【役職一覧】一般的な役職から外資系に多い役職までご紹介

INDEX

    もっと知りたい! 営業の成約率を高める"お役立ち情報" はコチラ >>

    企業には様々な役職がありますが、「正直それぞれどのような役割を持っているのかわからない」という方もいらっしゃると思います。 そこでこの記事では、日本や外資系・海外企業などで見られる役職とその役割を一覧でご紹介していきたいと思います。 役職について基本を押さえておきたい方は是非一度ご確認ください。

    役職とは

    まずは役職とはそもそも何なのかについて、おさらいしておきます。

    役職とは

    役職とは、組織における役割や職務、ポジションを表したものです。 いわゆる「社長」や「課長」などのことですね。 多くの組織において役職にはそれに応じた責任と職権があり、一般的に役職が上がれば上がるほど、その範囲や影響力が強くなるとされています。

    役職が設けられる理由

    多くの企業や組織には必ずと言っていいほど、多かれ少なかれ役職が存在しています。 役職が設けられる理由として、主に以下のような点が挙げられるでしょう。 ・指示系統を明確にするため ・誰がどんな職務や責任を負っているのかを示すため ・本人のモチベーション維持・向上のため ・人事評価を効率的に進めるため こういった理由を背景として、数多くの役職が設けられているのです。

    一般的な会社に使われる役職

    続いて日本の一般的な会社で使われる役職について見ていきましょう。

    株式会社で使われる役職

    日本における代表的な法人形態である株式会社で使われる役職についてご紹介します。 ・代表取締役会長 日本企業の最高位に当たる役職が代表取締役会長です。 比較的歴史のある企業に設けられることが多く、現役を退いた社長の次のポストとして、取締役会長といった代表権を持たない名誉職のように扱われるケースも見られます。 ・代表取締役社長 代表取締役社長は会長に次ぐ役職を指しますが、先述のとおり会長職は名誉職であることも多いため、事実上のトップと言えるでしょう。 会社全体の経営方針を他の取締役とともに決めていく役割を担います。 ・専務取締役 専務取締役は社長を補佐する役割を持ち、社長とともに経営業務全般に従事することになります。 次にご紹介する常務取締役と異なり、日常業務に関わることはほとんどありません。 ・常務取締役 常務取締役は専務取締役に次ぐ役職です。 取締役メンバーの中では最も一般社員と関わる機会が多く、日常業務を含めて管理していく役割を担います。 ・本部長/事業部長/統括部長 経営陣である取締役に次ぐ役職が、本部長です。 企業や組織形態によっては事業部長や統括部長などと呼ばれることもあります。 比較的規模が大きい企業に見られ、複数の部を統括する立場にあり、経営責任も持っているケースが多いでしょう。 ・部長 部長は一つの部門の責任者を指します。 営業部長や人事部長など、企業運営に必要な機能をそれぞれ統括する立場にあり、部内にある複数の課をまとめる役割を担います。 ・次長 次長は部長を補佐する役割を持つ役職です。 多くの場合特定の部下を持つのではなく、部長が行う管理業務のサポートを専門としており、次期部長候補者が就くケースもあるでしょう。 ・課長 課長は部の直下にある課の責任者です。 管理職の入り口にあたる役職で、課長クラスから実務の割合よりも管理業務の方が多くなる傾向があります。 課内に設けられた係を管轄する役割を担っています。 ・係長 係長は、課内に設置されている係を取りまとめる役職です。 実務現場のリーダーと言う位置づけであるため、いわゆるプレイングマネージャーとして、係に所属するメンバーの管理をしつつ、自身もプレイヤーとして活動するケースが多いでしょう。 ・主任 一般社員の中でも比較的経験が豊富な社員が就く役職です。 係長の補佐役として、一般社員の取りまとめをしたり、潤滑油のような立ち回りをしたりといった役割を担うことになります。 ・一般社員 一般社員はいわゆる平社員で、係長や主任からの指示を受けて、実務に従事します。 一般社員の中で経験を積み、ある程度の実績を持ったメンバーが、主任や係長の候補となります。

    合同会社で使われる役職

    最近増加傾向にある法人形態、合同会社における役職についても併せて押さえておきましょう。 ・代表社員 合同会社における代表社員は、株式会社でいう代表取締役社長のことです。 会社の代表権を持って、経営業務に従事する形になります。 ・業務執行社員 業務執行社員は、専務取締役や常務取締役のような位置づけにある役職です。 代表社員と共に会社の経営業務全般に従事します。

    公務員など自治体で使われる役職

    続いて、公務員など自治体・各省庁などで使われる役職について見ていきましょう。

    自治体・省庁における主な役職

    ・事務次官 事務次官は国家公務員における最高位の役職です。 各大臣に次ぐポジションであり、事務方におけるトップと言えます。 ・次官級審議官 次官級審議官とは、外務審議官など各省名を冠する審議官です。 次官級とある通り、事務次官に次ぐ権限を持ちます。 ・局長 省庁内に配置される各局の責任者を指します。 局内にある部を統括する役割を担います。 ・部長/審議官 局内にある部を管理する立場にあります。 部長クラスの役職として審議官と呼ばれる役職もあります。 ・課長/室長/参事官 部内にある課をまとめる役職です。 課長クラスの役職としては他に室長や参事官という役職があります。 ・係長/主査 課内にある係をまとめる役職です。 各省庁や自治体によっては主査と呼ばれることもあります。 ・係員/主事 係員は一般企業における一般社員のことです。 地方自治体の場合、主事と呼ばれています。

    もっと知りたい! "お役立ち情報" はコチラ >>

    meeting-g05bef4fa2_1280のコピー.jpg

    外資系や海外企業で使われる役職

    ここからは外資系や海外企業で使われる役職をご紹介します。 ここではプレジデントやチェアーマンなど、日本の役職を英訳したようなものは省き、外資系や海外企業特有の役職に絞ってお話したいと思います。

    外資系・海外企業でよく使われる役職

    ・CEO CEOはChief Executive Officerの略称で、最高経営責任者です。 経営全般に対して責任を持つポジションと言えます。 ・CFO CFOとはChief Financial Officerの略称で、最高財務責任者を指す言葉です。 経営の中でも特に財務面を担当するポジションとなります。 ・COO COOとはChief Operating Officer、最高執行責任者のことを指します。 CEOを補佐しつつ、日常の業務執行に対して責任を持ちます。 ・CIO CIOとはChief Information Officerの略称で、最高情報責任者を指す言葉です。 企業における情報戦略担当として、システム導入や運用を統括します。 ・CMO CMOとはChief Marketing Officerのことで、最高マーケティング責任者を指します。 企業におけるマーケティング業務全般に責任を持ち、統括する役割を担います。 ・CTO CTOはChief Technology Officerのことで、最高技術責任者のことです。 技術部門を統括し、新技術や製品開発などに責任を持ちます。 ・パートナー/マネージングディレクター パートナーはコンサルティングファームなどにおける最高位のポジションを指し、マネージングディレクターは投資銀行におけるトップのことを指します。 ・アソシエイト/アナリスト コンサルティングファームや投資銀行における一般社員はアソシエイトと呼ばれています。 場合によってはアナリストなどと呼ばれるケースもあります。 ・その他 外資系や海外企業におけるディレクターは部長クラス、マネージャーは課長クラスとなっていることが多いです。

    その他変わった役職名

    最後にその他の変わった役職名を紹介したいと思います。

    変わった役職一覧

    ・バイスプレジデント バイスプレジデントとは、主に外資系や海外で見られる役職です。 企業によっては副社長クラスのこともあれば、部長クラスであることもあります。 ・フェロー 研究開発部門などがある企業ではフェローと呼ばれる役職が設けられているケースがあります。 主に研究職に従事する人物に与えられる役職です。 ・エバンジェリスト エバンジェリストとは昨今のIT業界においてみられる役職で、最新技術やITトレンドなどをユーザーに分かりやすく伝える役割を担っています。

    まとめ

    今回は様々な役職を取り上げご紹介してきましたが、いかがでしたか。 是非この記事を参考に役職の役割などを把握して、的確なアプローチを実現してください。 また当社は企業担当者の役職を含め、様々な情報を管理できる機能を持ったシステム、「ホットプロファイル」を企業様に提供しております。 顧客情報の管理だけでなく、営業やマーケティング活動を効率化できる機能も豊富に搭載しておりますので、ご興味のある方は一度お問い合わせください。

    もっと知りたい! "お役立ち情報" はコチラ >>

    組織力向上なら、
    名刺管理ソフト・営業支援システム
    ホットプロファイル
    効率の悪い営業手法に課題を感じている 営業管理者様、営業企画担当者様へ。
    『ホットプロファイル』は、「現場主義」で使いやすさにこだわった名刺管理、営業支援ツールです。
    今すぐ資料ダウンロード

    人気ランキング

    開催イベント

    • <最新バージョン>ホットプロファイル新機能&バージョンアップ内容のご紹介

      オンライン配信

      7/13(水)10:30~11:00

      <最新バージョン>ホットプロファイル新機能&バージョンアップ内容のご紹介

      導入済みのお客様向け

      お申込み受付中
    • 「流通・金融・製造 業界向け」 営業DX 事例セミナー アーカイブ

      アーカイブ配信

      常時開催

      「流通・金融・製造 業界向け」
      営業DX 事例セミナー アーカイブ

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      競争優位の確保に営業部門のDXは必須!
      「セールスDX」実現のポイントとは

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      製造業向け!「顧客軸データ可視化」で生みだす
      成果が上がるセールスDXの解

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      スタートアップWebセミナー(初期設定/運用管理の基礎)

      導入済みのお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      はじめてのMA運用編

      導入済みのお客様向け

      お申込み受付中

    オススメのプロダクト

    • AssetsView
      IT資産管理ソフトウェア
      PCの資産管理や情報漏洩対策を強化する、
      機能が選べるIT資産管理ソフトウェア
    • ホットプロファイル
      名刺管理、営業支援ツール
      名刺管理とマーケティング機能が一体化した
      SFA・営業支援ツールの決定版
    • ホットアプローチ
      フォーム営業ツール
      法人の新規開拓営業に必要な営業先リストと
      自動営業方法をセットにした営業支援サービス
    • AnyForm OCR
      書式を問わないOCRソフト
      これまで実現できなかった、帳票レイアウトが
      非定型な活字帳票に対応できるOCRソフト
    • WOZE
      クラウド型データエントリーサービス
      業界最安値で正確かつ迅速に、あらゆる書類をデータ化

    資料ダウンロードアイコン お役立ち資料ダウンロード

    スマホ用バツ印 スマホ用資料ダウンロードアイコン お役立ち資料ダウンロード