AnyForm OCR
      書式を問わないOCRソフト
      これまで実現できなかった、帳票レイアウトが
      非定型な活字帳票に対応できるOCRソフト

    資料ダウンロードアイコン お役立ち資料ダウンロード

    スマホ用バツ印 スマホ用資料ダウンロードアイコン お役立ち資料ダウンロード