教育/ 研修制度・キャリア・評価制度

EDUCATION / TRAINING -
CAREER - EVALUATION SYSTEMS

新入社員教育制度

当社の新入社員の教育は大きく分けて「新入社員研修」と「現場研修」の2つに分かれます。
社会人としてのビジネスマナーや業務上必要なスキルなど基本的な内容から、現場での実務に役立つ専門知識まで、バリエーション豊かなカリキュラムを組んでいます。

新入社員研修内容

入社後約1ヵ月間は、社会人としての心構えや基本的なビジネスマナー、業務上必要なスキルを身に付けていただき、その後、現場研修にて社内全工程の実務を学んでいただきます。

新入社員研修の流れ

研修時期 研修名 研修内容
4月 新入社員研修
(座学)
企業理念や方向性、事業内容、社会人として必要な基本的なビジネスマナーを身に付けていただきます。
ビジネススキルだけでなく、幅広い専門知識を学び今後業務を遂行するうえでの強みになるようにしています。
5~6月 新入社員研修
(現場)
すべての事業部(3事業部)の営業部、技術部をローテーションで回り、どの部門の誰が何をして仕事が成り立っているかを現場実体験を通して学んでいただきます。
各部門先輩社員とのコミュニケーションを積極的に取り、交流を深めてもらいます。
7月 配属先決定・OJT 研修を経ていよいよ配属先が決定します。
配属先の選任の教育係を中心としたチーム体制で、実務に必要な専門的な知識や技術を習得していただきます。

業務で必要なスキルや資格

配属先の部署や各工程によって、必要な専門スキルは異なります。
配属先でのOJTを中心に、上司・チームメンバーに教育してもらいながら必要なスキルを習得していきましょう。
また、社内勉強会や、外部のセミナーも随時受講可能です。
これらの機会を積極的に活用して、社会人としての基礎から専門性の高いスキルまでをしっかりと身に付けてください。

研修の座学・セミナー受講と現場での実務を通して知識と経験を深め、柔軟な発想力で未来のハンモックを牽引する役割を担っていくことを期待しています。

全社員対象 研修制度

「社員の成長=会社の成長」ととらえています。

仕事を通じた能力開発、良い仕事、成果を出し人間として成長し続けていただきたい。
それを支援する制度があります。

社員一人ひとりの成長が会社を強い企業へと成長させる | 会社は「社員」と「組織」
で構成されている
社員が業務・OJT・研修・資格・書籍を通じて成長することが会社の成長へと繋がる | キャリア開発・育成

社員一人ひとりの成長が組織の成長につながり、必然的に会社の成長、強い企業へとつながります。

必要とされるスキル

コンセプチュアルスキルとは、分析力・創造力・問題発見・解決能力・戦略立案能力 | ヒューマンスキルとは、コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力・ネゴシエーション能力 | テクニカルスキルとは、業務知識・技能・技術など

業務で必要なスキルや資格

研修専門会社のサービスを会社で契約。実践力を向上させることにこだわった研修へ随時参加可。

外部研修

業務に必要なタイミングで専門スキル、技術スキル取得のため、外部研修の受講が可能です。

資格取得支援

会社指定資格は、合格時の報奨金支給、受験料1回会社負担、書籍1冊を会社負担。
自己啓発資格は、合格時の報奨金支給。

*MS Office、MTA、MCSE、MCSA/AWS/情報処理技術者/Linux LPIC/TOEIC等

書籍貸し出しコーナー

ビジネス、技術、資格、管理、etc 必要とされるスキル形成に必要な書籍を自由に貸し出し。

勉強会実施

有志による事業部横断、職種別の自主勉強会実施

キャリアアッププラン

一般職(一般的なビジネススキル、新入社員教育現場教育)→副主任/主任(チームマネジメントスキル、チームマネジメントスキル)→係長/課長又は担当係長/担当課長(部門マネジメントスキル、管理職教育)→次長/部長又は担当次長/担当部長(総合マネジメントスキル、上級管理職教育)

キャリアアップのタイミングで
「マネジメント職」「スペシャリスト職」
の選択が可能です。

広がるキャリアパス

自社製品を軸に全ての仕事がつながっているため、
自社製品のいずれかのポジションでのプロフェッショナルに成長した後は、全てのポジションに就くことが可能です。
そして会社になくてはならない唯一無二の価値を築き、キャリアを積んで成長することができます。

カスタマーエンジニア課 |フィールドエンジニア課 | サービス推進課 | カスタマーサクセス課 | 開発課 | 品質管理課 | 営業部 | 営業戦略 | インサイドセールスセンター | 管理部 | 情報システム室

評価制度

営業報酬制度(営業職)

上期および下期に設定された粗利個人目標に対する粗利達成率に応じて
営業報酬が計算支給されます。

100%以上達成時

(基本給×達成率×3) + 基本給×1 =営業報酬支給額

未達成時

(基本給×達成率×1.5) + 基本給×1  =営業報酬支給額

※年間目標達成100%達成した場合 営業報酬 8ヶ月

9割以上の営業社員が目標達成しています。
ベテランの営業社員は100%以上、MAX300%の達成をモチベーションに
日々の営業活動に励んでいます。

目標管理による業績評価(営業職以外)

上期および下期に設定された粗利個人目標に対する業務成果を評価し、それに基づく公正な処遇の実現と人材育成を目的としてMBOを運用しています。
人事評価の本来の目的は社員ひとりひとりがセルフマネジメントを実現することだという考えのもと、
評価される側として受身になるのではなく、評価制度を活用して自身をマネジメントすることを期待しています。

決定までのプロセスとしては、「個人目標」「キャリアアップ」という観点で個人目標を設定し、
年2回(4月、10月)に目標達成度について評価を行います。
まずは自己評価を行い、その後上長が評価をし、最終的には全社評価会議にて評価を決定します。
(A+/A/A-/B+/B/B-/C+/C/C-/D+/D/D-/E 13段階評価)
そのPDCAサイクルにより明確な人事査定を実施しています。

社員等級に応じた評価重みづけによる人事考課

通期における業務遂行力・能力・開発成果・態度/情意の評定要素における
人事考課を年1回実施します。
その査定結果により昇給、昇進が決定します。(6月)

上期業績評価4月〜9月(目標設定・目標設定面談・目標確定)、10月から自己評価・面談・評価確定・フィードバックを通して12月賞与 | 下期業績評価10月〜3月(目標設定・目標設定面談・目標確定)、4月から自己評価・面談・評価確定・フィードバックを通して6月賞与 | 通年人事考課4月〜翌3月(業務遂行力・能力開発・成果・態度/情意)、6月昇給・昇進

ハンモックの製品紹介