Windows Defender(Microsoft Defender)とは? 最大限に有効活用する方法と組み合わせるべき対策について

INDEX

    Windows DefenderはMicrosoftが提供するセキュリティツールです。最大限に有効活用するためにも、どのような仕組みかを改めて理解し、他のセキュリティ対策と組み合わせて運用するのがおすすめです。
    今回はWindows Defenderに関する基礎知識、Windows Defenderを最大限に有効活用する方法、そしてWindows Defenderと組み合わせるべき対策についてお話します。


    Windows Defenderに関する基礎知識

    はじめにWindows Defenderに関する基礎知識について簡単に説明します。

    Windows Defenderとは

    Windows DefenderとはWindowsに標準で搭載されているセキュリティツールです。Microsoftが提供しており、現在ではMicrosoft Defenderとも呼ばれています。元々はOS自体のアップデートやアップグレードによって脆弱性のパッチやセキュリティホールの修正のみでしたが、ユーザーが別途、他のセキュリティ製品をインストールする必要があり、セキュリティにばらつきがあった点を、MicrosoftがOS標準でセキュリティツールを搭載することで解決した形です。

    ・ウイルスと脅威の防止
    ・アカウントの保護
    ・ファイアウォールとネットワーク保護
    ・アプリとブラウザの制御
    ・デバイスのセキュリティ
    ・デバイスのパフォーマンスと正常性
    ・ファミリーオプション

    上記はWindowsセキュリティの機能の一覧です。Windows DefenderはWindowsセキュリティに組み込まれているウイルス対策ソフトであり、Windowsセキュリティと組み合わせることで幅広い範囲のサイバー攻撃からデバイスを守ってくれます。

    Windows Defenderの必要性

    セキュリティ性の確保や強化が注目される原因にデジタル化やオンライン化など、急激なDX推進が存在することが挙げられます。極端なことを言えば、オフラインからオンラインになったことで、今まで気にする必要がなかったサイバー攻撃などの脅威やリスクから身を守る必要が出てきたのです。
    Windows Defenderがなかった時代においては、ユーザーが有料および無料のツールやソフトウェアをインストールするか、情報システム部やセキュリティ担当によってサイバー攻撃を防御するしかありませんでした。Windows Defenderの登場によって、少なくともゼロ以上のセキュリティ対策が得られることを考えると、セキュリティ対策の基盤のひとつとして有効化しておいた方が良いと言えます。

    Windows Defenderのみでセキュリティ性が確保できるか

    しかしWindows Defenderのみでセキュリティ性が確保できるか、と聞かれれば、残念ながら答えはNOです。なぜなら、サイバー攻撃を行うような悪意のある第三者は、当然のことながらWindows Defenderの存在を知っており、熟知した上で防御されていない箇所を攻撃してきます。また、Windows Defenderの対応範囲であっても、利用するデバイス・ネットワーク・従業員など、他のファクターにおいて脆弱性となる部分があれば、やはりWindows Defenderのみで大丈夫とは断言できないのです。
    現実問題として、Windows Defenderが搭載されるようになったにも関わらず、セキュリティ製品が開発され続けています。企業や組織としてセキュリティ性を確保したいのであれば、Windows Defenderだけでなく、セキュリティに強いベンダーの製品を利用する必要があるということです。


    Windows Defenderを最大限に有効活用する方法

    次にWindows Defenderを最大限に有効活用する方法をご紹介します。

    Windows Defenderの自動化・集中管理を導入する

    Windows Defenderを最大限に有効活用するためには、定期的に更新される定義ファイル・パターンを常に最新の状態にしておく必要があります。ただし、Windows DefenderやWindows単体では集中的な管理や自動化が難しいため、自動化や集中管理ができるツールを導入しなくてはなりません。
    また、Windows Defenderだけでなく、Windows自身のOSをアップデート管理も重要です。どちらも遠隔操作による一元管理(集中管理)ができる環境が必要であり、IT資産管理や情報資産管理といった、社内や組織内のITに関する管理を見直すことが求められます。

    Windows Defenderと他のセキュリティを組み合わせる

    Windows Defenderを最大限に有効活用するためにも、Windows Defenderの対応範囲ではない部分や基本的なセキュリティ基盤および対策を十分に行いましょう。サイバー攻撃や内部不正など、セキュリティインシデントになる原因や要因を把握し、可能な限り対策・対応できるようにしておくということです。
    また、企業や組織の規模によるものの、情報システム部やセキュリティ担当の設置など、セキュリティに対する投資も行っておくと良いでしょう。特にDXの推進に注力している企業や組織であれば、急な環境の変化によって、セキュリティ性が確保しにくいことがあります。新しい技術を導入する前、DX推進を実行に移す前に、セキュリティ基盤や体制を強化しておくと安心です。

    Windows Defenderを過信しないことも重要

    「Windows Defenderを有効化しておけば大丈夫だろう」と過信しないことも重要です。他のセキュリティ製品や対策にも通じる部分ではありますが、利用する側の油断や過信を狙ったサイバー攻撃も存在するためです。例えば、標的型メール攻撃やフィッシングメールなど、単なる平文とURL、もしくは添付ファイルのみのシンプルな攻撃であるのに、従業員や利用者を騙して、焦らせて、不安にさせて詐欺の手法に嵌め込んできます。
    Webフィルタリングで怪しいURLにアクセスさせない、添付ファイルを自動でスキャンするなどで防御できますが、どちらも回避されてしまえば何らかの被害を受ける可能性があるということです。同様にWindows Defenderが有効化かつ最新の状態であっても、デバイス自体が乗っ取られたり、従業員や退職者による内部不正が行われたりする可能性もあります。「Windows Defenderは万能ではない」と理解し、他のセキュリティ対策にも興味関心を持ち、必要に応じて導入すべきということです。

    windows-me4HT8AX4Ls-unsplash.jpg

    Windows Defenderと組み合わせるべき対策

    次にWindows Defenderと組み合わせるべき対策をご紹介します。

    IT資産管理などデバイス面の管理

    IT資産管理とは、Windowsをインストールしているデバイスを管理する仕組み・考え方を指します。Windows Defenderの自動化や集中管理を搭載しているセキュリティ製品であれば、デバイス自体のセキュリティとWindows Defenderによるセキュリティで安全性が高まります。
    また、デバイスや利用者の特定も可能な仕組みを備えている製品であれば、不正PCの遮断やPC操作ログによる監視によって、さらにセキュリティを高めることも可能です。企業や組織に存在するデバイスを確実に把握し、制御できるようにしておくためにも導入をおすすめします。

    情報資産管理などデータやシステム面の管理

    情報資産管理はデータやシステム面を管理する仕組みや考え方を指します。情報資産とは企業や組織における事業活動で生じるデータであり、昨今ではビックデータとして利益を生む存在としても注目されています。情報そのものに価値があることから、情報漏えいやデータ改ざんなどの標的になりがちであり、サイバー攻撃だけでなく、内部不正のリスクにも備えなくてはなりません。
    情報資産管理の仕組みであれば、アクセス権や閲覧や編集、削除などの権限を割り振りやすくなり、必要な部門や部署、担当のみが必要な時に利用できるようになります。また、システム的なサイバー攻撃に関する対策を備えている製品もあるため、IT資産管理と併用することで統合的なセキュリティ基盤の構築が可能です。

    基本的なセキュリティ対策も含めて多層的・多段的なセキュリティ強化を

    IT資産管理や情報資産管理、サイバー攻撃や内部不正への対策などを行った上で、基本的なセキュリティ対策も行いましょう。怪しいメールは開かない、添付ファイルは必ずスキャンする、不要なソフトはインストールしない、怪しいサイトにアクセスしないなど、日々の作業や業務にある手順についても、セキュリティ性を確保できるように指導・教育しておくことをおすすめします。
    その他にもUSBメモリを利用した手順を極力少なくする、会社のパソコンを私用で利用しない、させないなども重要です。監視や管理の仕組みを取り入れながら、従業員が安心安全に働ける環境を整えることを意識しておきましょう。


    まとめ:Windows Defenderもセキュリティ対策のひとつとして有効活用しよう!

    今回はWindows Defenderに関する基礎知識、Windows Defenderを最大限に有効活用する方法、そしてWindows Defenderと組み合わせるべき対策についてお話しました。
    Windows DefenderはMicrosoft公式のセキュリティツールです。ただし、単体ではすべてのサイバー攻撃に対処できません。セキュリティ対策のひとつとして有効活用し、他のセキュリティ対策についても怠らないようにしましょう。
    当社の提供するIT資産管理ツール・情報資産管理ソフト「AssetView」シリーズを組み合わせることで、Windows Defenderの情報を取得したり、OSのアップデート管理がスムーズになります。Windows環境のセキュリティを強化できますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

    お役立ち資料

    • お役立ち資料

      Windows10更新管理の教科書

      資料ダウンロード
    • 市場調査レポート

      小売業のモバイル端末「紛失対策」実態調査
      多店舗展開している小売業、半数以上が「スマホ・タブレットの管理」に不安あり

      資料ダウンロード
    • 製品概要

      すぐわかる!AssetView

      資料ダウンロード

    人気ランキング


    開催イベント

    • ネットワーク帯域不足でも大丈夫!業務に支障をあたえないWindowsパッチ配布

      オンライン配信

      9/30(金)17:00~17:20

      ネットワーク帯域不足でも大丈夫!
      業務に支障をあたえないWindowsパッチ配布

      トレンド

    • 『内部不正』が起きる要因と対策が分かるセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      『内部不正』が起きる要因と対策が分かるセミナー

      トレンド

    • わかりやすく解説!改正個人情報保護法対応の現状とすぐにできる対策セミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      わかりやすく解説!改正個人情報保護法対応の現状とすぐにできる対策セミナー

      トレンド

    • 『IT資産管理の費用対効果』が説明できるようになるセミナー

      アーカイブ配信

      常時開催

      『IT資産管理の費用対効果』が説明できるようになるセミナー

      トレンド

    • 【初級編】AssetView 使い方レクチャー

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【初級編】AssetView 使い方レクチャー~AssetView運用開始編~

      運用支援

    • テレワーク運用における困りごと3つを解決!

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      テレワーク運用における困りごと3つを解決!

      運用支援

    • 【初級編】活用セミナー~Windows更新管理編(P)~

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【初級編】AssetView 活用セミナー~Windows更新管理編(P)~

      運用支援

    • 【初級編】活用セミナー~アプリケーション配布編(D)~

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【初級編】AssetView 活用セミナー~アプリケーション配布編(D)~

      運用支援

    • 【初級編】活用セミナー~デバイス管理編(G)~

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【初級編】AssetView 活用セミナー~デバイス管理編(G)~

      運用支援

    • 【中級編】機能別ワンポイント~Windows更新管理編(P)~

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【中級編】機能別ワンポイントセミナー~Windows更新管理編(P)~

      運用支援

    • 【中級編】機能別ワンポイント~アプリケーション配布編(D)~

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【中級編】機能別ワンポイントセミナー~アプリケーション配布編(D)~

      運用支援

    • 【応用編】運用ワンポイント~AssetViewサーバー監視編~

      アーカイブ配信

      12/8(水)~2022/9/30(金)

      【応用編】運用ワンポイントセミナー~AssetViewサーバー監視編~

      運用支援

    ハンモックのプロダクト

    • AssetsView
      IT統合管理ソフトウェア
      PCの資産管理や情報漏洩対策を強化する、
      機能が選べるIT統合管理ソフトウェア
    • ホットプロファイル
      名刺管理、営業支援ツール
      名刺管理とマーケティング機能が一体化した
      SFA・営業支援ツールの決定版
    • ホットアプローチ
      フォーム営業ツール
      法人の新規開拓営業に必要な営業先リストと
      自動営業方法をセットにした営業支援サービス
    • AnyForm OCR
      書式を問わないOCRソフト
      これまで実現できなかった、帳票レイアウトが
      非定型な活字帳票に対応できるOCRソフト
    • WOZE
      クラウド型データエントリーサービス
      業界最安値で正確かつ迅速に、あらゆる書類をデータ化

    資料一覧はこちら