▶︎ パートナーをご希望の方はこちら

3分500社

飛び込み営業

狙った企業に営業ができる
「フォーム営業ツール」

※3分:ハンモック社の営業スタッフがホットアプローチを使用して
フォーム営業の送信作業を実施するのにかかった時間

フォーム営業とは?

フォーム営業とは、企業のホームページなどにある「お問い合わせ窓口」へ、営業アプローチを実施するデジタル営業手法のことです。 まだ取引をしていない企業の担当部門に情報をお届けできます。

ホットアプローチの
フォーム営業の流れ

470万社以上の「企業データべ―ス」から
属性や規模でターゲット企業を選び、
アプローチリストを作成

国税庁や経済産業省の信頼性の高い情報をもとにした日本全国470万社以上の企業データベースが活用できます。業界、エリア、ビジネス情報、連絡先の有無(住所、電話、問い合わせフォーム、メールアドレスなど)などから、マウス操作でかんたんにアプローチしたい企業が絞り込めます。

▼ アプローチリスト作成例

「企業データベース」から選択できる豊富な検索条件(一部)

    企業基本情報

  • 法人名
  • 本社所在地​
  • 業界(23分類)
  • 業種(日本標準産業分類準拠)
  • 事業キーワード​

    ビジネス情報

  • 資本金
  • 上場区分
  • 売上高
  • 上場年
  • 売上増減
  • 決済月
  • 従業員数
  • 代表者名​
  • 設立年月​

    連絡先情報

  • 本社住所​
  • 本社電話番号
  • 問合せフォームURL
  • メールアドレス
    (問い合わせ窓口)​

    ビジネス動向

  • 海外​進出企業、海外取引企業
  • 合併会社
  • コンプライアンス推進企業
  • DX導入•関連企業
  • EC•ネット販売をしている企業
  • コールセンター保有企業
  • など

アプローチ先へ営業したい内容を
雛形から選び、送信文面を作成

送信すべき内容は企業の業態などに応じてある程度カスタマイズが必要になりますが、「ホットアプローチ」は送信内容の雛形を複数用意しているため、各企業に刺さりやすいアプローチ文をかんたんに作成できます。

各企業のお問い合わせ窓口に一斉に送信
経営者や責任者に情報が届く

フォーム(お問い合わせ窓口)は企業にとって顧客との大事な接点であるため、フォームからのお問い合わせ内容は決済者へ連携されやすいのが特徴です。「ホットアプローチ 」は連絡先を知らない経営者や責任者へダイレクトにアプローチが可能。アプローチした企業から、メールや電話でお返事をいただくことで商談創出につながります。

「反応があった」企業へアプローチ

お問い合わせ窓口に配信する文面に「行動ログ」がわかるURLを含めることで、自社ホームページにアクセスした企業が判明します。「どのページを」「どれくらい」閲覧しているか分かるため、アプローチ先に対して優先順位をつけた攻めの営業が可能になります。

導入の流れ

Flow01

お打ち合わせ

お客様のご要望に応じた提案をさせていただきます。
お打ち合せの際は、デモ画面にて操作感や仕様をご確認いただけます。
まずはお気軽にご相談ください。

相談する

Flow02

ご契約

弊社担当よりご案内するお見積書をご確認いただき、よろしければお申込み書をお送りください。

Flow03

ご利用開始

通常、ご発注より約5~7営業日でご利用いただけます。
操作のご説明、FAQサイトをご用意しております。

価格

月額4万円〜

送信できる件数によって金額が異なります。
詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせする

お役立ち資料

イベント

セミナー情報一覧はこちら

狙った企業に営業するなら
「ホットアプローチ」

お電話でのお問い合わせも受付中

平日9:00〜12:00 | 13:00〜17:00(休業日を除く)

0120-922-786

携帯電話からは03-5291-6121

ページ先頭へ