【ファイブフォース分析の基本】やり方や注意点まで簡単解説

INDEX

    もっと知りたい! 営業の成約率を高める"お役立ち情報" はコチラ >>

    ・ファイブフォース分析とはどのような分析なのか
    ・ファイブフォース分析にはどのようなメリットがあるのか
    ・ファイブフォース分析に取り組む際の注意点は
    この記事では上記のような点を押さえたいという方に向けて、ファイブフォース分析の概要やメリットを踏まえ、やり方や注意点についても解説していきます。
    ファイブフォース分析の基本を知りたい方は、是非最後までお読みください。


    ファイブフォース分析とは

    まずはファイブフォース分析の概要からお話していきましょう。

    ファイブフォース分析とは

    ファイブフォース分析とは、経営分析のためのフレームワークの一つで、競争戦略の第一人者として知られるマイケル・ポーター氏が提唱しました。
    ファイブフォース分析の目的は業界の収益構造を分析することにあります。
    具体的には競合要因をファイブフォースと呼ばれる5つの要因に分類して、自社の競争上の優位性を導きだしていくわけです。
    3C分析やPEST分析と同様に、環境や現状を分析する際に用いられ、ここで得られた情報を基に戦略などを立案していくことになるでしょう。

    ファイブフォース分析で扱う5つの要因

    ファイブフォース分析における5つの要因は以下の通りです。

    ・要因①:既存の競合他社
    一つ目の要因は既存の競合他社です。
    現在の市場における既存企業同士の競争力の関係などを分析していくことになります。
    現在の市場において直接的な競争関係にある競合他社との力関係を示しており、競合他社のブランド力や製品力、営業力などの要素や、市場シェアなどを含めて確認していくことになるでしょう。

    ・要因②:新規参入業者
    二つ目に挙げられるのは新規参入業者です。
    新たに市場に参入してくる業者の脅威度などを把握していきます。
    一つの市場におけるプレイヤーが変わらないということはまずなく、どのような業界でも新たに市場に参入してくる企業は一定数いるわけです。
    そのため参入障壁の高低は勿論、新規参入業者の強みなども入念に確認していく必要があるでしょう。

    ・要因③:代替品
    次に挙げられるのは代替品という要因です。
    自社の提供している製品・サービスが満たしている顧客のニーズを、別の形で満たすことが可能な代替品についても分析します。
    例えば「暇をつぶしたい」というニーズに対して、アクティビティサービスを提供している場合、同じく暇をつぶすことができる「ゲーム」や「SNS」に対しても、アンテナを張っておくべきということです。

    ・要因④:売り手の交渉力
    続いての要因としては、「売り手の交渉力」が挙げられます。
    原材料や部品などの供給業者の交渉力も要因となりうるわけです。
    例えば自社が家電メーカーであれば、製品を開発する際に、様々な部品や材料が必要になりますが、これらはまた別の材料・部品メーカーなどから買うことになります。
    その際どれくらいの値段で仕入れたかによって、自社の利益率に大きく影響が出てくることになるのです。

    ・要因⑤:買い手の交渉力
    最後の要因は「買い手の交渉力」です。
    自社製品・サービスを購入する顧客側の交渉力も対象となります。
    供給業者からの仕入れ価格だけでなく、実際に自社の製品・サービスを顧客に売り込む際に、どれくらいの値段で売れるのかによっても収益性は大きく異なります。
    自社の収益を挙げようと値段を闇雲に上げれば、他社にスイッチされますし、逆に値段を下げ過ぎれば自社の収益を圧迫する形になるため、しっかりと検討しなければならないのです。

    ・ファイブフォース分析を表すには
    これら5つを表すものとして以下のように図示されることが多いので、念のため確認しておきましょう。

    図1.png
    図:ファイブフォース分析

    ファイブフォース分析のメリット

    続いてファイブフォース分析のメリットについて確認していきましょう。

    メリット①:現状を整理できる

    一つ目のメリットは「現状を整理できる」という点です。
    ファイブフォース分析に取り組むことで、自社や自社を取り巻く環境について分かりやすく整理することができます。
    自社の強みや課題などを競合他社や市場環境を踏まえた上で把握できるため、戦略立案における材料として活用することが可能となるのです。

    メリット②:クリティカルな課題を把握しやすい

    またクリティカルな課題を把握しやすいという点も挙げられます。
    5つの要因にフォーカスして分析していくことで、要因毎に課題を整理していくことができます。
    その上でより自社の収益性向上や競争優位の確保にあたって、より影響度の高いものは何かを考えていくわけです。
    これによりどの要因に対して、どのようにテコ入れすべきかを考える起点として使えるでしょう。

    メリット③:参入や撤退などの判断をしやすい

    参入や撤退などの判断をしやすいという点もメリットでしょう。
    市場の収益構造を把握できるため、新規参入を検討する際や既存市場から撤退するかどうかの判断をする際にも大いに役立ちます。
    なんとなく参入する、どこに課題があるかわからないけど撤退する、といったような曖昧な経営判断をしないためにも、適切に実施していくとよいでしょう。


    ファイブフォース分析のやり方

    ここからはファイブフォース分析のやり方について簡単にご紹介していきます。

    ステップ①:各要因における情報を整理する

    まず各要因における情報を集約し整理するところから始めましょう。
    ・現在の仕入れ価格
    ・現在の販売価格
    ・新たに参入してきた企業の特徴
    ・現在の競合の強みや弱み、製品品質などの特徴
    ・代替品となるサービスにはどのようなものがあり、どういったメリットがあるのか
    といった現状に関するものを抽出し、各要因にプロットしていくことになります。

    ステップ②:どの要因に対してどうアプローチすべきか考える

    各要因における情報が整理できた後は、どの要因にどうアプローチすべきかを考えていきます。
    つまり自社の収益を改善する上で、
    ・最も影響度が高くなるのはどこか
    ・脅威度の高い所はどこか
    などを考えていくわけです。
    その上でどのようにその改善点に対して、策を講じていくのかを考えることになります。


    ファイブフォース分析の注意点

    最後にファイブフォース分析の注意点についても、押さえておきましょう。

    注意点①:あくまで現状整理をするもの

    ファイブフォース分析はあくまで現状を整理するためのもので、戦略立案に直接的に繋がるものではありません。
    ファイブフォース分析を実施することで把握できた現状に対して、どのような打ち手を取っていくのかは、また別途考える必要があるわけです。
    実施したからと言って、新たなアイデアが湧き出てくるといったものではなく、あくまで現在の収益構造を把握するのみである点は留意しておきましょう。

    注意点②:ゼロサムゲームを前提としている

    またファイブフォース分析はゼロサムゲームを前提としており、現代の市場における有効な戦略策定においては、やや時代遅れであるという点にも注意が必要です。
    ファイブフォース分析は1980年に出版された「競争の戦略」において、マイケル・ポーター氏が提唱したものであり、当時の市場環境を基に考えられています。
    1980年代における市場は、競合他社と一つのパイを奪い合うというゼロサムゲームが当たり前でした。
    しかし現在においては、供給業者や顧客とともに新たな価値を共創することや、競合他社とも連携を図るオープンイノベーションなどが重要な戦略課題となっています。
    そういった背景の中においては、ファイブフォース分析があまり意味をなさないケースがあり、あらゆるケースに適応できるものではない点は押さえておくべきでしょう。


    まとめ

    今回はファイブフォース分析についてお話してきましたが、いかがでしたか。
    ファイブフォース分析は、事業を展開している業界や市場における収益構造を把握するのに役立つフレームワークであるため、状況によっては戦略立案のための材料としても利用できます。
    ファイブフォース分析では顧客に関する情報も分析対象となり、ここでどれだけ詳細な情報を管理できているかで分析の精度が変わることは言うまでもありません。
    当社はそういった顧客情報の管理や分析に役立つ機能を豊富に搭載している、セールスDX推進ツール「ホットプロファイル」を提供しております。
    顧客に関する基本情報の管理は勿論、顧客の行動分析やこれまでの購買履歴なども把握できるので、ファイブフォース分析に取り組む上でもお役立ていただけるでしょう。
    少しでもご興味ありましたら、是非一度お気軽にお問い合わせください。
    お役立ち資料を
    まとめてダウンロード!
    営業支援や名刺管理に関するお役立ち資料を、
    ダウンロードいただけます!
    今すぐ資料ダウンロード

    人気ランキング

    開催イベント

    • <最新バージョン>ホットプロファイル新機能&バージョンアップ内容のご紹介

      オンライン配信

      7/13(水)10:30~11:00

      <最新バージョン>ホットプロファイル新機能&バージョンアップ内容のご紹介

      導入済みのお客様向け

      お申込み受付中
    • 「流通・金融・製造 業界向け」 営業DX 事例セミナー アーカイブ

      アーカイブ配信

      常時開催

      「流通・金融・製造 業界向け」
      営業DX 事例セミナー アーカイブ

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      競争優位の確保に営業部門のDXは必須!
      「セールスDX」実現のポイントとは

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      製造業向け!「顧客軸データ可視化」で生みだす
      成果が上がるセールスDXの解

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      スタートアップWebセミナー(初期設定/運用管理の基礎)

      導入済みのお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      はじめてのMA運用編

      導入済みのお客様向け

      お申込み受付中

    オススメのプロダクト

    • AssetsView
      IT資産管理ソフトウェア
      PCの資産管理や情報漏洩対策を強化する、
      機能が選べるIT資産管理ソフトウェア
    • ホットプロファイル
      名刺管理、営業支援ツール
      名刺管理とマーケティング機能が一体化した
      SFA・営業支援ツールの決定版
    • ホットアプローチ
      フォーム営業ツール
      法人の新規開拓営業に必要な営業先リストと
      自動営業方法をセットにした営業支援サービス
    • AnyForm OCR
      書式を問わないOCRソフト
      これまで実現できなかった、帳票レイアウトが
      非定型な活字帳票に対応できるOCRソフト
    • WOZE
      クラウド型データエントリーサービス
      業界最安値で正確かつ迅速に、あらゆる書類をデータ化

    資料ダウンロードアイコン お役立ち資料ダウンロード

    スマホ用バツ印 スマホ用資料ダウンロードアイコン お役立ち資料ダウンロード