プログラマー・システムエンジニア
インタビュー

PROGRAMMER / SYSTEM ENGINEER MEMBER INTERVIEW

合理的で、穏やかな人が多い職場。

常に最新技術を追いかけ、
開発に没頭できる環境。

GLUE事業部 開発部 開発チーム
2018年入社

NWS事業部 技術本部 開発部 開発課 2019年入社

入社のきっかけ

開発者として上流工程に関わりたい。
開発言語の多様性も魅力

入社のきっかけを聞かせてください。

新卒でシステム開発会社に就職し、5年ほど勤めていました。お客様先に常駐して仕事をする、いわゆるSESと呼ばれる仕事の仕方で、主に銀行や保険などの金融系に配属されていました。
そのような勤務形態だとどうしても開発は部分的になり、自分自身が担当できるのは限られた部分のみでした。開発の上流・下流でいうなら、やはり上流部分に関わりたいと思い、転職を意識するようになりました。
ハンモックを知ったのは、転職エージェント経由でした。その頃はJavaしか扱ったことがなかったため、Rubyなどの比較的新しい言語を扱えるのは、直感的に楽しそうだと思いました。
面接は、現在の上長にあたる部長と課長が担当してくれたのですが、製品について丁寧に説明してくださり、興味を持てました。余談ですが、私は魚を飼うことが趣味なのですが、偶然部長も同じ趣味を持っていて、意気投合したのを覚えています。

現在の業務内容

新技術への強い興味。
周囲から声がかかる存在に

現在の業務内容についてお聞かせください。

GLUE事業部 開発部 開発チームでホットプロファイルの開発を行っています。主にAPIと呼ばれる、他のWebサービスとのデータ連携部分を担当しています。
私は新技術への興味が強いのですが、周囲にそれをアピールしていると、新しいツールの導入タイミングがあった際、「増山にやらせてみては」と声がかかるようになりました。
個人的に、黙々とプログラミングしている時間が好きなので、自分が設計したものが製品に反映されるととてもやりがいを感じます。

働く環境について

合理的で穏やかなメンバー。
協力したモノづくり

会社組織の働く環境についてお聞かせください。

労働時間などを上長が常に気にかけてくれるのは、とてもありがたいです。開発に必要なPCなどの設備は申し分なく、足りないものがあれば申請できます。私は少し寒がりなのですが、足元に置くヒーターも購入してくれました。
転職して感じることは、チームメンバー全体が合理的な人だという点です。理不尽なことを言う人はいないし、穏やかな性格の方が多いのだと思います。それに、みんなで協力していいものをつくっていこうという文化が根付いているように思います。

今後のビジョン

自分が面白いと感じるものを、
ひたすらつくり続けたい

今後のビジョンについてお聞かせください。

正直にいうと、出世して役職に就きたいという思いはあまりなく、面白いものをずっとつくっていけたらと思います。ハンモックの中に最新技術の研究・調査をするような部署ができたら面白いですね。浅く広くではなく、狭く深く掘り下げたいタイプなので、似たようなタイプの人は向いている会社だと思います。

ハンモックの製品紹介