不正アクセスとは何か?主な手口や考えられる被害と防止策および対策について

INDEX

    オンラインかつ利便性の高いサービスやソフトウエアを安心、安全に利用するためにも、不正アクセスへの防止策や対策を行う必要があります。

    不正アクセスへの防止策や対策を行わなかった場合、企業や組織としての被害や損失だけでなく、顧客やユーザーに迷惑をかける可能性があるからです。

    今回は、不正アクセスに関する基礎知識や考えられる被害、そして不正アクセスを受けないための防止策および対策をご紹介します。


    不正アクセスに関する基礎知識

    はじめに不正アクセスに関する基礎知識について簡単にご説明します。

    不正アクセスとは

    不正アクセスとは、何らかのデバイスやシステムに不正にログインすることです。例えば、他人のIDやパスワードを用いてログインする行為、もしくはデータの閲覧制限や非公開の状態を閲覧可能、もしくは公開する状態にする行為などが挙げられます。

    不正アクセス、もしくは不正ログインされてしまうと、IDやパスワードの本来の所有者になりすますこともできますし、本来の所有者の権限を悪用して電子データの盗難や改竄が可能になることから、不正アクセス対策は必須と言えます。

    不正アクセスの主な手口

    次に不正アクセスの主な手口をいくつか挙げてみます。

    ・不正に入手した他人IDやパスワードでシステムにログインする
    ・システムやソフトウエアの脆弱性を狙う
    ・ウイルスやマルウェアに感染させる
    ・なりすましや詐欺によってログインする
    ・フィッシングサイトでIDやパスワードを盗む
    ・ブルートフォースアタックや辞書攻撃

    上記は主な手口ですが、あくまでも一例と言えます。その他にも管理者権限を奪われてしまうことで、不正アクセスした痕跡を消去してしまうような悪質なケースもあります。これらはインターネットに接続されていれば誰でも受ける可能性があり、誰もが他人言ではないと理解しなくてはなりません。

    不正アクセスで考えられる被害

    次に不正アクセスで考えられる被害をいくつか見ておきましょう。

    ・データの盗聴
    ・データの改竄
    ・データの盗難
    ・個人情報や機密情報の漏洩および流出
    ・情報資産やIT資産を人質にした金銭要求
    ・なりすましや乗っ取り
    ・メールアカウントの悪用

    上記のような形で不正アクセスされてしまうことで、最悪の場合はデバイス内の情報を悪用されてしまいます。なりすましやメールアカウントの悪用によって、知り合いや取引先にも被害が及ぶ可能性もあり、企業や組織としての信用を失わないためにも、不正アクセスされないように対策する必要があります。

    なぜ、不正アクセスがなくならないのか

    不正アクセスがなくならない原因は、セキュリティが強化されればサイバー攻撃も進化するといういたちごっこが続いているからと言えます。また、基本的にはセキュリティ対策は公開されるものが多く、悪意のある第三者も最新のセキュリティ対策を入手しやすいのも理由です。

    システム的に不正アクセスが不可能なら、人間の心理を悪用し、詐欺的な行為でIDやパスワードを入手したり、まるで本物かのような銀行やクレジットカードのサイトを作り、なりすますことで本人に正しいIDとパスワードを入力させたりします。昨今ではSMSによる2要素認証を突破するケースも存在しており、新しい手口が対策されたらまた新しい手口を考えるという流れで、今のところ不正アクセスの根絶には至っていません。

    なぜ、不正アクセスが防ぎにくいのか

    不正アクセスを防ぎにくいのは、セキュリティ意識やセキュリティ対策を徹底しにくいことが理由と言えます。例えば、従業員も少ないし、サイバー攻撃を受けることはないだろうと甘く考えてしまったり、正社員はセキュリティ教育されているけれど、アルバイトやパートのセキュリティ意識や知識が乏しかったりすれば、人的なセキュリティホールによって不正アクセスされる可能性が高まります。

    実際にいつもの取引先からいつものように注文メールがきて、いつものようにエクセルを開いたところ感染、といったように、当たり前の業務の流れの中にさえ危険が潜んでいることもあります。騙された当人が騙されたことに気づかない場合もあります。むしろ「自分は絶対に騙されない!」という人ほど騙されやすく、注意すればするほど騙されてしまうというのも原因と言えるでしょう。

    不正アクセスを受けないための防止策および対策

    次に、不正アクセスを受けないための防止策および対策をご紹介します。

    OSやソフトウェアのアップデートを欠かさない

    脆弱性を悪用した不正アクセス防ぐために、OSやソフトウェアのアップデートを欠かさないようにしましょう。普段利用するパソコンやスマートフォン、タブレットの他、それぞれのソフトウェアやアプリなど、可能な限り最新の状態を保つことが大切です。

    企業や組織におけるデータが「情報資産」であると理解する

    企業や組織に属する人間として、企業活動で生じる全てのデータが「情報資産」であると理解することも重要です。いかなるデータであれ蓄積されることで利益やアイデアにつながる可能性があることを考えると、不正アクセスによって盗まれたり、盗み見られたりすることは損失と言えます。

    雇用・運営側のシステム的な防御と利用者側のセキュリティ意識の向上

    雇用・運営側、もしくは管理する側のシステム的な防御と利用者側のセキュリティ意識の向上も必要不可欠です。システム的にセキュリティが完璧であっても、なりすましメールに添付された違法なスクリプトやプログラムを「クリック」するだけでマルウエアやウイルスを侵入させてしまいます。

    同じくセキュリティ意識が高いだけでは、システム的な防御ができずにサイバー攻撃を受けてしまうことも考えられます。セキュリティ対策はシステムとセキュリティ意識の向上を両立することが大切です。

    適切な権限の割り振りとネットワーク分離や暗号化を行う

    不正アクセスによる不正ログインが起きた場合においても、適切な権限の割り振りやネットワーク分離、または暗号化がされていれば被害を最小限にできる可能性があります。情報漏洩したとしても、暗号化されていて複合化できなければ悪用できませんし、権限のないユーザーにログインされても、それ以上悪さをすることはできません。

    セキュリティに関する技術的リソースが足りないならシステムに頼る

    セキュリティ意識の向上やセキュリティの強化についても、業界や業種的に難しい場合もあります。もし、技術的リソースが足りなければシステムに頼ることも大切です。その際、単にセキュリティソフトを入れるだけ、ウイルスソフトを入れるだけではなく、サイバー攻撃に対して複合的に対策となるソフトウエア、またはツールを導入するのがおすすめです。

    特にセキュリティについては技術的な面と心理的な面も含めて、どんなに備えていても、悪意のある第三者も技術をアップデートすることで軽々と乗り越えられることがあります。安心できるセキュリティツールやソフトウエアを導入し、まずは足元を固めることから始めた方がセキュリティ性が確保できるということを覚えておきましょう。


    まとめ:セキュリティに絶対はないからこそ安心できるシステムの導入を

    今回は不正アクセスに関する基礎知識や考えられる被害、そして不正アクセスを受けないための防止策および対策をご紹介しました。

    不正アクセス対策はサイバー攻撃全般への対策と同じくらいの対処が必要となります。その上でセキュリティ意識の向上、常に新しいサイバー攻撃に関する情報共通と進化するセキュリティツールやソフトウエアが必須です。

    不正アクセスによる被害を受けたくない、またはセキュリティを強化するために複合的かつ総合的なセキュリティツールを導入したいとお考えであれば、当社の提供する「AssetView」がおすすめです。不正アクセス対策、サイバー攻撃全般への対策に加えて、内部不正やデバイス・OS・ソフトウエアの管理など、遠隔による管理や監視が可能となる機能をご利用可能です。既存のセキュリティソフトからの切り替えも可能ですので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

    内部不正対策なら、
    総合ITセキュリティ
    AssetView
    『AssetView』は、必要な機能やサービスのみを必要な数だけ、
    単機能からオーダーメイド感覚ではじめられます。
    今すぐ資料ダウンロード

    人気ランキング


    開催イベント

    • オンライン配信

      7/29(木)10:30~11:30

      機能別ワンポイントセミナー
      ~Windows更新管理編(P)~

      運用支援

    オススメのプロダクト

    • AssetsView
      IT資産管理ソフトウェア
      PCの資産管理や情報漏洩対策を強化する、
      機能が選べるIT資産管理ソフトウェア
    • ホットプロファイル
      名刺管理、営業支援ツール
      多忙な営業現場でも継続できる、
      名刺管理とマーケティング機能が一体化した
      SFA・営業支援ツールの決定版
    • AnyForm OCR
      書式を問わないOCRソフト
      これまで実現できなかった、帳票レイアウトが
      非定型な活字帳票に対応できるOCRソフト