ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

営業支援コラム ~名刺管理、SFA、マーケティングツールの活用~ - Vol.2

企業のセキュリティを名刺管理で強化する!

情報漏洩が企業の死活問題になりかねない時代に

営業が管理

今や企業の存続さえも左右するセキュリティ被害は、ニュースの中だけの話ではありません。個人情報が記載されたデータや書類の紛失、盗難、流出など、相次ぐ個人情報の漏洩は、社会問題としても取り上げられ、セキュリティ上の不備は企業の死活問題にもなりかねない事案となりました。2005年4月1日に施行された個人情報保護法では、個人情報の取り扱いには以前にも増して細心の注意が必要とされています。

ところが、これほど問題になっていても、一元して名刺管理をしている企業は多くありません。企業、個人名、所属、電話番号、メールアドレスなどが記載された重要な個人情報であるにも関わらず、名刺管理が進んでいないのが現状です。
社員個人ではなく企業として名刺管理をすることが、企業のセキュリティ強化の重要なポイントであり、それにいかに早く気づくかが問われているのです。

関連リンク:IT資産管理ソフト『AssetView』 なぜ、企業で情報漏洩がなくならないのか?

名刺管理によって克服する3つのセキュリティリスク

企業として一元して名刺管理をすることで、セキュリティ上のリスクを防ぎ、顧客から信頼を獲得するには、どのような点に着眼すべきでしょうか。ここでは、個人で名刺管理することで起こり得る3つのセキュリティリスクを考えてみましょう。

個人で名刺管理するというセキュリティリスク

個人が名刺管理をすることには、紛失や盗難のセキュリティリスクをはらんでいます。多くの顧客に会う営業担当者は、日々多くの名刺を受け取っています。それらの名刺を持ち歩いている限り、電車やタクシーの中での置き忘れや、紛失、盗難のリスクにさらされていることになるのです。

紛失

また、名刺が机やかばんの中などのさまざまな場所に保管され、必要な名刺が出てこないというケースもあります。いざという時にすぐに連絡が取れないだけでなく、間違って廃棄されてしまう可能性もあります。「いくら探しても必要な名刺が出てこなかった」という経験のあるビジネスマンは多いのではないでしょうか。

さらに、名刺に対するセキュリティ上の意識にも影響があります。「名刺は企業のものではなく、個人の所有物である」という意識が潜在的に芽生え、転勤や転職の際に、獲得した名刺を持ち出してしまう可能性もありえるのです。

名刺のデータが散在するセキュリティリスク

展示会やイベント、セミナーなどで一度に獲得した後、どのように名刺管理されているでしょうか。各担当者の判断によって、表計算ソフトや、Webの入力フォームなどの異なる形で、担当者のPCに保存している状況はないでしょうか。

個人情報がさまざまな形のデータとなり、散在してしまうことは、セキュリティの観点から非常に問題です。例えば、「顧客にイベントやセミナーの案内メールを出す際に、名刺を元に作成したデータを間違って添付し、そのまま送信してしまった」「Web上にアップしてしまった」このようなことが実際に起きています。
また、データの消失という形で名刺管理やセキュリティの問題が露見するケースもあります。作成者だけがデータを持っていて共有されていないため、PCの故障やウイルス感染によってデータが消失してしまう例です。PCやUSBメモリの紛失、盗難といったセキュリティ事案は、ニュースになっていないものを含めると枚挙にいとまがありません。

バラバラに保存

さまざまな形で名刺情報が保存されている状況は、データの放置という結果を招くこともあります。いざデータを一元管理しようにも、それぞれのフォーマットがバラバラで統一されず、手付かずのまま残ってしまうためです。そのため、データの流出や紛失、消失や盗難などのセキュリティリスクは一向に減らず、散在する名刺情報が増えれば増えるほどリスクが高まるという状況になるのです。

このように、個人で名刺を管理するリスク、名刺のデータが散在するリスクは、名刺を一元管理していない多くの企業に潜んでおり、セキュリティ上の大きな課題となっています。

名刺管理を一部の部署に預けることによる副次的セキュリティリスク

企業が名刺を一元管理する方法として、外部への一括委託や、一部の部署だけでの管理体制を検討されることもあるでしょう。確かに一元管理によってセキュリティ上のリスクは軽減しますが、ここでは副次的リスクを考えなければなりません。

例えば、名刺やWebサイトから登録された会員データなどを外部に委託した結果、情報漏洩してしまったという事故もあります。外部委託する場合は、個人情報を託しても大丈夫な企業を選別、判断する能力も問われます。名刺管理がセキュリティ対策として機能するためには、一括管理だけでなく、その運用体制も大きな要素です。名刺情報が必要な時に、担当部署の許可を得て閲覧する方法もありますが、この場合は営業スピードの低下が避けられません。

名刺は社内で一元管理し「共有」することがセキュリティ対策に

名刺DB

このように、名刺管理を個人に任せていては、セキュリティリスクは企業活動の活発化にともなってますます増大します。管理を一部の部署に限定したとしても、情報漏洩や業務の非効率化といった問題が残ってしまいます。この二つのリスクを同時に解決するには、企業がセキュリティ対策の意識を持って、名刺管理を先導し、情報を集約、一元管理するのが最適解です。

企業が名刺を一元管理し、その情報を社員の誰もが共有できるようにすることで、社内や外出時の紛失や盗難、流出のリスクを低減します。これこそが名刺管理によるセキュリティ強化です。

名刺管理導入の前に考えておくべきこと

名刺管理によってセキュリティを強化するためには、全社的に名刺管理のプロセスを徹底することが重要です。そのためには、「使える仕組みの提供」と「社員への啓蒙」というポイントをおさえる必要があります。

「名刺データがすぐに使える」仕組みを提供する

セキュリティ対策のために利便性が失われたり、煩雑な作業が増えたりするのは避けるべきです。利便性と安全はトレードオフではなく、両立を目指すという観点を持って導入を検討することが求められます。入手した名刺が迅速かつ確実にデータ化され、すぐに共有される仕組みがあれば、スピードを失うことなくセキュリティ対策が実現できます。「シンプルかつスピーディなデータ化までの仕組みがあるか」「実際に運用に載せることができそうか」といった観点を持って、事前に検討することが重要です。

便利だと認識してもらうための啓蒙を続ける

社員が名刺管理のメリットを理解すると、各個人が積極的に名刺管理の仕組みを利用するようになります。名刺管理のメリットを地道に啓蒙していくことで、その利便性が共通理解のものとなり、社内における欠かせないプロセスとして定着します。
例えば、SFAの機能によって営業の生産性が上がることや、名刺情報の共有によって営業範囲が広がったり、優良見込み顧客の発掘に役立ったりすることが分かれば、社員自ら名刺管理の仕組みを利用するようになります。導入初期には、名刺管理プロセスがもたらす恩恵を、粘り強く啓蒙していくことが求められます。


名刺管理に求められるセキュリティと使いやすさの両立

企業が名刺を一元管理することで、さまざまセキュリティ上のリスクを排除し、企業としての信頼が強固なものとなります。管理徹底のためには、名刺管理ツールの利便性と営業生産性の向上を生み出す仕組みが求められます。「かんたんだから使う」「営業につながるから使う」―ユーザーである社員が積極的に活用することで、企業全体として名刺管理が徹底され、セキュリティ強化と利便性の両立を達成することができるのです。

『HotProfile』が実現する名刺管理によるセキュリティ強化

『HotProfile』には、名刺をかんたん、確実にデータ化する仕組みがあります。スマートフォンで撮影、またはスキャナでスキャンした名刺は、名刺センターへ自動転送され、専属のオペレーターによって確実にデータ化されます。

かんたんに名刺をデータ化

さらに、データ化した名刺には業種や従業員数といった企業の属性が自動的に付与されます。営業担当者は、名刺を撮影またはスキャンするのみで、すぐに営業に使える情報が共有されるのです。
一元管理された情報は、強固なセキュリティに守られたデータベースに格納されることで、セキュリティのリスクに備えることができます。

営業担当者にとっては、スマートフォンからクラウド上にある名刺情報を参照できるだけでなく、名刺の持ち歩きによる紛失といったセキュリティ上のリスクをなくすことができます。イベントなどで数多くの名刺が集まった際にも、名刺データの散在を防ぎ、かつデータベースからデータの管理、抽出できることによって、データの不要な移動にともなうリスクも軽減します。

『HotProfile』によって一元管理された名刺情報は、そのままSFA機能による商談管理や活動報告に利用することができ、営業生産性の向上をも実現します。

SFAで営業管理

ハンモックは、個人情報保護法よりも基準が厳しいと言われるプライバシーマークを取得し、2015年10月に施行予定のマイナンバーの情報漏洩対策にもいち早く取り組んできました。マイナンバーの情報漏洩対策のためのIT統合管理ソフトウェア『AssetView(アセットビュー)』を開発するなど、セキュリティ対策のノウハウを社内に蓄積しています。

AssetView によるマイナンバー対策

『HotProfile』は、散在する名刺情報をクラウド上に集約管理し、情報漏洩などのセキュリティ上のリスクを軽減します。全社員が情報を共有し、スピード感のある効率的な営業活動の実現を支援します。


Vol.3 - SFAと連携した名刺管理でビジネスチャンスを生み出す!



企業のセキュリティを名刺管理で強化する! - 名刺管理、営業支援ツール『HotProfile』

名刺管理によって克服する3つのセキュリティリスクや社内共有することのメリット、またツールを導入する前に考えておくべきことについて解説します。
『HotProfile(ホットプロファイル)』は「名刺管理」「マーケティング施策」「営業支援(SFA)」の3つの領域で分断された業務プロセスを有機的に結び付け、セールス&マーケティングのオートメーション化を実現する名刺管理、営業支援ツールです。『HotProfile』を活用することで営業担当者の名刺入力や報告の業務負荷を削減し、人脈を活かした活動や見込み顧客へのアプローチを支援します。また営業企画やマーケティング担当者はホットリードの発掘を促進でき、シームレスに営業へ見込み客を提供できます。経営者にとっては、低コストで「名刺管理」「マーケティング施策」「営業支援(SFA)」の各ツールをまとめて導入でき、飛躍的な営業生産性の向上を実現できる、営業支援ツールの決定版です。

ページ先頭へ

導入事例

ご担当者様

株式会社ソフトクリエイト 様

実務に即したMAで案件化率アップ。
メール配信&Webトラッキングで興味の高い顧客にアプローチ。

メールマガジン

ページ先頭へ

sp 
gray
<企業のセキュリティを名刺管理で強化する!>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation