Windows 365とは何か? Windows 365に関する基礎知識やメリット・デメリットをご紹介

INDEX

    MicrosoftからWindows 365というサービスの提供が始まりました。企業や組織としても新しいサービスがどのようなものか把握し、必要に応じて導入すべきか検討しておくと良いでしょう。
    特にリモートワークやテレワークでのWindows実機の取扱いに困っている場合に役立つ可能性もありますので、リモートデスクトップや実機による仮想環境構築との違いも含めて、知識として蓄えておいて損はありません。
    今回はWindows 365に関する基礎知識、そしてWindows 365のメリット・デメリットについてお話します。


    Windows 365に関する基礎知識

    はじめにWindows 365に関する基礎知識について簡単に説明します。

    Windows 365とは何か

    Windows 365は「Windows 365 クラウド PC」とも呼ばれ、クラウド上で仮想デスクトップとして構築されたWindowsをネットワーク越しに利用できる仕組みを指します。
    サーバー上に仮想デスクトップを構築してアクセスし、ネットワークを経由して利用すること自体はありふれた仕組みです。同時に元々はAzure Virtual Desktopという名前でMicrosoftが公式に同様のサービスを展開していましたが、構築・導入・運用に関して難点がいくつかあり、とても簡単に利用できるとは言えない仕組みだったと言えます。Windows 365はMicrosoftが構築してくれることから、導入と運用がしやすく、すぐに使い始められるという手軽さも含めて注目を集めています。

    Windows 365はどのように使えるサービスなのか

    Microsoftの公式ページでのWindows 365の説明では「ストリーミング」という表現が用いられています。従来の実機によるWindowsとは違い、Windowsをシャットダウンすることなく、任意のタイミングで使える点を強調しているような形です。
    実際にテレワークやリモートワークだけでなく、時間や場所を越えて作業を行うような仕事に向いているのは事実と言えます。クラウド上のWindowsであれば、設定したマシンのパワーで、Windowsのソフトウェアや機能、仕組みを利用できることから、工夫次第で効率化や最適化が可能であり、働き方改革も含めて新しい働き方の創出も期待できるでしょう。

    Windows 365とリモートデスクトップや実機による仮想環境構築との違い

    Windows 365とリモートデスクトップや実機による仮想環境構築との違いは「ほぼブラウザ上で完結する点」にあります。従来のリモートデスクトップや実機による仮想環境構築はITに詳しく、技術的基盤がある人であれば何の問題もなく導入できる仕組みであり、しかもほぼ無料です。
    しかし、Windows 365は導入も利用もブラウザで対応できることから、ソフトウェアのインストールやハードウェア領域の確保や管理などの手間や知識を必要としません。もちろん、その分のコストは必須ですが、技術的リソースがなくてもどこからでもアクセスできるWindowsを手に入れられるのは利便性が高いのは間違いありません。
    ITに疎い、またはITを苦手とする業界や業種においても気軽に仮想環境かつリモートでアクセスできるWindowsを導入できることを考えると、IT格差の是正に役立つ仕組み、もしくはDXの推進になるといっても過言ではないでしょう。


    Windows 365のメリット

    次にWindows 365のメリットご紹介します。

    OSやデバイスを選ばず、ブラウザのみでシームレスに利用できる

    Windows 365はOSやデバイスを選ばず、ブラウザのみでシームレスに利用できるのがメリットです。また、Windows 365はクラウド上のマシンのパワーを利用できるので、手元のOSやデバイスのスペックに関係なく、時間や場所にも左右されず、利用したいタイミングでいつでもWindowsを利用・再開できます。
    Windowsの利用目的や用途がMicrosoftのWordやExcelなどオフィス系のソフトウェアを利用する程度であれば、実機よりは重い可能性がありますが、確実に動作するでしょう。例えば、事務所やバックヤードに設置してあるパソコンまで行かなければならない、もしくは出社しなければ資料が確認できないなど、物理的な手間や時間を大幅に削減することにつながります。

    導入しやすく、運用の手間が少なく、かつセキュリティ性も確保できる

    Windows 365はインスタンスの設定やソフトウェアの更新、そしてセキュリティに関してもMicrosoftの管理下にあります。そのため、導入しやすく、運用の手間が少なく、かつセキュリティ性も確保できるのがメリットと言えるでしょう。同様にOSやソフトウェアが最新の状態に保たれるのもメリットです。
    現実問題として、業界や業種によっては「リモートデスクトップ?仮想環境を構築?わからない!」という状況も存在します。Windows 365であればブラウザから簡単に利用することが可能で、必要な範囲のソフトウェアを安心・安全に利用できるとなれば、技術的リソースはないものの、難しいことを考えずに利用したいというユーザーにはぴったりのサービスと言えます。

    コストさえ合えばDXの推進につながる

    Windows 365はコストさえ合えばDXの推進につながるのもメリットです。特にハードウェアの管理、ソフトウェアの管理、それぞれの更新や機器の維持などにおけるコストが負担になっている場合、セキュリティ的な面を考えると安心・安全でないまま、非効率な作業手順や業務の流れになっている可能性があります。
    Windows 365によってグループウェアを導入したり、ハードウェアやソフトウェアの管理から開放されること、それぞれに維持や管理の手間がなくなることの方がメリットにつながることを考えると、技術的リソースに悩みたくない場合にWindows 365は最適であると言えます。

    man-working-from-home.jpg

    Windows 365のデメリット

    次にWindows 365のデメリットをご紹介します。

    1台/1ユーザーごとに月額料金・コストが必要

    Windows 365のデメリットとして挙げられるのが、Basicで4,210円、Standardで5,570円、Premiumで8,970円と、1ユーザーごとに月額料金が必要な点です。利便性は高く、導入しやすいとしても、中長期的に利用するとなれば、軽視できるコストとは言えません。極端なことを言えば、月額料金のコストが積み重なることで直接的にパソコンを導入できるほどの費用が発生することを考えると、ある程度のIT技術やリテラシーを持つ人材を雇用してIT基盤を築いた方が良い可能性もあります。
    逆に言えば、とりあえずExcelやWordなどオフィス系ソフトや主要なソフトウェアベンダーの提供している有名なソフトを導入して、共有できる仕組みが欲しいという形であれば、短期で利用するには使い勝手が良いでしょう。

    法人かつユーザー数が300までに限られること

    Windows 365は法人のみ、そして、ユーザー数が300までに限られることもデメリットと言えます。実機によるリモートデスクトップや仮想環境の構築・運営であれば手間はかかるものの制限はありませんから、企業や組織の規模によらず利用できるということです。
    ただし、日本で言えば市区町村などの地方自治体、人数は多くないものの管理コストに悩まされているような現場であれば、総合的なコストと制限が合致し利用する価値があるかもしれません。その他、ベンチャー企業など、初期段階でのコストを抑えながら、共有しやすい環境を手に入れたい場合にも向いていると言えます。

    Windows 365は実務や迅速な処理を求められる現場では不向き

    Windows 365はブラウザから、もしくは専用のソフトからアクセスしても「重い」のがデメリットです。そのため、実務や迅速な処理を求められる現場では不向きである可能性が高いです。業界や業種によるものの、スペック的にも実機を購入し、技術的リソースを蓄えながら「リモートデスクトップや仮想環境の構築が当たり前にできる環境」を整えた方がコストパフォーマンスが優れる可能性が高いです。
    そもそも、リモートデスクトップや仮想環境の構築はそこまで難しい技術ではありません。セキュリティの観点においてもIT資産管理や情報資産管理を導入していれば安心・安全であることを考えると、Windows 365でなければならない何らかの理由がなければ、利用する目的や用途自体が考えにくいかもしれません。


    まとめ:現時点においてはリモートデスクトップや実機による仮想環境構築の方が現実的かも?

    今回はWindows 365に関する基礎知識、そしてWindows 365のメリット・デメリットについてお話しました。
    Microsoft公式の仮想環境内のOSという時点で安全性や信頼性は高いものの、何らかの実務や現場において、技術的リソースが全くない状況を除けば、即採用というレベルではないような状況と言えます。リモートワークやテレワークなど実務で利用したい場合であれば、コストパフォーマンス的にもはリモートデスクトップや実機による仮想環境の構築・運営の方が現実的でしょう。
    当社の提供するIT資産管理ツール・情報資産管理ソフト「AssetView」シリーズを組み合わせることで、リモートデスクトップや実機による仮想環境構築でのリモートワーク・テレワーク下において高いセキュリティ性を確保できますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

    お役立ち資料

    • お役立ち資料

      Windows10更新管理の教科書

      資料ダウンロード
    • 市場調査レポート

      小売業のモバイル端末「紛失対策」実態調査
      多店舗展開している小売業、半数以上が「スマホ・タブレットの管理」に不安あり

      資料ダウンロード
    • 製品概要

      すぐわかる!AssetView

      資料ダウンロード

    人気ランキング


    開催イベント

    • 【入門編】AssetView 活用セミナー

      オンライン配信

      9/8(木)11:00~12:00

      【入門編】AssetView 活用セミナー

      運用支援

    • 最新事例に学ぶ!情報漏洩を未然に防ぐ「USBメモリー管理」とは?

      オンライン配信

      8/26(金)17:00~17:30

      最新事例に学ぶ!情報漏洩を未然に防ぐ「USBメモリー管理」とは?

      トレンド

    • 『内部不正』が起きる要因と対策が分かるセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      『内部不正』が起きる要因と対策が分かるセミナー

      トレンド

    • わかりやすく解説!改正個人情報保護法対応の現状とすぐにできる対策セミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      わかりやすく解説!改正個人情報保護法対応の現状とすぐにできる対策セミナー

      トレンド

    • 『IT資産管理の費用対効果』が説明できるようになるセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      『IT資産管理の費用対効果』が説明できるようになるセミナー

      トレンド

    • 【初級編】AssetView 使い方レクチャー

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【初級編】AssetView 使い方レクチャー~AssetView運用開始編~

      運用支援

    • テレワーク運用における困りごと3つを解決!

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      テレワーク運用における困りごと3つを解決!

      運用支援

    • 【初級編】活用セミナー~Windows更新管理編(P)~

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【初級編】AssetView 活用セミナー~Windows更新管理編(P)~

      運用支援

    • 【初級編】活用セミナー~アプリケーション配布編(D)~

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【初級編】AssetView 活用セミナー~アプリケーション配布編(D)~

      運用支援

    • 【初級編】活用セミナー~デバイス管理編(G)~

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【初級編】AssetView 活用セミナー~デバイス管理編(G)~

      運用支援

    • 【中級編】機能別ワンポイント~Windows更新管理編(P)~

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【中級編】機能別ワンポイントセミナー~Windows更新管理編(P)~

      運用支援

    • 【中級編】機能別ワンポイント~アプリケーション配布編(D)~

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【中級編】機能別ワンポイントセミナー~アプリケーション配布編(D)~

      運用支援

    • 【応用編】運用ワンポイント~AssetViewサーバー監視編~

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【応用編】運用ワンポイントセミナー~AssetViewサーバー監視編~

      運用支援

    ハンモックのプロダクト

    • AssetsView
      IT統合管理ソフトウェア
      PCの資産管理や情報漏洩対策を強化する、
      機能が選べるIT統合管理ソフトウェア
    • ホットプロファイル
      名刺管理、営業支援ツール
      名刺管理とマーケティング機能が一体化した
      SFA・営業支援ツールの決定版
    • ホットアプローチ
      フォーム営業ツール
      法人の新規開拓営業に必要な営業先リストと
      自動営業方法をセットにした営業支援サービス
    • AnyForm OCR
      書式を問わないOCRソフト
      これまで実現できなかった、帳票レイアウトが
      非定型な活字帳票に対応できるOCRソフト
    • WOZE
      クラウド型データエントリーサービス
      業界最安値で正確かつ迅速に、あらゆる書類をデータ化

    資料一覧はこちら