ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

仮想化対応FAXサーバー『RightFax』

NGN 次世代ネットワーク対応

次世代ネットワーク「NGN」

Next Generation Networkの略称

インターネット用のIPネットワークと電話用の公衆回線網をIP技術を用いて、QoSやセキュリティを向上させたIP通信網として統合し、現在の公衆網を代替えする次世代IPネットワーク。

NGNとは、 従来の回線交換式の電話網に替わるものとして、 各通信キャリアが導入を進めている次世代ネットワーク(Next Generation Network)の略語です。 NGNでは、柔軟かつ経済性に優れたIP(Internet Protocol)技術をベースとして電話網を構築し直すことで、 既存の電話網をIP網に置き換えると同時に、 現在のIP網がはらむセキュリティ上の脆弱性とQoS(Quality of Service)保証の問題を解決した網を提供し、 その網上で電話やテレビ会議、 ストリーミングなどという多彩なサービスを提供することで「統合IP網」を目指すとしています。
NGNの世界を実現するためには、通信キャリア間等の相互接続が必要となるため、 ITU-T(International Telecommunication Union Telecommunication Standardization Sector、 国際電気通信連合 電気通信標準化部門)、ETSI(The European Telecommunications Standards Institute、 欧州電気通信標準化機構)とその下のプロジェクトであるTISPAN(Telecommunications and Internet converged Services and Protocols For Advanced Networking)、 またIETF(Internet Engineering Task Force)などの国際的な団体の協力によって標準化が進められています。 日本でも、「u-Japan政策」のもと、産官学の連携により、 2005年12月に「次世代IPネットワーク推進フォーラム」が設立され、標準化に向けた取り組みが行われています。
※JPNIC(一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター)Webサイトより引用
 https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/ngn.html

※NTT東日本およびNTT西日本では、既に生産が終了してしまっている現在の交換機の寿命を2025年としており、それまでに公衆回線網(PSTN)のIP化を予定しています。これを受け、2020年後半にはISDNサービスのデジタル通信モードを終了することを予定しています。

↓


通信会社が提供する上記を実装した巨大なLANのようなもの

NGNに移行

FAX環境は、導入費が安い、操作が簡単な送受信だけを行うFAX機が主流でしたが、管理の煩雑化や情報漏洩リスクなどの問題から、FAXサーバを導入する企業が増えています。ただFAXサーバは、PCからFAXを送受信できセキュリティ面も向上した反面、導入コストがかかり、しかも社内インフラとの適合が難しいというデメリットがありました。そこで登場したのが、TCP/IPネットワークを使用して、FAXデータを送受信する「FoIP(FAX over IP)」です。これは従来のFAXボードではなく仮想FAXボードと FAXGateWay という装置を利用した構成です。これにより、仮想化によるコストメリットがあり、FAXボードレスの実現による窓外リスクも低減します。そして、未来のFAX環境に必要な対応がNGN網への対応です。RightFax を利用する上でのメリットだけでなく、音声や映像データを集約することによるメリットも受けられます。


NGN環境でのメリット

1.長期的に『RightFax』が利用できる!

将来的に現在の通信網が次世代ネットワーク「NGN」に移行されても、RightFaxは NGN網での動作検証が取れた仮想FAXボードを利用しているため、大きな変更なく RightFax がそのままご利用いただけます。無駄のないIT投資で、安心してご導入いただけます。

2.セキュアで安定したFAX通信を実現できる!

通信時に回線ごとに割り当てられた発信者IDを認証するため、なりすましを防止します。RightFax ご利用者および管理担当者は安全かつ安心してご利用いただけます。また、プロバイダーにより回線の品質が保証されているため安定したFAX通信が実現できます。

3.通信インフラとデータインフラのインターフェイスが集約できる!

従来分かれていたインフラのインターフェイスをNGN網に集約することができます。これにより、障害発生ポイントが限定されますので従来に比べ、スピーディーな障害対応が可能となります。また、インフラの管理コスト削減が期待できます。


FAX利用環境の変化

過去
FAXのインフラとデータ系(インターネット)のインフラが別々に存在

インフラが別々

・インフラ管理者はIPネットワークと電話網の2つのインフラを管理しなくてはならない。
・インフラが別々に存在するため、障害発生ポイントが複数存在する。


現在
IPネットワーク環境でFAXデータの送受信ができる。※FAXの出入り口は公衆回線網が必要。

インフラを統合

・将来的に現在の電話網(アナログ、BRI、PRI)が利用できなくなる。
・依然として公衆回線が必要であり、管理コストがかかっている。


未来
FAXのインフラとデータ系(インターネット)のインフラを、次世代ネットワークNGNに一本化

NGNに一本化
■検証ご協力企業
・NGNゲートウェイ装置「Crossway」 エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社
・仮想FAX通信ボード「SR140」 Dialogic Japan, Inc.
・仮想化対応FAXサーバー「RightFAX」 オープンテキスト株式会社

●NGNなら、FAXとIPネットワークが統合され、管理コストが削減できます。
●NGNなら、QoSやセキュリティの保たれた環境で安心して利用できます。

電話については以前からIP化が推進されており、多くの企業でも置き換えが進んでいますが、FAXはまだまだ取り残されているのが現状です。FAX誤送信対策やFAXのペーパーレス化を目的にFAXサーバーを導入された企業も、IP網を利用する電話と公衆回線網を利用するFAXを別々に構築していては、管理が煩雑になってしまいます。社内インフラをNGN網に対応させることにより、社内ネットワークをシンプルにすることができ、管理コストの大幅な削減が期待できます。

FAXは、単にFAX送受信ができれば良いという通信機器ではなくなってきています。コスト削減やセキュリティ対策など、電話やインターネットと同様に、社内の重要な通信手段として、管理・運用方法をご検討ください。


NGN(次世代ネットワーク)対応|仮想化対応FAXサーバー『RightFax』

『RightFax』は豊富な機能を標準搭載しFAX送受信を効率化。
『PCからかんたんにFAXを送受信』一人1台のFAX環境を実現。FAX情報のデータ化によりセキュリティ向上とコスト削減を実現いたします。次世代ネットワーク「NGN」とは、Next Generation Networkの略称です。 インターネット用のIPネットワークと電話用の公衆回線網をIP技術を用いて、QoSやセキュリティを向上させたIP通信網として統合し、現在の公衆網を代替えする次世代IPネットワーク。 NGNなら、FAXとIPネットワークが統合され、管理コストが削減。QoSやセキュリティの保たれた環境で安心して利用できます。

仮想化対応FAXサーバー『RightFax』

ページ先頭へ

最新導入事例

ご担当者様

ライフカード株式会社 様

審査申込受付業務で活用。
FAX着信時に業務で必要な加盟店情報を瞬時に表示。


RightFax 導入企業一覧

購入前のFAQ

キーマンズ

メールマガジン

ページ先頭へ

sp 
gray
<NGN(次世代ネットワーク)対応|RightFax>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation