オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンのメリットや具体例を解説

INDEX

    オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンという二つの質問方法。
    あなたは営業の現場で活用できていますか?
    この記事では、オープンクエスチョン、クローズドクエスチョンそれぞれの基本的な意味やメリットに加え、具体例や有効なケース、使いこなすためのポイントなどを解説しています。
    営業現場で二つの質問を効果的に活用したいという方は、是非ご一読ください。


    オープンクエスチョンとは

    まずはオープンクエスチョンとはどういった意味の質問なのか、といった概要についてお話してきましょう。

    オープンクエスチョンとは

    オープンクエスチョンとは、回答者の回答範囲に制限を持たせず、自由に答えてもらうために行う質問のことを指します。
    例えば
    ・この絵をみてどう思いましたか?
    ・どんな映画が好きですか?
    といった質問が挙げられますね。

    オープンクエスチョンのメリット

    オープンクエスチョンには以下のようなメリットがあります。

    ・メリット①:回答者が自由に答えられる
    オープンクエスチョンの最大のメリットは「回答者が自由に答えられる」という点です。
    「どう思いますか」「何が好きですか?」といった形で、回答に幅を持たせる形で質問を行うため、回答者が自分の考えや気持ちを自由に話すことができます。

    ・メリット②:多くの情報を引き出せる
    回答者が自由に回答できるということは、質問者にとってもより多くの情報を引き出せるということです。
    オープンクエスチョンを行うことで必要な情報は勿論、こちらが想定していなかった情報まで引き出せる可能性もあります。

    ・メリット③:会話を繋げやすい
    また会話を繋げやすいという点も見逃せません。
    回答者が自分の気持ちや考えを自由に答え、質問者がその答えをさらに深堀したり、別の質問に繋げたりと、会話を繋げやすいのも特徴と言えます。

    オープンクエスチョンのデメリット

    ここまでメリットについて述べてきましたが、デメリットも併せて確認しておきましょう。

    ・デメリット①:回答者の心理的負担が大きい
    自由に回答できるからこそ、「どういった回答をしようか...」といったように、考える時間がある程度必要になります。
    その分回答への心理的な負担がかかってしまうので注意しましょう。

    ・デメリット②:想定外の方向に会話が逸れる可能性がある
    また回答者の答え次第で、想定外の方向に会話が逸れてしまうことも往々にしてあります
    結果として、打ち合わせやヒアリングの時間が余分にかかってしまう可能性もあるのです。

    ・デメリット③:信頼関係によって回答の質が変わるケースがある
    また回答者との関係性によっては、本音を言ってくれなかったり、適当にしか答えてくれなかったりというケースが少なからずあるでしょう。
    そのためオープンクエスチョンを活用するには、信頼関係構築が先に必要になる場合があるのです。


    オープンクエスチョンの具体例と有効なケース

    次に営業現場におけるオープンクエスチョンの具体例や有効なケースについて、簡単にご紹介しておきます。

    オープンクエスチョンの具体例

    まずは具体例をいくつかご紹介しますので、実際の活用時の参考にしてみてください。
    ・現在お使いのサービスについて、どういった点にご不満を感じておられますか?
    ・当社のサービスの中で、今のところどれに一番興味をお持ちですか?
    ・こちらの製品を評価してくださった理由は何でしょうか?
    ・もし一つ追加の機能を加えるとしたら、どのような機能がご希望ですか?
    ・今一番解決したいお困りごとは何でしょうか?

    オープンクエスチョンの有効なケース

    上記の具体例からも分かる通り、オープンクエスチョンは回答者の気持ちや考えを深堀していくケースに対して、特に有効な質問方法と言えます。
    そのため営業現場においては、顧客訪問後のヒアリングを中心に活用できるでしょう。

    お役立ち資料! "オンライン商談 コミュニケーションの『コツ』" はコチラ >>

    question-mark-1872634_1920.jpg

    クローズドクエスチョンとは

    ここからはクローズドクエスチョンについてお話していきましょう。

    クローズドクエスチョンとは

    クローズドクエスチョンとは、回答者が自由に回答できるオープンクエスチョンに対して、「Yes/No」という形での回答を求める質問方法です。
    例えば、
    ・この本は好きですか?
    ・昨日はよく眠れましたか?
    といった質問はクローズドクエスチョンと言えます。

    クローズドクエスチョンのメリット

    クローズドクエスチョンには以下のようなメリットがあります。

    ・メリット①:回答者が答えやすい
    クローズドクエスチョンは、基本的に「Yes」か「No」で回答できる質問になっています。
    そのため回答者にとっても答えやすいというメリットがあります。

    ・メリット②:回答を素早くもらえる
    回答者が答えやすいということは、それだけ回答を素早くもらえるということでもあります。
    回答を素早くもらうことで、会話をテンポよく進めることができるという点はメリットと言えるでしょう。

    ・メリット③:コミットメントを得ることができる
    またコミットメントを得ることができるという点もメリットとして挙げられますね。
    「~を利用されますか?試してみますか?」などの質問を行うことで、相手の決断を促すことができます。

    クローズドクエスチョンのデメリット

    クローズドクエスチョンのデメリットも忘れずに押さえておきましょう。

    ・デメリット①:尋問されているような印象を与えかねない
    クローズドクエスチョンを必要以上に繰り返してしまうと、相手に「尋問されているような感じ」といったネガティブな印象を与えかねません。

    ・デメリット②:会話を繋げにくい
    クローズドクエスチョンは「質問⇒Yes/No」という形式であるため、それだけで会話が完結する特性があります。
    そのため回答を深堀したり、次の会話に繋げたりしにくいのです。


    クローズドクエスチョンの具体例と有効なケース

    クローズドクエスチョンも営業現場での具体例や有効なケースを見ておきましょう。

    クローズドクエスチョンの具体例

    営業現場でよく見られるクローズドクエスチョンの例をご紹介しますので、こちらも参考にしていただければと思います。
    ・顧客管理の方法で、お悩みになっていませんか?
    ・事例をいくつかご紹介させていただいてもよろしいでしょうか?
    ・今説明させていただいた内容の中で、気になる点はございますか?
    ・「製品・サービス名」をご利用されますか?
    ・一度お試しになりませんか?

    クローズドクエスチョンが有効なケース

    クローズドクエスチョンは、オープンクエスチョンとは異なり、回答者の意思やスタンスをハッキリさせるために活用する質問です。
    そのため商談においては、開始時の掴みや導入に加え、クロージング時にも役立つでしょう。


    それぞれの質問を使いこなすポイント

    最後にそれぞれの質問を使いこなすポイントについて、お話しておきたいと思います。

    ポイント①:会話の流れを意識する

    まず一つ目のポイントは会話の流れを意識するという点です。
    オープンクエスチョンやクローズドクエスチョンを活用しようとするあまり、会話の流れがぎこちなくなってしまっては本末転倒です。
    あくまで回答者が話しやすいように、「会話全体に良いリズム・流れを持たせつつ、活用していく」ということが重要になります。

    ポイント②:両方の質問を織り交ぜる

    会話全体に良いリズム・流れを持たせるには、両方の質問を織り交ぜることが重要です。
    オープンクエスチョンもクローズドクエスチョンも、どちらか一方だけを連続で活用してしまうと、回答者の心理的な負荷が増えてしまいます。
    そのため比較的答えやすいクローズドクエスチョンで会話のきっかけを掴み、オープンクエスチョンを中心に相手の回答を深堀しつつ、最後に改めてクローズドクエスチョンで締めくくるといったように、双方を織り交ぜることがポイントになるのです。


    まとめ

    今回はオープンクエスチョンとクローズドクエスチョンをテーマにお話してきました。
    オープンクエスチョンもクローズドクエスチョンも、営業のヒアリングやクロージングのシーンにおいて、非常に役に立つ質問方法です。
    是非この記事を参考にして、実際のトークに活用してみてください。
    また当社は顧客情報を管理できる機能を搭載した営業支援システム「ホットプロファイル」を、多くの企業様に提供させていただいております。
    ヒアリングや質問によって得た貴重な顧客情報は、的確に管理・分析することで、営業成果の向上に役立てることができます。
    もし少しでも興味がある方は、是非お気軽にご連絡ください。

    お役立ち資料! "オンライン商談 コミュニケーションの『コツ』" はコチラ >>

    お役立ち資料

    • 市場調査レポート

      【営業管理ツールの利用実態調査】約5割の営業管理職が「Excelで管理している」と回答。そのうち約8割がExcel管理に課題を認識 「複数人で利用しづらい」「最新版がどこにあるかわからない」など課題が挙がるも、「Excel」以外のツール導入が進んでいない実態が明らかに

      資料ダウンロード
    • お役立ち資料

      営巣組織を強くするノウハウ
      テレワーク対応営業マネジメントの『コツ』

      資料ダウンロード
    • 製品概要

      3分でわかるホットプロファイル

      資料ダウンロード

    ランキング

    開催イベント

    • 営業データの可視化で実現する効率的な商談分析

      オンライン配信

      7/26(月)12:00~12:30

      営業データの可視化で実現する効率的な商談分析

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • IT導入補助金を活用して最大150万円得するCRM/SFA導入

      アーカイブ配信

      常時開催

      IT導入補助金を活用して最大150万円得するCRM/SFA導入

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • 顧客情報のデータベース化から始めるSFA活用のコツ!

      アーカイブ配信

      常時開催

      顧客情報のデータベース化から始めるSFA活用のコツ!

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • 【新機能登場】蓄積した営業情報からアプローチ先を自動提案!

      アーカイブ配信

      常時開催

      【新機能登場】蓄積した営業情報からアプローチ先を自動提案!

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • 株式会社城山 神吉様が語る、営業データの効果的な可視化・分析手法

      アーカイブ配信

      常時開催

      株式会社城山 神吉様が語る
      営業データの効果的な可視化・分析手法

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • 【展示会活用】イベントの集客から開催後のフォローまで

      アーカイブ配信

      常時開催

      【展示会活用】イベントの集客から開催後のフォローまで

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • 【新機能登場】SFAで実現化する営業活動のDX化

      アーカイブ配信

      常時開催

      【新機能登場】SFAで実現化する営業活動のDX化

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • 「流通・金融・製造 業界向け」 営業DX 事例セミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      「流通・金融・製造 業界向け」
      営業DX 事例セミナー

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      製造業向け!「顧客軸データ可視化」で生みだす
      成果が上がるセールスDXの解

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中

    ハンモックのプロダクト

    • AssetsView Cloud
      IT統合管理ソフトウェア(クラウド)
      VPN不要で、働き方に問わず
      様々な環境下にある端末を一元管理
    • ホットプロファイル
      名刺管理、営業支援ツール
      名刺管理とマーケティング機能が一体化した
      SFA・営業支援ツールの決定版
    • WOZE
      クラウド型データエントリーサービス
      業界最安値で正確かつ迅速に、あらゆる書類をデータ化
    • AssetsView
      IT統合管理ソフトウェア(オンプレミス)
      PCの資産管理や情報漏洩対策を強化する、
      機能が選べるIT統合管理ソフトウェア
    • ホットアプローチ
      フォーム営業ツール
      法人の新規開拓営業に必要な営業先リストと
      自動営業方法をセットにした営業支援サービス
    • AnyForm OCR
      書式を問わないOCRソフト
      これまで実現できなかった、帳票レイアウトが
      非定型な活字帳票に対応できるOCRソフト

    資料一覧はこちら