自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画の概要から学ぶ 課題や問題点について

INDEX

    2025年の崖への時間も残りわずかとなりました。DXが思うように推進できずお悩みの担当者も多いのではないでしょうか。

    闇雲に悩むのではなく、まずは指標や最低限の目標として自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画を把握することをおすすめします。

    今回は、自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画の概要、そして概要から学ぶべき課題や問題点についてご紹介します。

    自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画の意義や目的

    自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画の意義や目的は、進化しつづけるIT技術を受け入れることで、行政サービスにおける利便性の向上や業務効率化、システムの高度化のための基盤を整えること、足並みを揃えることにあります。

    実際にデジタル庁の創設や創設に伴う法的整備が加速度的に進み始めたこと、情報システムの標準化や共通化がなされることも決定したことから、データ活用の基盤が整いつつあります。

    自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画の通りに段階的にDXが推進されることで、自治体におけるDXの推進=日本全体のDXの推進につながるのは間違いないでしょう。

    総務省:自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画

    上記URLは総務省の自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画の公式のPDFですので、お時間のある時に目を通しておくことをおすすめします。

    自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画の重点取り組み事項

    次に自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画の概要の重点取り組み事項を抜粋し、それぞれを簡単にご説明します。

    自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画概要

    上記はこの先の項目を説明するために参考にしたURLであり、自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画概要のPDFですので、お時間のある時にご一読ください。

    自治体の情報システムの標準化・共通化

    自治体の情報システムの標準化・共通化とは、自治体における主要な17の業務を処理するシステムを標準化・共通化することを指します。標準化・共通化されることで自治体の規模や所在地など環境や条件によらず、どこでも同じサービスを迅速に受けられるようになることが期待できます。同時にGov-Cloudと呼ばれるクラウド化に対応するためのシステムに移行するための準備が進められています。

    マイナンバーカードの普及促進

    2022年末までにほとんどの国民がマイナンバーを所持するための施策も盛り込まれています。マイナンバーカードが普及することで、行政側と国民側双方の手間が少なくなり、行政サービスを受ける時、または何らかの補助や支援を受ける時などスムーズかつシームレスに対応できるようになるでしょう。

    自治体の行政手続のオンライン化

    行政手続きは窓口に行かなくてはならないという点を解決するのが自治体の行政手続のオンライン化です。働いていたり、育児や介護で手が離せなかったりする人の中にこそ行政による支援が必要なことがあります。オンライン化によって、必要な時にいつでも気軽に行政手続ができるようになれば、支援を必要とする人が適切に支援を受けられるようになります。

    自治体のAI・RPAの利用推進

    自治体のAI・RPAの利用促進とは自治体における膨大な事務作業を自動化することを意味します。既にAIとRPAを活用している地方自治体も存在しており、これから先の少子高齢化に伴う人材不足もAIやRPAの力で解決できることが見込まれています。同時にハンコや押印の廃止、ペーパーレス化や電子化が進めば、さらにAI・RPAの利用も推進されるでしょう。

    テレワークの推進

    行政におけるテレワークの推進も計画に盛り込まれています。現時点においても大手保険会社において高いテレワーク率が達成されていることもあり、同じく個人情報を取り扱う自治体においてもテレワークが普及できることは間違いありません。前述した自治体の情報システムの標準化や共通化に伴う業務再編と合わせて、対象業務を拡大しながらテレワークをさらに普及させるのが目的でもあります。

    セキュリティ対策の徹底

    セキュリティポリシーの見直しを行いながら、セキュリティの強化をし続けることも盛り込まれています。DXの推進とセキュリティ対策の徹底は同時に行わなければ、サイバー攻撃の標的となった場合に国民の個人情報が流出する恐れがあるからです。また、自治体によってはIT人材が確保されていない、もしくはITに疎い人も少なくないため、セキュリティ対策の基盤となる知識や情報共有も必要となります。これらを情報セキュリティポリシーによって策定し、運用と見直しを繰り返すことで情報セキュリティへの理解を深めながら、セキュリティを強化するのが狙いと言えます。

    自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画から学ぶ課題や問題点

    次に自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画から学ぶ課題や問題点をご説明します。

    DXの推進に必要な技術的リソースを把握すること

    DXの推進においては「何が必要か」が見えてこないと具体的に話が進まないことがあります。推進計画のように、何が課題で、解決するために何が必要かを考えることが大切です。そもそも、DXの推進は言葉が一人歩きしてしまっている場合もあり、「結局何をすればいいの?」という段階で立ち止まってしまうケースも少なくありません。同時に企業形態、業界や業種、規模などさまざまな条件による違いから「DXを推進するための均一的な答え」が存在しないのも事実です。デジタル技術で何ができるのか、自社の課題に役立つ技術はあるのかなど多角的に考えるようにしましょう。

    具体的に足りない技術的リソースは何か

    DXの推進に必要な技術的リソースを把握したら、具体的に何が足りないのかを把握し、不足を補う方法を考えるようにしましょう。もちろん、金銭的なコスト、時間的なコスト、人材的なコストなど、すぐに解決できるものばかりではありません。課題を解決するための準備、技術を受け入れるための基盤の整備など、段階的かつ期限を決めて行動に移すことが大切です。DXが推進されにくいのは「様々な要因が複雑に絡まりあっていること」でもあるので、ひとつひとつを把握して解決に導くことが近道になります。

    自治体のDXと同レベルの水準になるためには何が必要か

    自治体のDXと同レベルの水準になるためには何が必要か、という視点で考えてみても良いでしょう。業務システムや基幹システムの見直しやクラウド化、ペーパーレス化、テレワークへの対応などDXの推進となる項目は多岐に渡ります。ただし、どの技術を取り入れるとしてもまずはセキュリティ面の安全性を確保することが重要になります。最新技術を取り入れることだけに注目せず、必ずセキュリティもセットで考えるようにしましょう。

    まとめ:DXの推進における最低限必要な技術を導入しよう

    今回は自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画の概要、そして概要から学ぶべき課題や問題点についてご紹介しました。

    DXを推進するにはデータに関する部分やシステム的に拡張性やカスタマイズ性を考慮しながら技術を受け入れるための基盤を構築する必要があります。同時にセキュリティ面についても強化し続けること、最低でも現時点において確認されているサイバー攻撃への対策は必須と言えます。

    もし、セキュリティ面に不安があるのであれば、当社の提供する「AssetVIew」の導入をおすすめします。DXを推進するためのセキュリティ基盤が整うだけでなく、情報資産やIT資産の管理が可能なソフトウエアですので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

    ガイドラインなら、
    総合ITセキュリティ
    AssetView
    『AssetView』は、必要な機能やサービスのみを必要な数だけ、
    単機能からオーダーメイド感覚ではじめられます。
    今すぐ資料ダウンロード

    人気ランキング


    開催イベント

    • オンライン配信

      2/24(水)17:00~17:30

      VPNの不正接続を防止する!VPN環境セキュリティ強化セミナー

      トレンド

    オススメのプロダクト

    • AssetsView
      IT資産管理ソフトウェア
      PCの資産管理や情報漏洩対策を強化する、
      機能が選べるIT資産管理ソフトウェア
    • ホットプロファイル
      名刺管理、営業支援ツール
      多忙な営業現場でも継続できる、
      名刺管理とマーケティング機能が一体化した
      SFA・営業支援ツールの決定版
    • AnyForm OCR
      書式を問わないOCRソフト
      これまで実現できなかった、帳票レイアウトが
      非定型な活字帳票に対応できるOCRソフト