検索
IT資産管理ソフト『AssetView』 > PC管理、セキュリティ対策コラム > PC操作ログの管理で防げる脅威や被害と導入すべき理由について

PC管理、セキュリティ対策コラム - Vol.24

PC操作ログの管理で防げる脅威や被害と導入すべき理由について

PC操作ログを管理することで防げる脅威や被害があります。しかし、PC操作のログを管理するメリットや導入すべき理由が浸透しておらず、導入していない企業や組織が少なくないのも事実です。

今回はPC操作ログの管理で防げる脅威や被害、導入すべき理由についてご説明します。

PC操作ログの管理とは

Security

PC操作ログの管理とは、パソコン上のほぼ全ての操作を記録し、管理することを意味します。条件によって警告を出したり、過去のPC操作ログの検索や絞り込みが可能です。その他にもメールの内容や添付ファイルの取得、ファイルのアップロードやドライブの追加と削除などの記録も管理可能であり、企業や組織における業務上の作業を可視化し、透明性の確保にも繋がります。

PC操作ログの管理で防げる脅威や被害

PC操作ログの管理で防げる脅威や被害は「内部不正」や「情報漏洩」です。また、サイバー攻撃やマルウェアの感染によるPCの不正操作や不正ログインを検知することが可能となり、セキュリティ性の向上にも有効的と言えます。

PC操作ログを管理すべき理由

次にPC操作ログを管理すべき理由について詳しく見てみましょう。

企業や組織における全体的なコンプライアンスの強化

企業や組織で定めたコンプライアンス、社内規則やルールなど、明文化されていても守られない場合があります。PC操作ログが管理されていることが周知されていれば、不正な操作、例えば権限や立場を越えたファイルのアクセスや操作をしにくくなります。

単純に意識改革や情報の共有など個々の判断に任せるのではなく、システム側からコンプライアンスを守りやすい環境を整えられるということです。

勤務状況の把握や業務プロセスの管理がしやすくなる

PC操作ログを管理することで、それぞれの部署や担当が実際にどのような作業を行っているかが可視化されます。もちろん、パソコン上で行うことだけが仕事ではないにせよ、誰が何をどのようにしているのか把握できるようになり、人員配置や作業分配をより円滑に行うことが可能です。
働く側からすれば監視されているような気持ちになる場合もありますが、実際には「守るための監視」であり、監視されることで自らが疑われずに済むこと、または情報システム部やセキュリティ担当として疑わずに済むこともメリットと言えるでしょう。

サイバー攻撃による被害を未然に防ぐ方法としても有効

PC操作ログが管理されることで、想定外の操作を検知できるようになり、サイバー攻撃やマルウェアの感染によるパソコンの乗っ取りや不正ログインによるファイル閲覧、データの改竄を早期に発見することも可能となります。

例えば、メールのタイトルや本文、添付ファイルを管理側がすぐにチェックできる体制であれば、悪意のあるマルウェアの感染を防ぎやすくなります。明らかに通常業務とは関係のない操作が検知されれば、何らかの不正アクセス、不正ログインされた場合でもアクセスの遮断やデバイスの停止、ネットワークから排除など適切な対応を迅速に行うことも可能です。

内部不正やヒューマンエラー/人的ミスによる情報漏洩の防止

企業や組織に属する全ての人間が必ずしも不正をしないとは限りません。社内規則や法律などを守らず、自らの利益のために内部不正を行ってしまう人がいるのは事実です。

また、悪意はなくともうっかりミスやヒューマンエラーなど、人的ミスによる情報漏洩の原因や要因を突き止めやすくなり、業務プロセスや作業手順を改善することで情報漏洩の防止にも繋がります。

例えばデータの持ち出し後の置き忘れや紛失による情報漏洩についても、USBメモリの抜き差しやデータの移動のログが残るので、誰が何を持ち出したのかすぐに判明します。そもそも、USBメモリを接続した時点で警告やアラートが通知される仕組みにしておけば、データの持ち出しそのものを防ぐことが可能です。

PC操作ログの管理にはIT資産管理ソフトの導入が最適

PC操作ログの管理をどのように行えば良いかお悩みなら、IT資産管理ソフトを導入するのが一番の近道です。

当社では、数々の大手企業や官公庁に導入実績のある総合IT資産管理ソフト「AssetView」を提供しております。PC操作ログ管理に必要な全ての機能を有している他、内部不正対策、データ流出対策、PC更新管理やウイルス対策など、IT資産を守り、より円滑、安心安全に業務遂行できるツールで、必要な機能のみをピンポイントで導入することが可能です。情報システム部やセキュリティ担当の作業負荷の軽減にも効果的ですので、少しでも興味があればお気軽にお問い合わせください。

まとめ:PC操作ログ管理は企業や組織としての透明性や安全性も高まる

PC操作ログ管理とは一言で言えば「監視」です。監視と聞くとネガティブな印象を受ける場合もありますが、監視は同じ企業や組織に属する人間を疑うためではなく、監視することで透明性を高めて、内部不正が起こらない環境にすることが目的です。つまり組織と、そこに属する一人一人を守ることが究極の目的です。

特に情報漏洩はうっかりミスやヒューマンエラーによるものも少なくないので、PC操作ログ管理や作業手順の見直しによって防ぐことができれば、実際に業務を行う人も安心、安全に作業を行うことができます。

同時にサイバー攻撃や内部不正などが発覚した場合に原因の特定が容易になるので、被害の拡大を防いだり、同じような被害を受けないよう対策を強化することにも繋がります。

企業や組織における情報資産を失わないため、そして企業や組織として安全性や透明性を高めてさらに信頼性を向上させるためにも、PC操作ログの管理やIT資産の管理を行うことをおすすめします。

AssetView の最新資料は、今すぐ無料でダウンロードいただけます。

最新資料ダウンロード お問い合わせ セミナー参加
資料イメージ

『情シスさんのための PC管理、セキュリティ対策コラム』インデックスへ戻る

  

PC操作ログの管理で防げる脅威や被害と導入すべき理由について|IT資産管理ソフトウェア『AssetView(アセットビュー)』

『PC操作ログの管理で防げる脅威や被害と導入すべき理由について』のページです。IT資産管理やライセンス管理をご検討ならハンモックの『AssetView』にお任せください。PC管理の課題を『統合管理』でまとめて解決します。今すぐ資料DL【無料】
IT資産管理、ログ管理などのIT統合管理ソフトウェア『AssetView』はPCのセキュリティ対策や情報漏洩対策を強化し、業務効率化やPCのライフサイクル管理を支援します。 IT管理スタイルの数だけ、変幻自在。必要な機能やサービスをオーダーメイド感覚でご提供します。 多彩な機能から必要なもののみを選んで導入することができ、それぞれが安価なためコスト削減を実現します。

sp 
Page Top