【マーケティングファネル分析】基本知識やツールなどをご紹介

INDEX

    もっと知りたい! 営業の成約率を高める"お役立ち情報" はコチラ >>

    「マーケティングファネルとは何か知りたい」
    「ファネル分析について基本的な知識を得たい」
    この記事は上記のような方向けに、マーケティングにおけるファネル分析の基本的な知識やポイント、役立つツールなどを解説しています。
    ファネル分析について基本を押さえたいという方は是非ご一読ください。


    ファネル分析とは

    まずはファネル分析に関する基本的な知識を押さえておきましょう。

    マーケティングにおけるファネルとは

    マーケティングファネルとは、以下のように消費者が認知から購入に至るまでの行動を「漏斗(ろうと)」の形で図示化したものです。

    図1.png
    図1.マーケティングファネル

    ファネル分析とは

    ファネル分析とは上図のように、消費者の購買行動プロセスを分解して、それぞれのプロセスにおけるCV(成果)ポイントに繋がる行動や、CVに至らなかった顧客の行動などを分析する手法です。
    ファネル分析を行うことにより

    ・消費者の購買行動プロセスのどこに課題があって、購買に繋がっていないのか
    ・購買行動プロセスのどこを改善するべきか

    といった点を検討できます。


    ファネルの種類

    続いて、ファネル分析で用いるファネルの種類についてご紹介します。

    ファネルの種類①:パーチェスファネル

    一つ目にご紹介するファネルは「パーチェスファネル」です。
    先程図で示したファネルもパーチェスファネルの一種で、認知から購買に至るまでを表した最も一般的に知られている形でしょう。
    元々はアメリカの著作家サミュエル・ローランド・ホールが提唱した、「AIDMA」という購買プロセスモデルを基にしてできた概念です。
    AIDMAでは、消費者が購買に至るまでのプロセスを

    ・Attention:注意
    ・Interest:興味・関心
    ・Desire:欲求
    ・Memory:記憶
    ・Action:行動

    の5つの段階に分けます。
    またAttentionを認知段階、Interest・Desire・Memoryを感情段階、Actionを行動段階と分類する見方もあります。
    このAIDMAの各段階を経るごとに、徐々に顧客数が絞り込まれていくことを図示することで生まれたものが、パーチェスファネルというわけです。

    ファネルの種類②:インフルエンスファネル

    インフルエンスファネルとは、先のパーチェスファネルの後のプロセス、つまり購買後の行動プロセスを表したファネルのことです。
    図で示すと以下のようになります。

    図2.png
    図2.インフルエンスファネル

    インターネットやSNSなどの発展に伴い、企業側だけでなく消費者側の発信力や影響力の高まりに応じて生まれたファネルと言えるでしょう。
    消費者が購買を経験した後、その製品・サービスに満足すれば継続的に利用するようになり(リピート)、さらに自分の知り合いや友人に勧めるようになります。
    さらに消費者側のロイヤルティが高まることで、消費者自らがSNSなどを通して製品・サービスの魅力を発信してくれる、という流れを図示化しているわけですね。

    ファネルの種類③:ダブルファネル

    最後にご紹介するファネルは「ダブルファネル」です。
    ダブルファネルとは、先にご紹介しているパーチェスファネルとインフルエンスファネルを組み合わせたファネルと言え、図として示すと以下のようになります。

    図3.png
    図3.ダブルファネル

    現代のマーケティングにおいて「消費者が購買してくれたら終わり」という考えは通用しません。
    購買までの適切なプロセスを考えるだけでなく、購買してくれた消費者のロイヤルティを高め、他社へのスイッチを防ぎつつ、アンバサダーとしてマーケティング活動のサポートもしてもらえるようにすることが重要なのです。
    そのためにパーチェスファネルとインフルエンスファネル双方を組み合わせた「ダブルファネル」という概念が生み出されました。

    ファネル分析で得られるメリット

    次にファネル分析に取り組むことで得られるメリットについてお話してきましょう。

    ファネル分析のメリット①:顧客の離脱ポイントがわかる

    一つ目のメリットが「顧客の離脱ポイントがわかる」という点です。
    ファネル分析によってプロセスを進むごとに、どれくらいの顧客が減っていっているかが把握できるため、購買プロセスのどこに問題があるのかを理解しやすくなります。
    例えば、認知段階から購買まで以下のように変遷したとします。

    認知段階:100人
    興味関心段階:80人
    情報収集:30人
    比較検討:15人
    購買:7人

    その場合の各プロセスのCVRは以下のようになります。

    図4.png
    図4.各プロセスのCVR

    この時赤字で示している「興味・関心⇒情報収集」に至るCVRは、通常の流れから見ると明らかに大きく見込み顧客数が減っていることが見て取れますよね。
    そこで「興味・関心段階にいる顧客に対してのアプローチ方法に課題があるのでは」といったように、精度の高い仮説を立てることもできるというわけです。

    ファネル分析のメリット②:効率的にCVRを高められる

    またどのプロセスを優先的に改善すべきかを高い精度で把握することができるため、非常に効率よくCVRが高められる点も見逃せません。
    全てのプロセスに多かれ少なかれ改善点は潜んでいるものですが、改善するには時間や工数がかかってしまいます。
    そのため「アレもコレも」と対応していると、どれも中途半端になってしまいかねません。
    ファネル分析を通して、成果に対する影響度の高いポイントを見極め、優先順位をはっきりさせて、順番に対応していくことこそ一番の近道と言えるでしょう。


    ファネル分析の活用ポイント

    次にファネル分析を上手く活用するためのポイントをご紹介します。

    活用ポイント①:ペルソナを設定する

    ファネル分析を有効に活用するポイントとして、ペルソナを設定することが挙げられます。
    ファネル分析で明らかになった課題の解決施策を検討するには、ターゲットとする顧客が「各プロセスによってどんなお困りごとやニーズがあるのか、どういう情報を欲しているのか」という点を理解しなければなりません。
    そこで役に立つのがペルソナです。
    ペルソナとは商品やサービス提供のターゲットとなる具体的な人物像のことを指します。
    「20~40代の女性」といったざっくりとした人物像ではなく

    ・25歳
    ・営業事務の仕事をしているOL
    ・SNSをこよなく愛し、InstagramやTiktokなどを中心に積極的に利用している
    ・趣味はカフェ巡り

    といったように年齢や性別などの基本情報に加え、趣味や情報収集傾向などの要素も加えて、本当に存在するかのような人物像を作るわけですね。
    ペルソナを作ることで、各プロセスでペルソナがどんな情報を欲しているのかといった点を検討しやすくなるため、是非活用してください。

    活用ポイント②:自社に適したプロセスを設定する

    二つ目のポイントは「自社に適したプロセスを設定する」という点です。
    今回それぞれ図示したプロセスは代表的な内容ではありますが、業種によってはプロセスが異なることも往々にしてあるはず。
    そのため代表的なプロセスに無理やり当てはめるのではなく、自社のビジネスモデルに合わせたプロセスを設定することが重要になります。
    先程ご紹介したAIDMAの他にも、代表的なモデルをいくつか記載しておきますので、参考にしてみてください。

    ・AISASモデル
    Attention/注意、Interest/興味関心、Search/検索、Action/行動、Share/共有

    ・SIPSモデル
    Sympathy/共感、Identify/確認、Participate/参加する、Share&Spread/共有・拡散

    ・VISASモデル
    Viral/口コミ、Influence/影響、Sympathy/共感、Action/行動、Share/共有


    ファネル分析に役立つツール

    最後にファネル分析に役立つツールをご紹介したいと思います。

    オススメツール①:Googleアナリティクス

    一つ目にご紹介するのはGoogleアナリティクスです。
    Googleが提供する無料のアクセス解析ツールで、WEBサイトの流入数やチャネル、閲覧時間などを確認することができます。
    WEBサイトで見込み顧客向けの情報を提供している場合、効果検証などに重宝します。

    オススメツール②:MAツール

    二つ目のオススメツールはMAツールです。
    MAとはMarketing Automationの略で、マーケティング支援ツールとも呼ばれています。
    MAツールを導入することで、広告やメルマガなどの運用支援・効果測定などの機能を使用することができるため、各プロセスにおけるマーケティング施策の効果検証や仮説構築に非常に有用なのです。


    まとめ

    今回はマーケティングにおけるファネル分析についてお話してきましたがいかがでしたか。
    当社は最後にご紹介したMAツールの機能を搭載した、「ホットプロファイル」という営業支援システムを企業様に提供しております。
    本文中でご紹介したファネル分析に役立つ機能だけでなく、マーケティング活動全体の成果を高めるための様々な機能を搭載しておりますので、ご興味ありましたら是非お問い合わせください。
    マーケティングなら、
    名刺管理ソフト・営業支援システム
    ホットプロファイル
    効率の悪い営業手法に課題を感じている 営業管理者様、営業企画担当者様へ。
    『ホットプロファイル』は、「現場主義」で使いやすさにこだわった名刺管理、営業支援ツールです。
    今すぐ資料ダウンロード

    人気ランキング

    開催イベント

    • 新機能&バージョンアップセミナー

      オンライン配信

      12/17(金)16:30~17:30

      施行目前!改正個人情報保護法対策セミナー

      ご検討中のお客様向け

      参加受付中
    • 新機能&バージョンアップセミナー

      オンライン配信

      12/17(金)12:00~12:30

      ホットプロファイル新機能&バージョンアップ内容のご紹介

      導入済みのお客様向け

      参加受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      11/18(水)~ 12/28(火)

      3ヶ月で成果がでる!今始めるべき営業部門におけるDXとは?

      ご検討中のお客様向け

      参加受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      スタートアップWebセミナー(初期設定/運用管理の基礎)

      導入済みのお客様向け

      参加受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      はじめてのMA運用編

      導入済みのお客様向け

      参加受付中

    オススメのプロダクト

    • AssetsView
      IT資産管理ソフトウェア
      PCの資産管理や情報漏洩対策を強化する、
      機能が選べるIT資産管理ソフトウェア
    • ホットプロファイル
      名刺管理、営業支援ツール
      多忙な営業現場でも継続できる、
      名刺管理とマーケティング機能が一体化した
      SFA・営業支援ツールの決定版
    • AnyForm OCR
      書式を問わないOCRソフト
      これまで実現できなかった、帳票レイアウトが
      非定型な活字帳票に対応できるOCRソフト

    資料ダウンロードアイコン お役立ち資料ダウンロード

    スマホ用バツ印 スマホ用資料ダウンロードアイコン お役立ち資料ダウンロード