【データドリブンとは】意味や具体的なプロセスを簡単に解説

INDEX

    もっと知りたい! 営業の成約率を高める"お役立ち情報" はコチラ >>

    「データドリブンって何?」
    「データドリブンにはどんなメリットがあるの?」
    「データドリブンの具体的なプロセスって?」
    昨今様々な業界において、注目を集めているデータドリブンですが、上記のような疑問を持たれている方もいらっしゃるかと思います。
    そこでこの記事ではデータドリブンとは何かについて、取り組むことによって得られるメリットや注意点を踏まえ解説しつつ、データドリブンマーケティングについてもお話していきます。
    最後に営業やマーケティング領域におけるデータドリブンに役立つツールもご紹介していますので、データドリブンに取り組みたい方は是非最後までお読みください。

    データドリブンとは

    はじめにデータドリブンに関する基本的な内容について解説していきます。

    データドリブンの概要

    データドリブンとは、企業活動を通して得られた様々なデータを活用して、経営やマーケティング、企画といった活動に活かしていく取り組みのことを指します。
    ITやインターネット技術の発展に伴い、顧客に関する様々な情報を取得することが簡単になったことで、現在多くの企業がデータドリブンに取り組み始めていると言えます。

    データドリブンに取り組むメリット

    データドリブンに取り組むメリットとしては、以下の点が挙げられます。

    ・メリット①:顧客ニーズを深く理解できる
    データドリブンに取り組むことで、顧客ニーズを深く理解できるようになります。
    企業活動を通じて得られた顧客に関する情報を分析することで、見込み顧客が何に悩み、どういったことを求めているのか、といったことを高い精度で理解することができるのです。

    ・メリット②:売り上げや利益が向上する
    また売り上げや利益が向上するという効果もあります。
    データドリブンに取り組み、顧客ニーズを深く理解することで、的確なアプローチをすることも可能になり、結果として売り上げや利益が向上するわけです。

    ・メリット③:意思決定の質が向上する
    意思決定の質が向上するという点もメリットと言えます。
    感覚や思い込みなどではなく、根拠のあるデータを基に意思決定することができ、その意思決定の質自体も向上することが見込まれるでしょう。

    データドリブンの注意点

    様々なメリットが得られるデータドリブンですが、取り組みにあたって以下のような注意点もあるので、併せて押さえておきましょう。

    ・注意点①:データ分析スキルとツールが必要
    データドリブンに取り組むには、適切にデータを分析するためのスキルが必要になってきます。
    クラスター分析や因子分析といった、データ分析のフレームワークを活用できる必要があるわけです。
    またそもそものデータ自体を蓄積できるツールがないと、データドリブンに取り組むことはできないので注意が必要でしょう。

    ・注意点②:データを妄信し過ぎない
    スキルもツールもあり、データドリブンに取り組めたとしても、そのデータを妄信し過ぎないことも重要です。
    データは感覚や思い込みと比べて、はるかに根拠のある情報であることには変わりありませんが、データ収集期間や対象、その時の社会状況といった諸要素に左右されます。
    そのためあくまで意思決定の材料の一つとして扱うことが求められるのです。


    データドリブンマーケティングとは

    続いてデータドリブンマーケティングとは何かについて見ていきましょう。

    データドリブンマーケティングの概要

    データドリブンマーケティングとは、マーケティング活動を通じて得た見込み顧客に関するデータを基に、マーケティング施策の検討や実施、改善などを行う手法を指します。
    簡単に言えばマーケティング領域におけるデータドリブンの取り組みのことですね。
    そんなデータドリブンを活用したマーケティングは様々な企業が取り組み始めていますが、なぜ今データドリブンマーケティングが求められているのでしょうか。

    データドリブンマーケティングが求められる背景

    データドリブンが求められている背景としては以下の点が挙げられます。

    ・背景①:顧客ニーズが多様化しているから
    一つ目の背景としては、「顧客ニーズの多様化」が挙げられます。
    需要に供給が追い付いていなかった戦後から高度成長期にかけては、顧客の求める製品やサービスには、そこまで大きな違いはなく、ある一定の範囲内に収まっていました。
    しかし現代はモノやサービスに溢れ、顧客の嗜好やニーズもそれぞれ違っています。
    そういった多様化したニーズに対応するために、データを活用しようという流れが生まれたのです。

    ・背景②:本当に効果のある手法が求められているから
    またマーケティングにおいて本当に効果のある手法が求められていることも背景の一つでしょう。
    限られた予算の中でマーケティング施策を展開するからには、効果が出る方法を厳選して使いたいのはみな同じです。
    そのような状況下で、Web広告などの各マーケティング施策の効果やデータを細かに測定し、検証を重ねることで、効果を高めていくことが求められているというわけですね。

    データドリブンマーケティングで扱う主なデータ

    データドリブンマーケティングで扱うデータとしては、主に以下のようなものが挙げられます。

    ・ブランド認知率
    ・クリック単価(CPC)
    ・コンバージョン率
    ・広告費用対効果(ROAS)
    ・直帰率

    ここではそれぞれの指標について細かく解説することは控えますが、どれもマーケティング施策において重要な指標であることはお分かりいただけるのではないでしょうか。

    artificial-intelligence-g3569b3055_1920.jpg

    データドリブンの具体的なプロセス

    次に、データドリブンの具体的なプロセスについて簡単にご紹介していきます。

    プロセス①:データ収集

    まずはデータを収集することから始まります。
    後ほどご紹介するような様々なツールを通して、顧客に関する情報を集めていきましょう。
    集めたいデータによって活用するツールは当然違ってくるので、その点は注意してください。

    プロセス②:データ分析

    次に得られたデータを分析します。
    様々な角度から分析を実施することによって、得られる示唆の幅も広がるでしょう。
    データ分析の手法については、因子分析やクラスター分析、回帰分析など様々なものがあるので、目的に照らし合わせて使い分けていくことになります。

    プロセス③:分析結果から示唆を得る

    データは分析して終わりではなく、そこから何らかの示唆を得る必要があります。
    具体的なアクションに繋がるアイデアを得るために、分析したデータを確認していきましょう。

    プロセス④:示唆を基に計画を策定し、実行

    最後に示唆を基にして、計画を策定します。
    策定した後はその計画を実行した上で、効果や結果などもデータとして収集し、改めてデータ分析プロセスへと繋いでいきます。
    つまりプロセス①~④をずっと回していく形になるのです。


    データドリブンに活用できるツール

    最後にデータドリブンに活用できるツールをいくつかご紹介します。

    ツール①:Web解析ツール

    一つ目はWeb解析ツールです。
    Webユーザーの行動を解析するために活用でき、Googleアナリティクスなどが代表例として挙げられます。
    顧客情報の内、Web上で獲得できる情報にはニーズに直結するような貴重な情報が含まれているため、Web解析ツールはデータドリブンにおいて役立つツールと言えるでしょう。

    ツール②:MA

    またMAもデータドリブン、とくにデータドリブンマーケティングにおいては欠かせないツールと言えます。
    MAを活用することで、Web広告やメルマガなどのマーケティング施策の効果を検証することができるため、それを基にさらに改善していくことが可能になるのです。

    ツール③:BIツール

    BIツールもデータドリブンに役立ちます。
    BIツールとはBusiness Intelligenceの略で、企業が持つ様々なデータを分析・可視化できるツールのことです。
    企業の基幹システムなどと連携することで、様々なデータを吸い上げ分析することができるため、データドリブンのためのツールとも言えるでしょう。


    まとめ

    今回はデータドリブンとは何かについて、お話してきましたがいかがでしたか。
    当社は最後にご紹介したMA機能を搭載しているセールスDX推進ツール「ホットプロファイル」を、様々な企業様に提供しております。
    名刺管理機能やCRM、SFAとしての側面もあるので、顧客に関する情報の収集や管理も効率的に行え、そのまま分析に繋げていただくことも可能です。
    営業領域やマーケティング領域におけるデータドリブンに取り組みたいという方は、是非一度お気軽にお問い合わせください。

    お役立ち資料

    • 市場調査レポート

      【営業管理ツールの利用実態調査】約5割の営業管理職が「Excelで管理している」と回答。そのうち約8割がExcel管理に課題を認識 「複数人で利用しづらい」「最新版がどこにあるかわからない」など課題が挙がるも、「Excel」以外のツール導入が進んでいない実態が明らかに

      資料ダウンロード
    • お役立ち資料

      営巣組織を強くするノウハウ
      テレワーク対応営業マネジメントの『コツ』

      資料ダウンロード
    • 製品概要

      3分でわかるホットプロファイル

      資料ダウンロード

    ランキング

    開催イベント

    • 3分で500社に飛び込み営業ができる!新規取引先拡大から売上UPまでの最新営業手法

      オンライン配信

      12/15(木)17:00~17:30

      【関西/製造業様向け】3分で500社に飛び込み営業ができる!新規取引先拡大から売上UPまでの"最新"営業手法

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • 3分で500社に飛び込み営業ができる!新規取引先拡大から売上UPまでの最新営業手法

      オンライン配信

      12/15(木)17:00~17:30

      【中部/製造業様向け】3分で500社に飛び込み営業ができる!新規取引先拡大から売上UPまでの"最新"営業手法

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • 3分で500社に飛び込み営業ができる!新規取引先拡大から売上UPまでの最新営業手法

      オンライン配信

      12/9(金)12:10~12:40

      3分で500社に飛び込み営業ができる!新規取引先拡大から売上UPまでの"最新"営業手法

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • <管理者様向け>1から学べる名刺管理~基本編~

      アーカイブ配信

      常時開催

      <管理者様向け>1から学べる名刺管理~基本編~

      導入済みのお客様向け

      お申込み受付中
    • <ユーザー様向け>1から学べる名刺管理~基本編~

      アーカイブ配信

      常時開催

      <ユーザー様向け>1から学べる名刺管理~基本編~

      導入済みのお客様向け

      お申込み受付中
    • 「流通・金融・製造 業界向け」 営業DX 事例セミナー アーカイブ

      アーカイブ配信

      常時開催

      「流通・金融・製造 業界向け」
      営業DX 事例セミナー アーカイブ

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      製造業向け!「顧客軸データ可視化」で生みだす
      成果が上がるセールスDXの解

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      はじめてのMA運用編

      導入済みのお客様向け

      お申込み受付中

    ハンモックのプロダクト

    • AssetsView
      IT統合管理ソフトウェア
      PCの資産管理や情報漏洩対策を強化する、
      機能が選べるIT統合管理ソフトウェア
    • ホットプロファイル
      名刺管理、営業支援ツール
      名刺管理とマーケティング機能が一体化した
      SFA・営業支援ツールの決定版
    • ホットアプローチ
      フォーム営業ツール
      法人の新規開拓営業に必要な営業先リストと
      自動営業方法をセットにした営業支援サービス
    • AnyForm OCR
      書式を問わないOCRソフト
      これまで実現できなかった、帳票レイアウトが
      非定型な活字帳票に対応できるOCRソフト
    • WOZE
      クラウド型データエントリーサービス
      業界最安値で正確かつ迅速に、あらゆる書類をデータ化

    資料一覧はこちら