株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

ライセンスの不適切な使用による法的リスクを回避せよ!


※株式会社リクルート キーマンズネットに2011年6月30日に掲載された記事より転載
  掲載されておりますサービス内容、料金などは、掲載日または更新日時点のものです。

掲載日:2011/6/30

ライセンスの不適切な使用による法的リスクを回避せよ!!ハンモック
そんな方々の不安や疑問は、ライセンス管理特化型IT資産管理ツール AssetView WEB が見事に解消します!!
サマリー

 今、多くの企業が懸命に取り組んでいるIT資産管理。成果を挙げるためにさまざまな工夫や手段を講じているはずです。その中でも特に頭を悩ましているのが“ライセンス管理”ではないでしょうか?専従で業務が行われていないことが多く、必要に迫られてはじめてその大変さを実感したケースも少なくないようです。
 そこで紹介したいのがライセンス管理に特化したIT資産管理ツール『AssetView WEB』。それまで煩雑になっていた管理作業を簡素化、継続して徹底した管理が行えるツールです。“あの時は大変だった”と振り返る方、その大変さを味わいたくない方、どちらも大注目のツールになっています。

インデックス
なぜライセンス管理は大変なのか?その理由を改めて検証
ライセンス管理業務を考慮した機能を備えていることが大きな特長
自動化による素早い現状の把握から、管理プロセスへとつなげる
充実の機能でライセンス管理の実現をバックアップ

なぜライセンス管理は大変なのか?その理由を改めて検証

 そもそもライセンス管理とは、手持ちのライセンス(ライセンス管理)と実際に使っているソフトウェア(インベントリ管理)を照合し、確認作業を行うもの。手持ちのライセンスは証書が根拠となりますが、ライセンスによってその内容は大きく異なっています。また、インベントリではその情報を収集するのですが、部署ごとに自由にソフトウェアをインストールしている場合もあり、状況を把握するだけでも何からはじめればいいのか頭を悩ますところです。更には、多くの人材を投入し時間をかけて把握・照合を行ったとしても、後になって漏れが見つかった、新たにソフトウェアをインストールされたなど、終わりが見えないのもライセンス管理の大きな問題です。

多くの問題を抱えるライセンス管理
↓ ↓

 すべてのクライアントPCにライセンスが紐付けられていて、それをリアルタイムで維持していく。これが本当のライセンス管理の姿なのですが、「場当たり的」また「手作業」ではとても対応しきれません。
 そこでその対策とは…『作業を自動化できるツールを導入し、ライセンス違反をしないための社内協力体制を整える』こと。そしてオススメしたいのがライセンス管理に特化したIT資産管理ツール『AssetView WEB』です。


このページの先頭へ


header
ライセンス管理業務を考慮した機能を備えていることが大きな特長

 近年では、メーカーからのライセンスに対する監査も頻繁に行われるようになり、その対応に苦慮する企業も少なくありません。それが、ライセンス管理に注目が集まり、ツールの導入が検討される大きな要因にもなっています。
 『AssetView WEB』では、Webアプリケーション的な側面を持ち、ライセンス情報の登録と一元管理から、実際にインストールされているソフトウェアを自動検出、それらの情報を元に導入ソフトウェアにライセンスを割り当てることが可能です。システム管理者にとっては割り当て残と過不足をWebコンソールによって分かりやすく表示、ライセンスの使用状況と管理状況をカンタンに把握することができます。

AssetView WEBのシステム構成
footer

このページの先頭へ


header
自動化による素早い現状の把握から、管理プロセスへとつなげる

 『AssetView WEB』は、ライセンス管理に特化したIT資産管理ツールです。一般的な資産管理ツールに含まれるライセンス管理と比べて、情報収集の自動化による省力化に加えて、ライセンス形態や付帯条件による複雑なライセンス管理を容易化してくれることが大きな違いであり、特長でもあります。ライセンス1つひとつを各クライアントに割り付けでき、パソコンに導入されているソフトウェアのライセンス根拠を確実に追跡管理できます。
 それでも、多種多様のソフトウェアが野放し状態になっていれば、管理は容易ではありません。だからこそ『AssetView WEB』を活用し、以下のようなアプローチが必要になるのです。

管理プロセスへとつなげるアプローチ

 メーカーによって異なるさまざまなライセンス条項を遵守するための多くの過程を省くことができ、インベントリ情報との自動照合が可能な『AssetView WEB』。管理対象ソフトウェアを絞り込みやすくなることで管理自体がしやすくなり、またムダを排除したことでコスト削減の効果が得られます。これで社内ルールが確立しやすくなり、スムーズかつ迅速な管理プロセスの導入ができるのです。

footer

このページの先頭へ


header
充実の機能でライセンス管理の実現をバックアップ

 『AssetView WEB』には、実際のライセンス管理作業における使いやすさの追及が多くなされています。ココからは、その詳細な内容を紹介していくことにしましょう。

さまざまな台帳管理が可能

 エージェントが各端末から収集したインベントリ情報に、部門・使用者などの属性情報を付加したものを台帳化してWeb上での閲覧が可能です。ソフトウェアのライセンス管理やセキュリティの対策状況などの管理もできます。

これらの機能でライセンス管理を適切に管理できる
メーカー各社の製品に対応

 各社専用のインベントリ収集エンジンを搭載していて、「インストールと削除」「アンインストールと変更」の情報だけでは識別が難しいソフトウェア情報を的確に識別できます。


対象ソフトウェア
ソフトウェアグループによる管理

 インベントリ情報には、サービスパックのレベルなどが名前として入っている場合があり、ライセンスと導入ソフトウェアを紐付ける際に、1つのソフトウェアであることを認識できないケースが見られます。『AssetView WEB』は、サービスパックやリリースアップによるインベントリ情報の揺れを吸収、名寄せして各台帳に反映させます。

グループ管理が可能
階層的なグループによる管理

 部門ごとに実施されるライセンス管理にも対応。部門の階層ごとに管理の範囲を定義でき、セキュリティを保つことも可能です。またWindowsだけでなく、Mac OSのIT資産情報の自動収集もできます。

3種類によるユーザ管理が可能、どちらのOSでもライセンス情報の収集が可能
footer

製品・サービスの取扱い企業


株式会社ハンモック
住所:〒171-0033 東京都豊島区高田3-19-10 昭栄高田馬場ビル1-2階
TEL:03-5957-3630
URL:http://www.hammock.jp/


⇒ 『AssetView WEB』の詳細はこちら

キーマンズネット掲載記事

AssetView WEB 導入企業一覧


ページ先頭へ

fotter_line

ページ先頭へ

<ライセンスの不適切な使用による法的リスクを回避せよ!>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
ハンモック社長 写真俳句ブログ  マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation