NEWS RELEASEニュースリリース

ニュースリリース

AssetView GOLD M のPC不正操作対策機能を強化

バージョンアップで不正プログラム実行禁止機能、警告機能を実装

株式会社ハンモック(本社:東京都新宿区、代表取締役:若山 正美)は、IT統合管理ツール「AssetView GOLD」シリーズの中心機能である、PC稼動監視/不正操作対策機能「AssetView GOLD M」の新バージョンを6月18日にリリースいたします。

「AssetView GOLD M Ver.1.1」では指定したプログラムの起動を制限する「不正プログラム実行禁止機能」および、USBメモリーなどのリムーバブルディスクの挿入を検知して、デスクトップに警告を表示する「警告機能」を追加しました。

今回のバージョンアップにより、情報システム管理者は、PC利用ユーザーに対して、これまで以上に“社内ポリシーを意識させる”運用を進めていくことができます。

【新機能1:不正プログラム実行禁止機能】

  • プログラム実行禁止機能は、あらかじめ指定した社内ポリシー違反となるプログラムを登録しておくことで、
    ユーザーがそのプログラムを実行しようとした際に、起動を禁止します。
  • プログラム実行を禁止した際に、管理者があらかじめ用意していた任意の警告文をクライアントPCのデスクトップ
    上にポップアップ通知します。
    例:「このアプリケーションは、社内ポリシー違反として利用を禁止しています。尚、本操作内容は管理ログとして
    記録されました。【情報システム部】」
  • プログラム実行禁止結果がログに残るため、システム管理者は社内ポリシー上の違反操作を直ちに抽出すること
    が可能です。

【新機能2:ユーザー警告機能強化】

  • リムーバブルディスクの挿入を検知した際に、そのクライアントPCへ任意の警告メッセージを通知します。
    例:「USBメモリの挿入を検知しました。情報の取扱いにはくれぐれもご注意ください。尚、本操作内容は
    管理ログとして記録されました。【情報システム部】」
  • 指定アプリケーションの起動時に、そのクライアントPCへ任意の警告メッセージを通知します。
    ※起動禁止はせずに警告のみ行い、注意を促す運用。

【販売価格】

クライアント数により標準単価は異なります。
例)500~699本導入の場合2,350円/cl

AssetView GOLD について
クライアントPCの統合管理を効率的に実現するソフトウェア。
PC稼動監視/不正操作対策/重要ファイル監査/PC資産管理/ファイル配布/自動インストールの機能から必要なものを選択して導入できる高い柔軟性が特徴です。国内の中小企業はもとより大企業、官公庁などの公共団体等さまざまな業種で導入されています。
AssetViewシリーズは2005、2006年度のIT資産管理ツール市場においてトップシェア(※)を獲得しています。
※株式会社富士キメラ総研発表「2007パッケージソリューション・マーケティング便覧」より
https://www.hammock.jp/gold/

【会社概要】
■株式会社ハンモック ( https://www.hammock.jp/
株式会社ハンモックは、企業向けにユニークで特化したパッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを開発・販売しております。“使い易く、快適なパッケージソフトおよびソリューションの提案”を第一に掲げ、企業の生産性向上に寄与していきたいと考えております。

代表者:代表取締役 若山 正美
設立:1994年4月1日
資本金:2,000万円
売上高:10億円(2006年度見込)
従業員数:75名
本社所在地:東京都新宿区高田馬場1-30-4 30山京ビル

【本製品に関するお問い合わせ先】
株式会社ハンモック 営業本部 営業企画課
TEL:03-5287-5661
FAX:03-5287-5610

※本ニュースリリース記載の会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

ハンモックメールマガジン登録
SCROLL PAGE TOP