【キラーコンテンツとは】意味や作り方、ポイントなどをご紹介

INDEX

    もっと知りたい! 営業の成約率を高める"お役立ち情報" はコチラ >>

    ・マーケティングにおけるキラーコンテンツの意味を知りたい
    ・キラーコンテンツを作るには、どうすればいいのか知りたい

    この記事は上記のような方に向けて、キラーコンテンツの基本的な意味や具体例、作り方などを分かりやすく解説しています。
    キラーコンテンツを作る上で押さえておくべきポイントも併せてご紹介していますので、キラーコンテンツの基本知識を押さえたいという方は勿論、マーケティングに携わっておられる方は是非最後までお読みください。


    キラーコンテンツとは

    はじめにキラーコンテンツとは何かについてお話しましょう。

    キラーコンテンツとは

    一般的な文脈でキラーコンテンツというと、「非常に素晴らしいコンテンツ」を指しますが、マーケティングの現場では以下のような意味で用いられています。

    <キラーコンテンツの意味>
    ターゲットとする見込み顧客にとって魅力的で、求める成果・CVに大きく貢献するコンテンツ
    様々な情報コンテンツを配信することで、見込み顧客の獲得や育成を目指すコンテンツマーケティングにおいて、特に重要な概念として使われていますね。

    キラーコンテンツの例

    例えば以下のようなコンテンツには、キラーコンテンツとしてのポテンシャルがあります。

    ・キラーコンテンツの例①:お客様の声・口コミ
    実際に自社の製品・サービスを利用した顧客から頂いた評価や口コミは、これから購入しようとしている見込み顧客にとって非常に有益なコンテンツになります。

    ・キラーコンテンツの例②:導入事例
    製品やサービスを利用した場合のイメージを掴みやすく、自分ゴト化してもらいやすい導入事例も、キラーコンテンツとしての可能性を秘めています。

    ・キラーコンテンツの例③:専門家・著名人からの評価
    製品・サービスに関する業界の第一人者や著名人から評価されている場合、見込み顧客からの信頼を得やすいです。

    ・キラーコンテンツの例④:商品・サービス紹介
    見込み顧客の目線に立って、見込み顧客が必要とする情報に先回りして応えることができている詳しい商品・サービス紹介も、キラーコンテンツの一つでしょう。

    ・キラーコンテンツの例⑤:アンケート結果
    既存顧客に対して実施したアンケートの結果も、キラーコンテンツとなる可能性があります。
    性質としてはお客様の声や口コミに近いです。

    ・キラーコンテンツの例⑥:導入の流れ
    問い合わせてからどういう流れを通って導入・購買に繋がるのかを、分かりやすく示したコンテンツもCVに貢献する可能性があります。

    ・キラーコンテンツの例⑦:性能比較表
    競合他社が提供している製品・サービスとの性能の違いを分かりやすく説明している比較表も、見込み顧客にとって有益なコンテンツの一つと言えるでしょう。


    キラーコンテンツの作り方

    ここからはキラーコンテンツの作り方について見ていきたいと思います。

    ステップ①:顧客化したユーザーが経由したコンテンツを把握

    まずは実際に成約・購買まで結びついた顧客が、どういったコンテンツを経由したのかを把握する必要があります。
    顧客ごとにWEBサイトにおけるアクションは異なりますが、経由しているコンテンツの共通点などを探ることができるでしょう。
    見込み顧客がどのようなコンテンツを経由したかは、GoogleアナリティクスやMAツールなどを用いれば簡単に把握することができます。

    ステップ②:顧客の持つニーズや悩みについての仮説を立てる

    ステップ①を通して、顧客化したユーザーが経由しているコンテンツを分析することで、購買に至るまでにどういったニーズや悩みを抱えているのか、仮説を立てることができます。
    この仮説を基にすることで、どういったコンテンツを作るのかといった方向性を見いだしましょう。

    ステップ③:コンテンツを制作もしくは強化する

    ステップ②で立てた仮説を基にして、コンテンツの制作もしくは強化を図りましょう。
    仮説で見えてきたニーズや悩みを解消する上で、既存のコンテンツでは対応できない場合は新たなコンテンツを制作する必要があります。
    既存コンテンツが既にそのニーズや悩みにある程度応えており、且つCVにも直結しているようであれば、そのコンテンツをさらにブラッシュアップすることで、キラーコンテンツ化を目指すことが可能です。

    content-marketing-3160470_1920.jpg

    キラーコンテンツを作る際のポイント

    続いてキラーコンテンツを作る上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

    ポイント①:他のコンテンツとの役割分担も意識する

    キラーコンテンツはCVに大きく貢献するコンテンツであるとお話しました。
    そのため「キラーコンテンツをたくさん作ろう、全てのコンテンツをキラーコンテンツ化しよう」といったように思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そこが落とし穴です。
    キラーコンテンツというのはあくまで様々なコンテンツを提供する中で、CVに繋げるための役割を持ったコンテンツです。
    先程のキラーコンテンツの例を見てもお分かりになると思いますが、未認知顧客や興味関心の度合いが高くない見込み顧客に対して提供すべきコンテンツとは言えません。
    そのためマーケティング全体で考えれば、キラーコンテンツを作ることも非常に重要ですが、その他の役割を持つコンテンツと上手く連携させることが重要になります。
    「自社で提供しているコンテンツの全てがキラーコンテンツ」、といった状況はあり得ませんので、その点はしっかりと留意しておくようにしましょう。

    ポイント②:見込み顧客の視点に立つ

    見込み顧客の視点に立つという点も重要なポイントと言えます。
    先程キラーコンテンツの例としてご紹介したコンテンツは、正直様々な企業が既に見込み顧客に対して提供しているものです。
    しかしそれらがすべてキラーコンテンツとして機能しているかと言えば、おそらくしていないケースの方が多いでしょう。
    キラーコンテンツとして機能させるためには、見込み顧客の視点に立った内容であることが前提です。
    自社が伝えたい内容だけを伝えるのではなく、見込み顧客が知りたい情報を伝える。
    この大原則を前提に、コンテンツの文章やデザインを調整していく必要があると言えます。


    キラーコンテンツの活用方法

    最後にキラーコンテンツを活用する方法をご紹介しましょう。

    活用方法①:WEB広告やSNSで拡散経路を作る

    折角キラーコンテンツができたとしても、そのキラーコンテンツが見込み顧客に知られなければ、宝の持ち腐れです。
    そのためキラーコンテンツをフルに活用するには、適切に拡散していかなければなりません。
    キラーコンテンツを拡散する際、各種WEB広告やSNSの利用がメインとなります。
    WEB広告からリンクを貼るLPとして活用したり、SNSで投稿したりすることで、拡散していくことができます。

    活用方法②:WEBサイト内部の導線を適切に配置

    WEBサイトにおけるコンテンツ間の導線を適切に配置することも、キラーコンテンツを活用する上では欠かせません。
    すでに多くのアクセスを得ているコンテンツから関連リンクを貼るなどの調整を行うことで、キラーコンテンツを有効に活用することができるでしょう。
    またキラーコンテンツ自体にSEO施策を施して、検索性を高めておくというのも忘れないでください。

    活用方法③:メルマガで紹介

    またメルマガでキラーコンテンツの紹介をするというのも有効な活用方法です。
    メルマガは、既にある程度自社や製品・サービスに対して興味を持っている見込み顧客にターゲットを絞って、配信することが可能です。
    ターゲット設定を上手く実施し、メルマガの内容にキラーコンテンツへの導線を置いておくことで、CVに繋がる可能性も高まると言えます。


    まとめ

    今回はキラーコンテンツについて、マーケティングにおける意味や作り方、作る上でのポイントなどを簡単にご紹介してきましたが、いかがでしたか。
    当社は本文で少し触れたMAツールとしての側面を持つ「ホットプロファイル」というシステムを、多くの企業様に提供させていただいております。
    ホットプロファイルは、キラーコンテンツを作る上で必要な既存コンテンツの分析に役立つ機能は勿論のこと、WEB広告やメルマガの運用・効果測定機能なども併せて搭載しています。
    そのためマーケティング活動全体の底上げや効率化にお役立ていただけるものと確信しております。
    少しでもご興味があるという方は、是非一度お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

    お役立ち資料

    • 市場調査レポート

      【営業管理ツールの利用実態調査】約5割の営業管理職が「Excelで管理している」と回答。そのうち約8割がExcel管理に課題を認識 「複数人で利用しづらい」「最新版がどこにあるかわからない」など課題が挙がるも、「Excel」以外のツール導入が進んでいない実態が明らかに

      資料ダウンロード
    • お役立ち資料

      営巣組織を強くするノウハウ
      テレワーク対応営業マネジメントの『コツ』

      資料ダウンロード
    • 製品概要

      3分でわかるホットプロファイル

      資料ダウンロード

    ランキング

    開催イベント

    • 3分で500社に飛び込み営業ができる!新規取引先拡大から売上UPまでの最新営業手法

      オンライン配信

      12/15(木)17:00~17:30

      【関西/製造業様向け】3分で500社に飛び込み営業ができる!新規取引先拡大から売上UPまでの"最新"営業手法

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • 3分で500社に飛び込み営業ができる!新規取引先拡大から売上UPまでの最新営業手法

      オンライン配信

      12/15(木)17:00~17:30

      【中部/製造業様向け】3分で500社に飛び込み営業ができる!新規取引先拡大から売上UPまでの"最新"営業手法

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • 3分で500社に飛び込み営業ができる!新規取引先拡大から売上UPまでの最新営業手法

      オンライン配信

      12/9(金)12:10~12:40

      3分で500社に飛び込み営業ができる!新規取引先拡大から売上UPまでの"最新"営業手法

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • <管理者様向け>1から学べる名刺管理~基本編~

      アーカイブ配信

      常時開催

      <管理者様向け>1から学べる名刺管理~基本編~

      導入済みのお客様向け

      お申込み受付中
    • <ユーザー様向け>1から学べる名刺管理~基本編~

      アーカイブ配信

      常時開催

      <ユーザー様向け>1から学べる名刺管理~基本編~

      導入済みのお客様向け

      お申込み受付中
    • 「流通・金融・製造 業界向け」 営業DX 事例セミナー アーカイブ

      アーカイブ配信

      常時開催

      「流通・金融・製造 業界向け」
      営業DX 事例セミナー アーカイブ

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      製造業向け!「顧客軸データ可視化」で生みだす
      成果が上がるセールスDXの解

      ご検討中のお客様向け

      お申込み受付中
    • Webセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      はじめてのMA運用編

      導入済みのお客様向け

      お申込み受付中

    ハンモックのプロダクト

    • AssetsView
      IT統合管理ソフトウェア
      PCの資産管理や情報漏洩対策を強化する、
      機能が選べるIT統合管理ソフトウェア
    • ホットプロファイル
      名刺管理、営業支援ツール
      名刺管理とマーケティング機能が一体化した
      SFA・営業支援ツールの決定版
    • ホットアプローチ
      フォーム営業ツール
      法人の新規開拓営業に必要な営業先リストと
      自動営業方法をセットにした営業支援サービス
    • AnyForm OCR
      書式を問わないOCRソフト
      これまで実現できなかった、帳票レイアウトが
      非定型な活字帳票に対応できるOCRソフト
    • WOZE
      クラウド型データエントリーサービス
      業界最安値で正確かつ迅速に、あらゆる書類をデータ化

    資料一覧はこちら